大野城(おおのじょう)

大野城の基本情報

通称・別名

宮山城

所在地

愛知県常滑市金山字城山他

旧国名

尾張国

分類・構造

丘城

天守構造

独立式層塔型[2重3階/1980年築/RC造模擬]

築城主

一色範光

築城年

観応年間(1350)頃

主な改修者

主な城主

一色氏、佐治氏、織田氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(大野城跡)

再建造物

模擬天守(展望台)、石碑

周辺の城

大草城(愛知県知多市)[1.3km]
吉川城(愛知県大府市)[12.1km]
富貴城(愛知県知多郡)[13.2km]
緒川城(愛知県知多郡)[13.4km]
羽城(愛知県碧南市)[14.9km]

大野城の解説文

大野城(おおのじょう)は、現在の愛知県常滑市金山の伊勢湾を望む小高い丘陵(青海山)にあった城郭。「宮山城(みややまじょう)」とも呼称される。

歴史
観応年間(1350年)ごろに三河国守護の一色範氏が知多半島に勢力を伸ばし、その子一色範光が伊勢湾を見下ろすこの城を築き、大野湊を中心とした伊勢湾の海運を手中に収める。

しかし、一色氏は将軍足利義政と対立し、三河守護職を失い、応仁の乱を経て次第に勢力を衰退させ、尾張守護の土岐氏に大野城は奪われ、家臣の佐治宗貞が入城し、四代百年あまりの支配が続いた。

三代信方の頃に織田氏に従うが、信方は若くして討ち死に、四代一成は羽柴秀吉と敵対して追放され、城主として信長の弟である織田長益が入るが、大野城の水利の悪さから、すぐ真向かいに大草城を築城して移り、大野城は廃城となった。

遺構
現在は城の南側のほとんどが住宅地(青海山団地)となり、主郭部のみが城山公園となっている。模擬天守があるが単なる天守風の「展望台」である。堀跡が一部残り、櫓台跡に城主であった佐治氏を祀った佐治神社がある。

「大門」「西之口」「屋敷」「城下」など当時を偲ばせる地名が多く残り、かなり規模の大きな城であったことがうかがえる。

大野城の口コミ情報

まるき〜遠江守様[2016年03月17日]
城取りはセントレア空港からも攻略できるそうで…
国道155号線から青海山団地西交差点を東に、住宅街をクネクネと行った所に駐車場
模擬天守につられてやって来ましたが
特に魅力を感じる点はナシ(;^_^A
遺構もなんとな〜く…って感じ

模擬天守内には顔出しパネルや記念のハンコ、案内が少々
天守最上階から伊勢湾が一望出来る…

城址公園になっていて子供の遊具なんかも設置されています。

三河守コーキしゃん様[2010年08月29日]
お城の北側に駐車場有り

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore