下田城(しもだじょう)

下田城の基本情報

通称・別名

鵜島城、城山

所在地

静岡県下田市下田公園3

旧国名

伊豆国

分類・構造

海城

天守構造

築城主

後北条氏

築城年

不明

主な改修者

主な城主

後北条氏、清水氏(北条氏家臣)、戸田氏

廃城年

江戸時代

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

安良里城(静岡県賀茂郡)[24.3km]
丸山城(静岡県伊豆市)[29.8km]
狩野城(静岡県伊豆市)[29.9km]
鎌田城(静岡県伊東市)[32.4km]
為朝館(東京都大島町)[38.5km]

下田城の解説文

下田城(しもだじょう)は静岡県に存在した海城。

立地・構造
現在の静岡県下田市の、下田港の湾口を扼する西側の岬全体が城地だった。直径800mの円内に複数の入江が点在する天然の地形を利用し、曲輪が配置されていた。本丸は東西12m・南北30mの平場で、本丸の北側に2段の天守曲輪があった。最南端のお茶ケ崎に物見櫓があり、直下の和歌の浦が船溜りとされた。

歴史
後北条氏は当城を小田原水軍の根拠地とし、玉縄衆の朝比奈孫太郎が入っていた。やがて豊臣秀吉との関係が悪化すると伊豆衆の清水康英を城将とした。天正18年(1590年)に豊臣側の水軍が来襲し、康英は手兵600余で約50日にわたって籠城した後に開城している。北条氏の滅亡後は徳川家康の家臣・戸田忠次が下田5,000石を治め、当城主となった。忠次の子・尊次は慶長6年(1601年)に三河国の田原城へ転封となり、以後は江戸幕府の直轄領として下田町奉行が支配し、廃城となった。城址は下田公園となっている。

参考文献
角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典(22.静岡県)』、角川書店、1982年

下田城の口コミ情報

カーネル様[2017年01月25日]
伊豆急行下田駅から

ローターリーを通過して「下田公園→」の案内に従って南下します
わかりやすい登り口は、下田公園の北端にある広い広場からで、散策のための緩い坂を登り「天守台跡」を目指すといいです

天守台は眺めがいいです。眼下に堀が見えるので天守台を降りて堀へ

堀の規模は大きく、明瞭に残っていて圧倒されます
そのまま反対側に下ると、下田水族館の駐車場に降りれます

駅に戻って1時間ちょいでした。初めて行ったときは道に迷い、もっと時間がかかりました

常陸入道ねんさい和泉守様[2014年01月13日]
下田駅から下田城の北側入口まて、約1キロ、バスだと大浦口下車、城の西側の空堀が見所。城跡をくまなく歩くと意外と時間がかかる。公園入口の少し南に温泉銭湯の「昭和湯」がある。城見学で疲れたらここで一休み。

ぽえぞお弾正少弼黄金旅程様[2013年01月20日]
車で攻略(^_^)v
開国記念広場か下田海中水族館の駐車場が便利。
開国記念広場の辺りが居館跡だと思います。
横堀(畝状のものも微かに解る)や削平した曲輪らしき跡も確認できます。

ちなみにカーナビに入れて行く場合は『下田公園』で行って下さい。
『下田城』と入れるととんでもない所に行きます(笑)

三日陸奥守落人様[2012年04月29日]
下田公園一帯がほぼ城址で、麓から15分程度で「伝天守台」に着きます。
この辺りの遺構には往時の雰囲気があり、空堀にはよく見ると畝のあとが確認できます。細かな尾根の入り組んだ地形を取り入れた、見応えのある城でした。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore