狩野城(かのうじょう)

狩野城の基本情報

通称・別名

所在地

静岡県伊豆市本柿木、青羽根

旧国名

伊豆国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

狩野氏

築城年

平安時代後期

主な改修者

主な城主

狩野氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、堀切

指定文化財

市史跡(狩野城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

長浜城(静岡県沼津市)[9.7km]
韮山城(静岡県伊豆の国市)[13.2km]
韮山代官所(静岡県伊豆の国市)[13.4km]
鎌田城(静岡県伊東市)[13.7km]
丸山城(静岡県伊豆市)[15.5km]

狩野城の解説文

狩野城跡は、平安末期(1100年頃)、狩野氏によって築かれた城の跡である。標高190mの城域には、鎌倉時代に発達した二重堀を備え、本郭・西郭・南郭・中郭・東郭・出丸に区分される。中世山城の遺構が、築城後1000年近くも保存されている貴重な史跡である。

狩野氏は祖とされる狩野維景(かのこれかげ)が駿河守を退任し、市内の日向(ひなた)地区に館を構えたが、その子である狩野維職(かのこれもと)が伊豆押領使を務めるなど、軍事上の必要もあり、要害なこの地を選び移ったといわれている。

明応2年(1493)からの伊勢宗瑞による伊豆侵攻の際、城主だった狩野道一(かのどういつ)は足利方に付いて戦い、明応7年に敗れて開城した。その後一族は小田原に移り、後北条氏の重臣として要職を歴任している。

室町時代中頃から絵師として栄えた、狩野派の初代狩野正信は、維景から16代目の孫である。

情報提供:伊豆市教育委員会

狩野城の口コミ情報

田部朝臣土持左衛門佐様[2016年01月10日]
 トイレと駐車場は問題なし。
 マップがトイレに。とあったが、在庫切れ中で片手落ち。
 駐車場から左右にルートが。とあったが、右ルート入り口が解らない。
 結局、ぐるっと巡ってみたら、西曲輪入り口まではきっちり整備された道だったのに、それから先の道の整備が半端だったので、右ルート入り口が山道と化していて、獣道と判別がつかなかったと言う事が判明。
 途中まではふわふわとした材質のものが敷き詰められていて、お、国指定並み?と思わせる程なだけに、ある程度解っている
人が指揮したのだろうが…予算が不足したものと推測。二次・三次計画があるのだろうか?今後に期待。
 左回りで登城する事をお薦めする。

陸奥守だもんで様[2015年08月28日]
国道から標識にしたがって約500mで駐車場です。5,6台ほどのスペースがありますし、そこにトイレもあります。駐車場から城郭への往復には一時間あれば十分でしょう。
駐車場から城郭までは、近道かつ緩やかで分かりやすい道と、遠回りでちょっとだけ分かりにくい道の二つがあります。それぞれ城郭の東西の端に繋がっているので、往復で異なる道を通るとよいでしょう。
堀切、土塁、虎口など見処の大い城です。オススメします♪

ひな相模守ひな⭐️様[2015年06月03日]
駐車場、トイレ、案内板完備。
綺麗に管理されてて安心して利用できます。
険しい箇所もありますが、ハイキングコースになってるのでのんびり探索できますよ。

ゲッコウゼロモナイト様[2012年06月10日]
狩野派発祥の城だそうです

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore