平沢城(ひらさわじょう)

平沢城の基本情報

通称・別名

所在地

長野県下高井郡木島平村往郷

旧国名

信濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

平沢氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、堀切

指定文化財

村史跡(平沢城跡)

再建造物

説明板

周辺の城

飯山城(長野県飯山市)[6.8km]
高梨氏城館(長野県中野市)[13.7km]
中野陣屋(長野県中野市)[13.8km]
仙当城(長野県下水内郡)[15.0km]
内堀館(長野県中野市)[16.1km]
猿橋城(新潟県妙高市)[18.2km]
割ヶ嶽城(長野県上水内郡)[18.6km]
今井城(新潟県中魚沼郡)[21.4km]
京ヶ岳城(新潟県上越市)[21.4km]
箕冠城(新潟県上越市)[22.6km]

平沢城の解説文

※この城郭は2022年4月6日に名称と位置が変更となりました。

平沢城(ひらさわじょう)は、長野県木島平村にあった城である。

平沢城跡は、雄大で堅固な遺構を有している。標高840m地点にある主廓は、約400㎡の平坦地で、西側部分に枡形の虎口がある。主廓を囲むように、二の廓・三の廓・腰曲輪があり、随所に土塁の痕跡が認められる。東西に延びる尾根を七条の堀切(竪堀)で遮断し、防御を固めている。

平沢城は、毛見氏が治めた毛見郷の北端に位置し、毛見郷と志久見郷(下水内郡栄村)とを結ぶ道を監視するのに適した場所である。

1400年代には、毛見氏一党の平沢氏の守城であったと思われる。1400年代末には中野地方の高梨氏が毛見郷へ進出したため、毛見氏や平沢氏はその支配下に入った。

甲斐の武田氏と越後の上杉氏が戦った川中島の合戦の頃には、高梨氏に代わって市川氏が平沢城を押さえるようになった。木島平一円を治めていた市川氏が、1598年に上杉氏に従って奥州会津(福島県)へ移ったことで、平沢城の役割は終えた。

参考文献 

・現地説明板。

情報提供:長野県木島平村教育委員会


平沢城の口コミ情報

2019年04月29日 北海琉球守如水
部谷沢城[平沢城  周辺城郭]



中央の鉄塔から奥に登ると遺構があるそうですが、電気柵に阻まれ登城を断念(>_<)

平沢城の周辺スポット情報

 部谷沢城(周辺城郭)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore