新府城(しんぷじょう)

新府城の基本情報

通称・別名

所在地

山梨県韮崎市中田町中条字城山他

旧国名

甲斐国

分類・構造

連郭式平山城

天守構造

築城主

武田勝頼

築城年

天正10年(1582)

主な改修者

徳川家康

主な城主

武田氏、徳川氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

国史跡(新府城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

能見城(山梨県韮崎市)[1.8km]
日ノ出城(山梨県韮崎市)[2.6km]
白山城(山梨県韮崎市)[3.9km]
若神子城(山梨県北杜市)[6.5km]
獅子吼城(山梨県北杜市)[9.9km]

新府城の解説文

新府城(しんぷじょう)は、現在の山梨県韮崎市中田町にかつてあった日本の城である。1973年(昭和48年)には「新府城跡」として国の史跡に指定されており、保存のため公有地化された。本丸跡地には藤武稲荷神社が建立されている。

地勢と構造
甲府盆地西部に位置する。八ヶ岳の岩屑流を釜無川と塩川が侵食して形成された七里岩台地上に立地する平山城。西側は侵食崖で、東に塩川が流れる。 石垣は使われない平山城で、本曲輪・二の曲輪・東の三の曲輪・西の三の曲輪・帯曲輪などにより構成され、丸馬出し・三日月堀・枡形虎口などの防御施設を持つ。ちなみに本曲輪・二の曲輪は躑躅ヶ崎館の本曲輪・西の曲輪に相当し、規模も同程度であることから政庁機能を持つ施設と考えられる。

近年発掘作業や間伐など整備がなされ、甲州流築城術の特徴である丸馬出しや三日月堀、特徴的な鉄砲出構、その他土塁や堀跡、井戸や排水施設などの遺構が確認できるようになった。また、陶磁器類も出土している。支城として白山城能見城がある。

勝頼期の武田家の築城の特徴として、台地の突端部(側面・背後は断崖や川)を利用し戦闘正面を限定させ、なおかつ正面からの敵の圧力を側方に流すような構造が挙げられる。具体的には、正面の丸馬出しより城側面に続く比較的深い堀を敵兵に歩かせる。横矢を掛け敵兵を攻撃すると、堀は断崖・川へと続いており、こちらへ追い落とすことにより敵兵を無力化できる。同様な構造の代表的な城に遠江では諏訪原城小山城、信濃では大島城がある。ただし、新府城の場合は現在遺構とされる城跡ではなく、能見城を中心とする新府城北方の防塁跡にこの構造が見られ(浅野家文庫・諸国古城之図)、上に挙げた城に比べその規模の大きさは群を抜く。また能見城防塁は複雑に屈曲し、最大限横矢を掛けられるような構造となっており防塁が多数配置されている(ただし、これら北側防塁は天正壬午の乱時に徳川家が構築したものとの説あり)。

このような大規模な構造から、少なくとも数千から万単位の兵力による運用が前提となるようである。実際天正壬午の乱においては、徳川家康の北条氏直の軍に対する本陣として使用されている。

有効であったかどうかは定かではなく意見の分かれるところだが、新府城北側に2箇所ある鉄砲出構は江戸時代に築かれた洋式城郭である五稜郭の設計思想と同様の、突出部分の敵と当たる面積を抑えつつ突出部及び出構間に強力な火力を投射するためのものであると考えられる。

使用された期間は短いが、七里岩突端部の南北7-8キロメートル、東西2キロメートルという周辺の自然地形全体が軍事的意味をもっていたことを考慮に入れれば非常に大規模な城であり、武田家を代表する甲州流築城術の集大成となる城である。

新府城をめぐる歴史
武田氏の領国拡大と本拠
戦国期に守護甲斐武田氏は本拠の石和(笛吹市石和町)から甲府へ進出して川田(甲府市川田町)に居館を移転した。信虎期には甲斐国内を統一し戦国大名化し、古府中に居館である躑躅ヶ崎館が築かれ、家臣団を集住させて城下町(武田城下町)を形成した。

晴信(信玄)期には領国拡張と平行して城下の整備拡張が進み、政庁としての役割を持つ府中として機能している。続く武田勝頼時代にも整備は行われているが、後背に山を持つ府中は防御に適しているものの城下町の拡大には限界があり、信濃、西上野、駿河へと拡大した武田氏の領国統治にとって不備であったため、府中の移転が企図されたと考えられている。
...

新府城の口コミ情報

五瓜ニ唐花紋大納言や〜きみ様[2017年05月28日]
電車では新府駅。

車は無料駐車場があります。
砂利引きで色々観光情報書いてある、裏面が新府城の看板があります。

駐車場から新府城の入口迄は公道で歩道が狭く歩くには車に轢かれないよう気を付ける必要あり。

本丸は神社と武田勝頼のお墓とトイレがあります。
駐車場と逆方向に歩くと馬出しとか色々遺構があります。
二の丸や三の丸なども。

駐車場側の向かいは梅か果樹園か分かりませんが畑があり、お堀等遺構の看板があります。
ベンチともあるし、土塁的なものもあります。
果樹園に迷惑かけないよう歩いて、整備されてる広場迄行きましょう。

左近衛大将頼光様[2016年09月05日]
思ってたよりも大規模な城跡でした。
ただ、時期柄藪だらけで余り城の構造物等は今の時期は見づらいです。
また、ヘビや蜂もいますので、晩秋から春にかけて行った方が良いかと思います。
今の時期は、藪を掻き分けて進まないと行けない場所もありました。
心霊スポットとも知らずに写真撮りまくってましたΣ(゚д゚lll)

まるき〜淡路守様[2016年07月30日]
登城口が府道17号線(七里岩ライン)沿いにあり北側駐車場からの徒歩での移動は歩道が無く危険でした。線路寄りにもう一本道があるのでそちらから登城口まで行くのがよい。南側にも駐車場の標記がありましたが車が入れないようにロープが掛けられていました。そのロープの横からなだらかな坂道を登りながらの城攻めは土で出来た立体物と案内板を見ながら… 南大手口の土塁や虎口が二重になってたりするのが印象的!〜フムフム…そうなんか!コレが武田の城…と自分の中で思いながら三の丸〜二の丸を経て20〜30分位で本丸到着。本丸付近は開けていて土塁に囲まれている感がある。勝頼公の墓、家臣の慰霊碑、稲荷神社等がありドラマに伴い幟が上がってます。伐採された木、丸太があちこちに積み上げられておりヘビが…
毒ヘビのヤマカガシがおそらく沢山居るかと思われ、注意です。勝頼公がこの城を出た後、武田家滅亡の道を辿ると思うと本当に感慨深い場所でした…。ちなみにこの場所、心霊スポットで山梨県の行ってはいけない場所10選に選ばれているようですね!
お城だったら何処も同じだと思うんだけど!

チルト渡島守-0.5℃様[2016年05月16日]
搦手側がよく整備されており、枡形や東西の構えなど見応えあります。説明の石碑もあります。
大手の方は、時期のせいかヤブが凄くて縄張りが分かりづらいです。
行きは大手側・搦手側どちらかから登り、帰りは逆に下りるといいと思います。
大河の影響でノボリがありました。
土版のミニ彦根城のような印象。オススメです。

左馬助梅さん様[2015年04月29日]
城の北東に駐車場ありました。北西側にある搦め手からいきましたが道も迷う事なく二ノ丸から本丸と行けてその後に馬出、西三の丸、東三の丸、大手口と裏側から攻城しました。

参議一之介様[2013年08月11日]
新府駅から道なりでまっすぐ行きます。ところどころに案内板があるので、迷わないと思います。
本丸跡に建つ神社に向かう急な階段を登りますが、城跡に向かって左側にも、なだらかですが城内に長く続く道があります。

周辺は桃畑が多いので、桃の花が咲く頃はきれいだと思います。
ただし、店の類はなく、駅にも自販機すらないので、あらかじめ調達しておく必要があります。

león伊豆守大途様[2012年07月14日]
塩川、釜無川の流れと侵食された崖を利用した大規模な平山城です。三日月掘り、丸馬出しといった武田流築城術も用いられているので武田好きの方は必見です。
また防衛面のみならず、街道筋にあり、水運の利点もあることから、勝頼が行政面でも優れた人物だったことがうかがえます。
新府駅から歩いて行ける距離なので、電車派の方にもオススメです

赤いRVR弾正大弼@松本様[2012年01月30日]
駐車場は県道沿いの堀際にあります。近年出構えも整備されました。県道沿いにある248段の石段を登れば本丸に出ます。

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年07月23日]
[武将像]武田勝頼像
終焉の地、天目山に近い甲斐大和駅前に鎮座。新府城にはない。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore