能見城(のうけんじょう)

能見城の基本情報

通称・別名

所在地

山梨県韮崎市穴山町夏目

旧国名

甲斐国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

武田氏?、徳川氏?

築城年

天正9年(1581)

主な改修者

徳川家康

主な城主

武田氏、徳川氏

廃城年

遺構

土塁

指定文化財

再建造物

周辺の城

新府城(山梨県韮崎市)[1.8km]
日ノ出城(山梨県韮崎市)[3.7km]
若神子城(山梨県北杜市)[4.8km]
白山城(山梨県韮崎市)[5.6km]
獅子吼城(山梨県北杜市)[8.7km]

能見城の解説文

能見城(のうけんじょう)は、甲斐国巨摩郡穴山(現在の山梨県韮崎市穴山町)にかつてあった日本の城である。

概要
所在する韮崎市穴山町は中世には穴山郷が所在し、南北朝時代には甲斐守護・武田氏の一族である穴山義武が同地を本貫地とし、穴山姓を称した。穴山氏は後に本拠を河内地方へ移し、甲斐における有力国衆となる。能見城の南方約1.8kmに位置する中田町中條には新府城が所在し、『甲陽軍鑑』によれば天正9年に武田勝頼が新城の築城と府中移転を企図した際に、穴山信君は穴山郷の一部を進上したという。このため、穴山郷は穴山町から中田町中條一帯の地域を含んでいると考えられている。

能見城は支城として天正9年(1581年)に武田氏により築かれた。独立した城というよりも、能見城を含めた防衛ラインの中の主要な防塁と言った方が相応しい。新府城の外郭防衛ラインとなる能見城防塁は、東西幅約2kmの七里岩台地を複雑に屈曲しながら横断している。最大限横矢を掛けられるよう配慮された構造であり、多数の防塁を有する。

能見城跡は平成16年度に小規模な発掘調査が行われているが築城時期の遺構検出には至らなかった。能見城は天正10年(1582年)3月の武田氏滅亡、同年6月2日の本能寺の変を経て、空白地帯となった甲斐・信濃の武田遺領を巡り発生した天正壬午の乱に際して、徳川氏によって築城された城郭である可能性が考えられている。

本能寺の変の際に徳川家康は上方にいたが、6月中に甲斐へ先鋒衆を派遣し、家康自身は7月3日に浜松を立ち、7月9日には甲府へ至った。甲斐では相模国の北条氏直と抗戦するが、『家忠日記』によれば酒井忠次麾下の部隊は8月6日に新府へ後退し、若神子(北杜市須玉町若神子)に着陣した後北条方と一里の距離を置き対峙した。翌8月7日には後北条勢が新府に迫り、忠次麾下の部隊も「新府山」へ前進したため双方の距離は半里に縮んだと記している。8日には家康が府中より新府へ移動し、10日には「新府城」へ本陣を移動している。『家忠日記』では「新府城」と「新府山」を区別して記しており、この「新府山」が能見城の所在する穴山の小山を指していると考えられている。

参考文献
平山優『増補改訂版 天正壬午の乱 本能寺の変と東国戦国史』戎光祥出版、2015年

能見城の口コミ情報

みのみの飛騨守様[2016年07月19日]
先人の情報にありますが、JR中央線穴山駅より歩いて攻城できます。

能見城入り口までは舗装された道なので歩きやすいですが、車だと小型の四駆ではないと厳しい感じです。

城跡は看板とお寺の施設(?)があるのみで、荒れ放題です。トイレもありませんので、駅まで戻るしかないですね!

夏場は虻や蜂が飛んでおりかなり危ないかもしれません!

三河守コーキしゃん様[2014年05月05日]
能見城としての遺構はほとんどありませんが、能見防塁としての遺構が各所に残ります。

特に御名方神社裏の空掘や能見城東側の桝形虎口等、結構見応えがあります。

穴山駅から歩いて散策できます。

赤いRVR右京大夫@松本様[2012年01月30日]
駐車場は穴山駅に可能。駅から見て正面の山が城跡です。登城路は、県道を右手に進むと、左手に登る舗装路があります。すぐに左手に登る山道(と言っても四駆なら楽な道)を進んで行くと、山頂にある水道施設付近がそうです。遺構の残りはあまり良くないです。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore