谷戸城(やとじょう)

谷戸城の基本情報

通称・別名

城山、茶臼山、谷戸ノ城

所在地

山梨県北杜市大泉町谷戸

旧国名

甲斐国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

逸見清光

築城年

平安時代

主な改修者

後北条氏

主な城主

逸見氏、武田氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

国史跡(谷戸城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

深草館(山梨県北杜市)[1.2km]
古宮城(山梨県北杜市)[5.3km]
笹尾砦(山梨県北杜市)[6.5km]
若神子城(山梨県北杜市)[7.5km]
獅子吼城(山梨県北杜市)[8.3km]

谷戸城の解説文

谷戸城(やとじょう)は、山梨県北杜市大泉町(旧北巨摩郡大泉村谷戸城山)にあった城郭。形式は山城。国の史跡に指定されている。

立地
県北西部に位置。八ヶ岳の山体崩落で形成された尾根上に立地し、標高は850m付近。地形を利用して同心円上に土塁や空堀を配した輪状郭群。東西を東衣川、西衣川に画され、北側は尾根に通じ三方は急崖に囲まれている。

沿革
平安時代には常陸国那珂郡武田郷から源義清・清光親子が甲斐国市川荘(市川三郷町、旧市川大門町)へ流罪される。逸見荘へ拠った逸見清光(冠者)の子孫は甲斐国各地で勢力を拡大し、甲斐源氏の祖となった。谷戸城は清光の居城と伝わり、江戸時代に成立した『甲斐国志』によれば清光は正治元年(1199年)に城内で死去したという。『吾妻鏡』の治承4年(1180年)9月15日条に拠れば、武田信義ら甲斐源氏一党は源頼朝の挙兵に際して「逸見山」に集結し頼朝からの使者を迎えたとあり、北杜市域に複数候補のある逸見山所在地のひとつと考えられている。

戦国時代には武田晴信 (信玄)期の信濃侵攻に際して侵攻ルートの中継地点になっていたとも考えられており、家臣駒井政武の日記『高白斎記』の天文17年(1548年)9月6日条に拠れば「矢戸御陣所」の記述がある。また、『国志』によれば武田氏滅亡後の遺領を巡る天正壬午の乱に際しては、天正10年(1582年)に徳川氏と甲斐領有を巡る相模国の後北条氏が入ったといわれる。文政8年(1825年)の村方明細帳にも記録が残る。

遺跡の概要
江戸時代から城跡と認識されており、昭和51年(1976年)には山梨大学考古学研究会による測量調査が行われる。昭和57年(1982年)には一部の発掘調査が実施され、堀跡など一部の遺構が確認され、青磁片や内耳土器、洪武通宝などの遺物が出土している。

北東や西側は内部に横堀を伴う土塁があり、南斜面には帯状の郭が数段にわたって広がり、防御施設が集中している。北は方形の平坦地が開け、内部には三角形の主郭部がある。

谷戸城は地域振興に際して注目されはじめ、平成5年(1993年)11月29日に国の史跡に指定され、平成11年(1999年)までに公有地化が行われる。

谷戸城ふるさと歴史館
平成19(2007年)にオープンした谷戸城の出土遺物などを展示している資料館。谷戸城に隣接する位置にある。

開館時間 午前9時〜午後5時(11月1日〜3月31日は、午後4時30分まで)...

谷戸城の口コミ情報

みのみの飛騨守@夏バテ大将様[2016年07月23日]
谷戸城跡入り口に歴史資料館があり、無料で車を停めることが出来ます。館内にトイレはありますが、資料館利用者ではないと使用出来ないかと…資料館利用料は、大人¥200子供¥100です。

谷戸城跡のパンフレットもありますが1部¥100での販売になります。

城内は1の郭から6の郭まであり、帯郭・竪堀・空堀・土塁があり見応えがあります。…が、下草は刈られてから多少時間が経過しているためか20cm程伸び、場所に依っては70cm程伸びています。

三日陸奥守落人様[2013年02月25日]
ゆるやかな傾斜地に築かれた城跡で、綺麗に整備されているので気持ちよく散歩気分で歩きまわれます。
本曲輪を囲む土塁を上から見ると、若干ハート形に見えなくもないです
併設の史料館にはもあり、まず予習されてから巡られることをお勧めします。

北川幸人様[2012年09月16日]
多数ある郭や土塁に、それぞれ詳細な写真付きの解説板が設置されている。下草も適度に刈ってあり、歩き回りやすい。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore