甲府城(こうふじょう)

甲府城の基本情報

通称・別名

舞鶴城、一条小山城

所在地

山梨県甲府市丸の内1-5-4

旧国名

甲斐国

分類・構造

梯郭式平山城

天守構造

不明

築城主

徳川家康

築城年

天正11年(1583)

主な改修者

主な城主

浅野氏、徳川氏、柳沢氏

廃城年

明治6年(1873)

遺構

曲輪、石垣、横堀(水堀)、虎口、枡形

指定文化財

県史跡(甲府城跡)

再建造物

櫓、門、石碑、説明板

周辺の城

躑躅ヶ崎館(山梨県甲府市)[2.4km]
湯村山城(山梨県甲府市)[2.7km]
要害山城(山梨県甲府市)[4.9km]
八田家御朱印屋敷(山梨県笛吹市)[6.4km]
平瀬の烽火台(山梨県甲府市)[6.4km]

甲府城の解説文

甲府城(こうふじょう)は、山梨県甲府市にあった城である。別名、舞鶴城(まいづるじょう)。山梨県史跡に指定されている。

概要
甲府盆地北部、現在の甲府市中心街の一条小山に築城された中世から近世にかけての平山城である。

甲斐国では戦国期から甲府が政治的中心地となり、躑躅ヶ崎館(武田氏居館)を中心とする武田城下町が造成されたが、武田氏滅亡後に甲斐を領した徳川氏や豊臣系大名が甲斐を支配し、甲府城を築城して新たに甲府城下町が整備された。豊臣政権では徳川家康を牽制する要所、江戸時代では将軍家に最も近い親藩(甲府藩)の城となった。天守台はあるが天守が建てられていたかは不明である。浅野長政父子の時代に天守があったとする説がある。江戸時代には初期の幕府直轄領時代から甲府藩時代、享保年間に再び直轄領とされた甲府勤番時代を通じて統治の拠点となる。

明治時代、1873年の廃城処分となった以降にも甲府は政治的・経済的中心地として機能し、甲府城は県庁主導の殖産興業政策において建物などの破却が行われ、内堀が埋め立てられて官業施設化される。さらに中央線(JR東日本中央本線)の開通と甲府駅(甲府城清水曲輪跡にあたる)の開業により城跡は分断されたが、戦後には城跡の発掘調査や史跡の整備が進み、現在は、本丸・天守曲輪及び天守台・稲荷曲輪・鍛冶曲輪の石垣、堀の一部が残り、武田氏居館とともに甲府駅周辺の観光地となっている。

また、出土遺物のうち鯱瓦(甲府城跡出土金箔鯱瓦)と飾瓦(甲府城跡出土飾瓦)は県指定文化財。

歴史・沿革
安土桃山時代
甲府城が築城された一条小山は甲斐国山梨郡板垣郷に属し、甲斐武田氏の一族である甲斐一条氏が領し、一条忠頼の居館があった。忠頼の死後、館は夫人がその菩提を弔うために開いた尼寺となり、鎌倉時代には時宗道場の一蓮寺となる。

戦国時代には武田信虎期に甲府が新たに府中として定められて城下町が整備されるが、武田城下町において一条小山は武田城下町の南端に位置している。武田氏は晴信期に領国拡大を行い信玄晩年に至るまで甲府は拡大領国の中心地であり続けたが、勝頼期には盆地西部の西郡に新たに新府城が築城されて府中の移転が試みられたが、織田・徳川連合軍の侵攻による武田氏の滅亡で途上に終わった。

武田氏滅亡により一時織田氏の領有に帰するも、本能寺の変により空白化した武田遺領を巡る天正壬午の乱、続く国人一揆による織田家臣・河尻秀隆の殺害の結果、1582年に甲斐国は徳川家康の所領となるが、家康は引き続き甲府を甲斐の政治的中心地と定め、翌1583年に家臣の平岩親吉に命じて一条小山の縄張りを行い、一蓮寺を移転させて築城を開始したという。しかし、完成前に家康は関東に転封され甲斐は豊臣秀勝の有する所となり、さらに加藤光泰、浅野長政・幸長父子ら豊臣系大名の領主が代わり、浅野氏時代に完成したとされている。

1582年 織田信長の命により、河尻秀隆が城主となる。
1590年 徳川家康の関東移封。豊臣秀勝(豊臣秀吉の甥)が城主となる。...

甲府城の口コミ情報

ハチミツ式部卿様[2017年05月21日]
甲府城には、何回か行きましたが、
今回初めて知ったことがありましたので、
口コミ書かせて頂きます。
甲府城からも近い、やまなしプラザ地下一階に、建設工事に伴う発掘調査で発見された、甲府城の石垣が移築され、展示されています。
400年前に作られた野面積みの石垣が再現されていますので、お時間のある方は、是非、行ってみて下さい。
甲府城の歴史なども書かれています。
私が行った時は、貸し切り状態でした。
また、一階はオープンカフェになっていて、おつまみと山梨ワインが頂けるようです。お土産もあります。
隠れた穴場スポットを見つけることができました。

真田雅楽助昌幸様[2016年12月30日]
12月30日、管理事務所も稲荷櫓も休み。
100名城スタンプ押せず。

まるき〜遠江守様[2016年08月04日]
北側の甲府市歴史公園、復元された山手門の二階は無料の資料館で公園の駐車場は30分無料!
夏場は見える事が少ない富士山をバックに城を伺える。
是非秋冬に来て下さい…との事
甲州夢小路(線路沿い)を通り南側に
この時稲荷櫓と電車の2ショットが撮れますd(^_^o)
踏切を渡るとすぐ城趾、少し行くと稲荷櫓、
100名城スタンプもココで
櫓内にはジオラマや展示物があり。
現在 天守台は工事中!最近柵から子供がすり抜けて落ちる
という事故があったそうで間隔の狭い柵に付け替え中との事でした。

感想として…城内広く石垣もすごく立派で見応えがあるが
夏場は日陰となる場所が無くゆっくり観ていられない!
甲府は暑いと言いますが…ホント尋常ではない!
この時期は覚悟が必要かも…
バリアフリー設計なので車椅子等でも探索できます。
城の駐車場というのが無いようで駅近辺のコインパーキングを利用、高架の下辺りが近かったです
公園なので入城は無料でした。

ООトマシ様[2016年01月02日]
100名城スタンプのある稲荷櫓、公園管理事務所とも正月三ヶ日は閉まってました。管理事務所に「100名城スタンプ 休館のためご迷惑をおかけします」って貼り紙が⤵⤵
どっか他の場所での対応とかしてほしい。遠路はるばるいったのにがっかり。

【下野国】陸前守智ぞう様[2014年12月12日]
2014 12 12 に訪問いたしました〜

あんまり知識が乏しいワタクシに石垣のしくみとかわかりやすくボランティアガイドの方が熱心に教えてくださって

良くわかりました〜

気軽にボランティアガイドの方にお声をかけてみてください

タコ武蔵守イカ様[2014年09月18日]
2014/09/14に訪問しました。
復元された稲荷櫓や門はまだ新しすぎる為、重厚な雰囲気はありませんが、真面目に検証して当時の技法を用いて再現している様で好感がもてます。
城内に鎧兜の武者がいたので、お話を伺ったら浅野家家臣の子孫の方で、天守復元の為の署名活動中とのことなので署名に協力してきました。
復元の予算は公金ではなく一般からのカンパを募るとのことなので、その際には城好きの一人として微力ながら協力したいと思います。

桃華様[2014年05月04日]
城の駐車場というのはなく、まわりにあるコインパーキングを利用するみたいです。専用駐車場は観光バスや身体の不自由な人のためだそうです。
私がみた所は20分100円のが多かったです。
桜の時期は終わっていましたが、天気もよかったので新緑がとてもキレイで気持ちがよかったですd(ゝ∀・*)

釆女正半兵衛様[2013年12月30日]
稲荷櫓お休みの日は公園管理事務所でスタンプ押せました。

武田甲斐守信玄餅様[2013年10月21日]
100名城スタンプの置いてある稲荷櫓は月曜日が定休で入れませんでした(>_<)あと、天守台の石積み復元補修工事を11月23日まで行っています。展望台には登れます。

空灯様[2013年10月14日]
天守台が現存しています。
また、再建された稲荷櫓の中は展示室になっていて、無料で見学できました。この稲荷櫓は、当時の工法を忠実に再現して作ったもので、壁はコンクリートではなく、漆喰を使っているそうです。
ボランティアガイドの方がいらっしゃって、天守台の上からいろいろ説明してくれました。
運が良く、富士山を見ることができました。
かなり見はらしが良かったです。

鶴亀仙人様[2013年07月10日]
私は7月7日(日)に行きましたが、駐車場が封鎖されていたのでコインパーキングに停めました。
多分、団体バス用ではないかと思います。

公園内はキレイに整備されているし良かったです♪

富士丸佐渡守孫兵衛様[2013年07月10日]
舞鶴城跡公園駐車場は第1と第2がありましたが、平日に行ったせいか両方とも封鎖されてました。県庁の駐車場に停めようと思ったら、守衛さんに止められました。事情を説明したら、親切に停めさせてくれました。優しい守衛さんに感謝

尾張守ひろっちぃ様[2013年02月11日]
甲府城は甲府駅南に位置し舞鶴城公園の名で親しまれています。

一度10年前ぐらいに来た頃は(記憶があやふやですが)石垣のみがあり稲荷櫓や鉄門はなかったような気がします。今はすっかり修復工事が進んでおり稲荷櫓や鉄門といったものが整備されており見応えがあります。今でも修復工事が進んでおり今後の修復に期待したいです。

天守台が特に素晴らしく重量感あり壮観で思わず見とれてしまいます。

100名城スタンプは稲荷櫓内の事務所にありました。稲荷櫓修復に関する資料や古写真を展示しています。無料です。

tokyo6434様[2013年01月11日]
1月10日13時から鉄門が一般公開されています。勤番士の資料や楽屋曲輪の能舞台の資料が展示されています。1月11日の17時半からは城内で300年ぶりに薪能が行われます☆

はせちゃん弾正忠様[2013年01月09日]
1/10〜14まで黒門公開するみたいだね 詳細な情報はご確認下さいませ

左衛門督滝の道ゆずる様[2012年10月17日]
平日の100名城スタンプは台が微妙にうねっているので注意です!

加賀美 摂津守遠光様[2012年05月24日]
甲府駅北口、山手御門前の駐車場は30分タダで1時間駐車しても150
円と安いです。後、銅門が再建中来年春頃完成予定。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore