八田家御朱印屋敷(はったけごしゅいんやしき)

八田家御朱印屋敷の基本情報

通称・別名

八田屋敷

所在地

山梨県笛吹市石和町八田334

旧国名

甲斐国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

八田政清

築城年

天正10年(1582)

主な改修者

主な城主

八田氏(末木氏)

廃城年

遺構

曲輪、土塁、書院、門(石和陣屋表門)

指定文化財

県史跡(八田家御朱印屋敷)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

小山城(山梨県笛吹市)[4.3km]
甲府城(山梨県甲府市)[6.4km]
要害山城(山梨県甲府市)[6.7km]
躑躅ヶ崎館(山梨県甲府市)[6.8km]
勝山城(山梨県甲府市)[7.1km]

八田家御朱印屋敷の解説文

八田家書院(はったけしょいん)は、山梨県笛吹市石和町八田(旧東八代郡石和町八田)にある中世豪族屋敷。八田家御朱印屋敷に付属する別棟書院である。八田家書院と八田家御朱印屋敷はともに山梨県の文化財に指定されている。ちなみに表門は石和陣屋から移築したものである。

概要
八田家は家中の財政を担う御蔵前衆(蔵奉行)を務める戦国時代の武田氏家臣で、商業活動も行う商人であった。由来書によれば晴信(信玄)期には淡路守家重が始祖で、勝頼期には末木村(笛吹市、旧東八代郡一宮町末木)を与えられ末木姓を名乗り、武田滅亡後に徳川氏の命で東市佑政清が八田姓に復した。八田政清は徳川家康から諸役免許状(朱印状)を受けて安堵され、有力郷士となる。

屋敷地は甲府盆地東部、標高273メートルの沖積低地上に位置。笛吹川の旧河道沿いで、南には甲州街道が通る陸水交通の要地。江戸時代の絵図によれば八田家屋敷は規模が大きいが多くの郭群は宅地化され、現在では八田市之丞屋敷地が残る。屋敷跡は東西120m、南北150mの変形方形。周囲は濠、東側一部と北側には幅7〜10mの土塁と堀が築かれている。屋根は茅葺の入母屋造。

屋敷内邸宅郡は武田滅亡の際に焼失し、安政6年(1859年)に南に位置する笛吹川が氾濫した水害を受けるなど変遷しており、昭和15年に再建されるまで書院に仮設した建物が主屋となっていた。主屋の南側に位置する書院は江戸初期の建物で、築年は同家に所蔵されている『永々日記』寛政4年条や八田家の菩提寺である真言宗寺院願念寺の書付から慶長6年(1601年)であるという。

土蔵棟札や「永々日記」「家政歴年誌」「地相図面」「八田村古絵図」などの古文書と共に、1961年(昭和36年)12月7日には八田家書院が山梨県指定有形文化財(建造物)に、1969年(昭和44年)11月20日には八田家御朱印屋敷が山梨県指定史跡となった。

書院の間取りは西に奥の間、中央に中の間、東に三の間の東西三列、および玄関から構成される。総じて簡素な意匠であると評され、上級武士を招いた記録のあることから接客や応待の場であったと考えられている。

参考文献
『山梨県の地名』
『山梨県市資料編7中世4考古資料』
『山梨県史文化財編』

八田家御朱印屋敷の口コミ情報

フー甲斐守様[2016年02月14日]
行くと管理人さんが色々親切に説明して下さいます。近くにはワイン工場があり、しっかり試飲させて頂きました(^o^)
又、手前のホテル石風さんの玄関には武田勝頼の継室北条夫人遺愛と伝わる松がありました。

浜浜左衛門佐二郎勝頼様[2015年09月22日]
書院は900〜1600時で公開。閉館日火曜。20歳以上200円、以下100円。名の由来となった朱印状を丁寧に説明してもらいました。

富士丸佐渡守孫兵衛様[2013年04月04日]
駐車場あり。周辺は道が狭いです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore