小山城(こやまじょう)

小山城の基本情報

通称・別名

所在地

山梨県笛吹市八代町高家

旧国名

甲斐国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

穴山信永、鳥居元忠

主な城主

穴山氏、鳥居氏

廃城年

天正10年(1582)

遺構

曲輪、土塁、堀

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

八田家御朱印屋敷(山梨県笛吹市)[4.3km]
勝山城(山梨県甲府市)[5.7km]
勝沼氏館(山梨県甲州市)[8.3km]
甲府城(山梨県甲府市)[9.3km]
連方屋敷(山梨県山梨市)[9.4km]

小山城の解説文

八代町高家にあるこの城は、古代からの主要官道であった御坂路と若彦路にはさまれた浅川扇状地の先端に位置し、また城跡からの眺望は素晴しく、甲府盆地が一望できるため、軍事的に極めて重要な城であった。

この城は、北から比高20mを測り、周囲に高さ2~3m余りの土塁と、深さ2~3m程の空堀が巡る東西120m、南北130mの規模である。

虎口は南と東にあったが、昭和40年代のスポーツ公園建設にともなって、南側の土塁の一部が崩され、この土砂で堀の一部が埋められたため、虎口の形態を残しているのは東側だけである。内部は以前2~3段の平担地からなっていたが、この時に削平されて、現在では知ることはできない。

東の虎口の左右には、門の礎石と思われる平石と土塁の断面を覆う石積みが残っている。また北東と南東の土塁上には、望楼の礎石と考えられる方形の石列が残っている。

空堀の外側の畑には、土師質土器の散布が見られるため、更に外側にも遺構が存在していた可能性がある。昭和50年には菊皿の破片が採取されている。

城主については、穴山伊予守が伝えられているが、定かではない。『甲斐国志』の武田信重館跡の項に「古説二信重ハ黒坂太郎卜云者フ討タントテ兵フ率ヒ、彼地二向ヒテ既ニ結戦シケルニ、小山城主穴山伊豆守其隙ヲ伺ヒ、小石和ニ襲ヒ来リ、焼キ立テシカバ、信重前後ノ敵ニ途ヲ失ヒ遂ニ自殺セリ、宝徳二庚午十一月ニ十四日ナリ……」とある。更に小山城墟の項に「穴山伊予守信永、之ニ居ル。或ル時、南部某卜云フ人、鳥阪越エヨリ攻メ寄セケルニ、信永モ花鳥山ニ出張リ、相戦ヒシガ、利アラズシテ小山ニ引キ入リ、守禦ノ謀ヲ廻ラシケルニ、敵ハ勢ニ乗ジ競ヒ撃ツ事急ナレバ、中略、信永ノ位牌アリ、東膳院前予州玉山鉄公大居士……Jとある。伊豆守は伊予守の誤りであろう。

天正10年には徳川家康の命令により、中道町の右左口砦とともに修築し、鳥居彦右衛門が御坂峠の北条勢に対した。有名な黒駒合戦はこの城の北東で行なわれている。

また、この城は八代町にある武田信成館の要害であったという説もあるがはっきりしない。なお、この城の東、小物成山にも城跡があり、土師質土器片の散布も見られる。

情報提供:山梨県教育委員会

小山城の口コミ情報

なかつ甲斐守様[2016年06月30日]
たしかにトイレありました(笑)前回あまり探索してなかったんで見落としてました。失礼致しました。アクセスは車やバイクをオススメします。コンビニはだいぶ離れてますが近くに自販機があるのでそこで飲み物は買うといいですね。他の方も書かれてますが特に夏場は虫が凄いです。スズメバチもいる時があるので夏場でも薄い長袖をオススメします。

みのみの飛騨守@夏バテ大将様[2016年05月23日]
トイレは「小山城址」の石碑の脇にあり使用可能です。

駐車場も石碑がある反対側に、2〜3台分置けるスペースがあります。

桃畑に囲まれた質素な城跡で、土塁・物見櫓跡・空堀が残る場所です。夏場は土塁に雑草が生えて藪に近くなり、虫なども飛び回る感じになるので要注意です。

左衛門佐平八郎様[2016年03月26日]
駐車場は無い様で 路駐させて頂きました
作業中の農家の方がいたら 一声掛けたほうが良いかと思います
またまた先人の口コミを覆すようで申し訳無いのですが トイレは有りますが 入口にプレハブが置いてあって 入ることは出来ません
全体的にこじんまりとしていますが 地元の人に愛されている様で 綺麗に整備せれています
自分の様な初心者でも 無理なく堪能出来ました

まー蔵人頭様[2015年10月31日]
城址の周りの空地に駐車出来ます。先人からトイレはないとありますが石碑の後ろにありましたが紙は持参するといいでしょう。土塁と堀が残っています。櫓台跡に立つ四阿に上がる際は伐採・除草はしてありますが片付けてないため散乱しているので躓かないよう注意して下さい。

なかつ甲斐守様[2015年02月19日]
城址には桜、周囲は桃畑なので春は桜と桃の花の共演がとても美しいです。また、土塁に登れば甲府盆地を一望出来ます。トイレ等は無いので訪れる際にはご注意を

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore