千葉城(ちばじょう)

千葉城の基本情報

通称・別名

猪鼻城、亥鼻城

所在地

千葉県千葉市中央区亥鼻町1-23-1他

旧国名

下総国

分類・構造

平山城

天守構造

複合式層塔型[4重5階/1967年築/RC造模擬]

築城主

千葉常重

築城年

大治元年(1126)

主な改修者

千葉氏

主な城主

千葉氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(猪鼻城跡(含七天王塚))

再建造物

模擬天守(千葉市立郷土博物館)、石碑(猪鼻城祉)

周辺の城

高品城(千葉県千葉市)[2.3km]
曾我野陣屋(千葉県千葉市)[4.2km]
生実城(千葉県千葉市)[4.6km]
小中台城(千葉県千葉市)[5.6km]
多部田城(千葉県千葉市)[6.2km]
有吉城(千葉県千葉市)[6.6km]
木出城(千葉県四街道市)[7.5km]
御茶屋御殿(千葉県千葉市)[8.1km]
馬加城(千葉県千葉市)[9.5km]
実籾城(千葉県習志野市)[10.0km]

千葉城の解説文

亥鼻城(いのはなじょう)は、千葉県千葉市にあった日本の城。1126年(大治元年)、千葉常重が築城した。

城跡は1909年(明治42年)以降公園として開放され、1988年(昭和63年)に歴史公園「亥鼻公園」として整備された。亥鼻山の中腹には、外観を日本の近世城郭の天守建築を模して1967年(昭和42年)に鉄筋コンクリート構造で建設された千葉市立郷土博物館(通称、千葉城)がある。

千葉城の口コミ情報

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
千葉城

千葉氏と千葉
 千葉氏が千葉郷を拠点としたのは常胤の父常重の頃とされ、それ以前は大椎を拠点としていたとされている。しかし千葉氏に詳しい「千葉氏の一族」によれば、それは史料の誤記であり、実際には常胤の高祖父平常将の頃には千葉郷を本拠としていたと考えられるとの事だ。
 千葉氏は常胤の代で房総に敗走して来た頼朝に臣従し、その功績により九州から奥州の各地に所領を持つ大身の御家人となった。常胤の息子達も独立した御家人となり、千葉・相馬・武石・大須賀・国分・東の「千葉六党」を築いた。その後、常胤から5代目の千葉介頼胤が国府近くの小金に拠点を移した事を除けば、千葉荘は戦国期まで千葉氏の本拠であり続けた。
 元寇が起きた際には頼胤の子宗胤が自領のある九州に赴いたが、元を警戒した鎌倉は九州の御家人達の帰還を許さず、宗胤は九州で病没した。宗胤の子である胤貞が幼少であった事などから、千葉介は宗胤の弟胤宗が引き継いだのだが、これが原因となって胤宗の子貞胤と胤貞が対立し、南北朝の争乱期に胤貞が千葉を攻める事態となっている。結局は両者ともに足利尊氏に従う事となり、貞胤はそのまま千葉介の地位を維持し、胤貞は宗家伝来の地である八幡荘・千田荘を保持して千田千葉氏として続いていく。
 その後も千葉氏は千葉荘を拠点として続いていくが、享徳3年(1455)の享徳の乱で上杉方、公方方どちらにつくかで対立が起き、重臣である原胤房が千葉を攻めた。原胤房の攻撃に千葉介胤直は3か月近く耐えており、この時には亥鼻城が使われていたと考えられる。だが結局、胤直は千田荘へ敗走して多古にて自刃、平安以来の千葉宗家は滅亡した。宗家滅亡後に当主の座に就いた岩橋輔胤とその子千葉介孝胤は、拠点を千葉から自分達の勢力圏である佐倉に移し、千葉荘は千葉氏本拠の役目を終えた。
 その後、亥鼻には千葉氏へ圧力をかける為に里見氏が出城を築いたという話があるが定かでない。江戸時代、水戸光圀は甲寅紀行の中で「千葉の町を出づるところの左の方に古城あり。伊野花と云ふ。里見氏の家老圓城寺某と云ふ者の居城なりと云ふ。」と亥鼻城について触れている。円城寺氏は千葉氏の重臣であるので、「里見氏の家老」というのは誤伝であろうか?

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
千葉城

 亥鼻城はかつての千葉町の南端にある台地の上にあった。その特徴から戦国期の城であったと考えられている。亥鼻の地名は亥の方角(北西のやや北寄り)に突き出た舌状台地に由来するという。言うなれば亥の方角の鼻状台地か。南東に千葉寺があり、千葉寺より亥の方角という事だろうか?
 台地が入り組んだ下総地方によくある舌状台地を利用した城であるが、考えられている城の広さは外郭や矢作砦も含めると相当なもので、西端から東端までは直線距離で1.2kmにも及ぶ。台地の北側を沿う様に都川が流れており、非常に堅牢な城であった事が窺える。
 台地の北側の麓から千葉神社にかけてかつての千葉町が広がっていた。その造りは千葉常胤が源頼朝に対して拠点にすべきと進言した鎌倉と類似している。北斗山金剛授寺(千葉神社)から亥鼻へと真っ直ぐな道が伸び、周辺には寺や屋敷が置かれていたと考えられている。亥鼻に到達すると道は西へと曲がり、海沿いの寒川・今井・曾我野といった漁村へと繋がっていた。現在では千葉の主要道自体は千葉駅前大通りとなっているが、かつての千葉町の主要道も現存しており、昔の姿を想像する事ができる。
 台地の南側には千葉寺とその集落があり、千葉氏の拠点千葉荘はこの千葉寺から金剛授寺までの範囲を指していると考えられている。千葉寺、金剛授寺、そしてさらに北にある千葉山(千葉氏の墓所)は直線上に並んでおり、墓所である千葉山は街からみると妙見(北極星・北斗七星)の方向にある。町の造りに妙見信仰が影響している事が考えられる。
 城跡地は明治42年に千葉県庁公園として開放された。昭和12年には千葉護国神社が創建されるが、昭和42年に千葉公園内に遷座する。神社跡には千葉市立郷土博物館(所謂、千葉城)が建設され現在に至る。

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
北斗山光明寺[千葉城  寺社・史跡]

 大治元年(1126)、千葉常重が父平常兼の死に際して月処山光明寺と号して日處山満願寺と共に建立、その後千葉勝胤の六男妙見寺第十三世権大僧都常覚が、永禄9年(1566)に堂宇を建立して開山。

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
嚴島神社[千葉城  寺社・史跡]

 江戸期には寒川地内に千葉家七弁天碑があったといい、寒川村と作草部村の地籍争いの際に寒川の綿屋太郎兵衛が千葉家七弁天碑を当地に移したという。周辺を吾妻台と呼び、東胤頼の館が置かれていたとされる。扇松館と呼ばれる館跡があったとされており、東姓を名乗る前の千葉胤頼の館ではないかと思われる。

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
金剛山東禅寺[千葉城  寺社・史跡]

 千葉介貞胤が円中規公師を迎えて嘉暦2年(1327)に建立したという。

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
龍興山高徳寺[千葉城  寺社・史跡]

 千葉氏系原氏初代原胤高が開基となり、貞治4年(1365)に創建したという。

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
亥鼻神明社[千葉城  寺社・史跡]

 亥鼻城内にある神明社。平忠常の代に鎮座したものを千葉常胤が修築したとも、文明元年(1469)に勧請したものともいわれる。亥鼻城の守護神であったという。

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
円稿山宝幢院[千葉城  寺社・史跡]

 金剛授寺(千葉神社)覚算和尚三世宥覚が保延3年(1137)に法東院と号して創建、千葉介勝胤の九男妙見寺第十四世覚胤が元亀2年(1571)に宝憧院と改めて中興開山したという。

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
千葉神社(北斗山金剛授寺)[千葉城  寺社・史跡]

 平忠常が千葉の香取神社の境内である香取山に、妙見を祀る祠を建てた事が始まりと云われる。元々は北斗山金剛授寺という寺で、寺号は一条天皇によるものであるという。代々千葉一族の当主たる千葉介を継ぐ者の元服はここで行われた。

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
院内香取神社[千葉城  寺社・史跡]

 千葉神社の場外末社、元々千葉神社一帯は香取山という香取神社の境内であった。

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
小河山智光院[千葉城  寺社・史跡]

 馬加康胤が康正2年(1456)に開基、千葉氏の祈願所であったというが、千葉氏が間もなく佐倉に移った為に荒廃したという。亥鼻の七天王塚および御茶の水不動尊の支配をしていたと云われる。

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
七天王塚[千葉城  その他]

 牛頭天王を祀る塚。千葉大学亥鼻キャンパス内に5つ、キャンパス前の道沿いに2つある。将門の7人の影武者の墳墓とも千葉氏の7人の兄弟を祀る塚とも云われる。古墳時代の古墳群の可能性もあるといい、そうなると桓武平氏が関東に下向する前から元々あった塚を千葉氏が祀ったのが、後世千葉氏に纏わる塚であるとの伝承に繋がったという事か?

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
光明山胤重寺[千葉城  寺社・史跡]

 武石氏2代である武石胤重の後裔で僧となった雲巌が開基となり、永禄年間(1558-1570)に創建。初代の胤盛でなく胤重の名を寺号としている点が気になる。下総に残った武石氏は第一次国府台合戦で小弓公方方につき、当主武石胤親が後北条氏に討取られた。武石胤親の子息は稲毛浅間神社の神主布施氏に婿入りしている。布施氏は第二次国府台合戦では里見氏に味方していた様で、布施正光が後北条家臣佐貫伊賀守を討取ったという。胤重寺の創建はこの頃の事なので、亥鼻に里見氏が拠点を置いた可能性は意外と高いのかも知れない。

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
究竟山本円寺[千葉城  寺社・史跡]

 日什上人が永徳元年(1381)に創建したという。円乗寺胤久なる人物が開基となったとされる。千葉氏重臣円城寺氏の一族であろう。

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
矢作砦[千葉城  周辺城郭]

 亥鼻城の東端にあったとされる砦。麓には矢作の集落がある。貝塚、弥生時代後期の住居跡などが見つかっており、先史時代から続く古い土地である。

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
海上山千葉寺[千葉城  寺社・史跡]

 和銅2年(709)に行基が巡錫の折に池田郷(都川流域)を訪れ、十一面観音像を残した。この事を聖武天皇が聞き及び、勅命により創建された。永暦元年(1160)に雷火で伽藍を焼失し、現在地へ移転、千葉氏の祈願寺となったという。

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
阪東稲荷神社[千葉城  寺社・史跡]

 源頼朝が安房から千葉を通過する際、境内に陣を置いたといわれるが、頼朝が陣を置いたのは結城稲荷とも云われている。誤伝であるか、もしくは阪東稲荷から結城稲荷まで約1kmの範囲が稲荷神社の境内であったのかも知れない。

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
新宿白幡神社・結城神明神社[千葉城  寺社・史跡]

 源頼朝が安房から千葉を通過する際、結城稲荷の境内に陣を置き、源氏の白幡を立てたことから白幡大明神と称されるようになったという。

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
稲荷町稲荷神社[千葉城  寺社・史跡]

 日本武尊が東国征伐の折に駒原神社として豊宇受大神を祀ったと云われる。平常兼が大治元年(1126)猪鼻に居館を構えた際に、当社を千葉氏の守護神としたとされるが、千葉氏の千葉定住については史料の誤記の可能性が大いにある。栄福寺古文書に当社の営繕を千葉氏が執り行ったという記録があるそうで、守護神かどうかは分からないが、千葉氏の崇拝は受けていた様だ。

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
登渡神社[千葉城  寺社・史跡]

 正保元年(1644)、千葉家の遺族、登戸権介平定胤が祖先を供養するために創建したという。同時代、千葉重胤の子に千葉定胤という同名の人物がおり、同一人物かと思われる。定胤は千葉宗家の立場を継承しており、千葉氏再興を祈願した願文を香取社へ奉納していたが、慶安2年(1649)に33歳の若さで病死したという。その後、千葉知胤という人物が宗家を継承し、旗本松平勝義・甲府藩家老新見正信に仕えたが、隠居して故郷の香取郡武田村に戻った。子孫も帰農して武田村に住んだが、後に医者となり本所に移ったという。

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
阿毘蘆山大日寺[千葉城  寺社・史跡]

 千葉介頼胤が源氏三代の供養の為、建長6年(1254)に自身の館に近い松戸の馬橋に創建し、頼胤の子胤宗が千葉氏の菩提寺として弘安7年(1284)に千葉神社の南側へ移転したという。境内には、平安期の平常兼から室町中期の千葉胤将までの千葉氏16代のものとされる墓碑が現存する。

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
知東山来迎寺[千葉城  寺社・史跡]

 建治2年(1276)、千葉介氏胤が祈願寺として創建。元々は来光寺と称し道場公園付近にあったという。

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
本光山宗胤寺[千葉城  寺社・史跡]

 元寇で九州に下向していた千葉介宗胤の指示で創建。元々は裁判所の辺りにあり、隣には千葉氏の館があったと考えられている。

2020年07月23日 山内侍従伊右衛門俊胤
千葉氏館推定地[千葉城  その他]

 「御殿跡」という地名から千葉氏の館が置かれていたのではないかとされる場所。江戸時代に東金御成街道が通された際、千葉には千葉御茶屋御殿と千葉御殿の二つの御殿が置かれていたとされる。千葉御殿が置かれた地がここであるともされ、「御殿跡」は千葉氏館ではなく千葉御殿を指している可能性がある。船橋御殿や越谷御殿の様に在地豪族の館跡地が提供された例もあるので、元々千葉氏館があった地を御殿として利用した可能性も考えられるが、千葉氏が千葉を離れてより100年以上経っている為、御殿を造った頃には跡形も無く消滅していた事も考えられる。

2020年03月05日 大中臣安房守能宣朝臣
千葉城



千葉城横の茶店「いのはな亭」で、最近発売されたばかりの、猪鼻城の御城印を購入しました。なかなか立派な御城印でした。

2017年05月23日 無課金勇者征夷大将軍やなんちゅ
千葉城

昔から天守のあるお城と知ってましたが偽物だと思ってたので訪れる事はなかったのですが千葉氏関連の展示に興味を抱き初登城しました。
もちろん天守は模擬ですがこの亥鼻の地に居館を構えた時期があったらしいです。
模擬天守内は郷土博物館になっており無料で開放されてました。
3Fに房総平氏関連の資料が展示されておりスタッフの方から平将門や千葉常胤などの興味深いお話をしてもらいなかなか有意義な時間でした。
残念ながら日曜だと言うのに訪れる人は少ないみたいで博物館専用の駐車場もガラガラでしたので穴場としてはオススメです。

2016年01月15日 藤井伊賀守
千葉城

遺構は、土塁、堀切跡と、明瞭性にとぼしいですが、模擬天守の資料館が、昨年から無料になったそうです。

2012年08月20日 GINTOKI
千葉城

千葉城の郷土博物館は、主に千葉氏関連の展示が豊富!

2012年05月04日 ビバちゃん
千葉城

千葉城の中が史料館になっていて¥60と格安なのに資料もなかなか豊富でオススメです!

2010年07月21日 徳川内大臣源朝臣康武
千葉城

[武将像]千葉介常胤像
模擬天守前に鎮座。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore