御茶屋御殿(おちゃやごてん)

御茶屋御殿の基本情報

通称・別名

所在地

千葉県千葉市若葉区御殿町2、549他

旧国名

下総国

分類・構造

御殿

天守構造

なし

築城主

土井利勝

築城年

慶長19年(1614)

主な改修者

主な城主

徳川氏

廃城年

寛文年間(1661〜1673)

遺構

土塁、横堀(空堀)、虎口、土橋

指定文化財

市史跡(千葉御茶屋御殿跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

多部田城(千葉県千葉市)[2.4km]
木出城(千葉県四街道市)[3.2km]
根古屋城(千葉県八街市)[4.7km]
中野城(千葉県千葉市)[5.9km]
高品城(千葉県千葉市)[7.4km]
有吉城(千葉県千葉市)[7.8km]
千葉城(千葉県千葉市)[8.1km]
生実城(千葉県千葉市)[8.3km]
古屋城(千葉県四街道市)[8.6km]
曾我野陣屋(千葉県千葉市)[9.3km]

御茶屋御殿の解説文

御茶屋御殿は江戸初期に徳川家康が鷹狩りを行う際の休息所として造られたもの。

同様の御殿は関東にいくつかあったが、後に廃されており、この千葉市にあった御茶屋御殿も江戸初期の寛文年間には取り払われている。

だが跡地は旧態をよくとどめており、発掘調査によって様々な遺構、異物が発見されている。

御茶屋御殿の口コミ情報

2020年04月04日 甲府左京亮城介
御成街道(説明板)[御茶屋御殿  碑・説明板]



徳川家康が東金での鷹狩を目的のために、船橋御殿から東金御殿までの間をほぼ一直線に作られた天下人のための街道。佐倉藩主の土井利勝が三日三晩で造った伝承もあり、一夜街道という別名があります。
現在も陸上自衛隊下志津駐屯地から御茶屋御殿まで、ほぼ一直線です。特にこの説明板があるあたりは、当時の道幅のままであり、徳川家康の気分が味わえるかもしれません!

2019年05月12日 下沼下総守雄信
御成街道[御茶屋御殿  関連施設]



御成街道。徳川家康の鷹狩りのために造成された船橋から東金まで続く一直線の道。御茶屋御殿はこの街道途中に造られた休憩所。

2018年12月27日 下沼下総守雄信
御茶屋御殿

正方形の城郭の周囲に綺麗に土塁が残り、更にこの土塁の周囲を綺麗に空堀が残る。

城内へは南北にある土橋を通って入る。城内は更地であり、雑草が生い茂るが時々草を刈って綺麗にしている模様。

実際はあまり使用せず廃棄されたようだが、鷹狩りのためにこれだけの規模の御殿や直線道路(御成街道)の土木工事をさせた徳川家康の権勢をうかがい知ることができる施設跡である。

2017年05月05日 Nabeppu左馬頭
御茶屋御殿

周囲を空堀で囲まれており、空堀自体の深さは約4m程、堀底から土塁迄を見上げると、6〜7m位ありそう。入口は北東と南西にある。
教科書に出ている典型的な武士の館といった感じ。結構整備されてるので、そのまま時代劇の撮影に使えそう。

2016年10月30日 まー刑部卿
御茶屋御殿

県道53号線の御殿入口信号機を曲がりしばらくすると右手に『(株)千葉工業千葉支店』『RADCON FORMULA#7』の看板が見えてくる。御殿跡入り口はちょうどその看板の向かいです。曲ってすぐに御殿跡入口の標柱と説明板がある。更に進むと駐車出来るスペース有り。その先は方形郭のようになっており土塁と空堀が明瞭に残っています。御殿跡は草でいっぱいですがコンクリートで覆われた井戸の跡もありました。

2013年03月02日 はまびぃ下総守
御茶屋御殿

中は更地になっていますが、方形の敷地を囲む土塁と堀が綺麗に残っています。

2012年08月20日 GINTOKI
御茶屋御殿

四角の方形城館のような感じ土塁・空堀・土橋が残る!

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore