根古屋城(ねごやじょう)

根古屋城の基本情報

通称・別名

根古谷城

所在地

千葉県八街市根古谷丸ノ内、堀之内

旧国名

下総国

分類・構造

丘城

天守構造

築城主

円城寺氏?

築城年

享徳年間(1542〜1555)

主な改修者

主な城主

円城寺氏?、粟飯原氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

御茶屋御殿(千葉県千葉市)[4.7km]
木出城(千葉県四街道市)[5.7km]
中野城(千葉県千葉市)[6.2km]
多部田城(千葉県千葉市)[7.0km]
城城(千葉県佐倉市)[7.3km]

根古屋城の口コミ情報

雑賀様[2017年05月21日]
根古屋城の説明板のある左手が天満宮への入口です.
 
天満宮が1郭になり、向かい合い1郭と現在は一帯となっている辺りが2郭.見事な虎口がぽっかりです!
 
その南側と東側には大堀と呼ばれる堀、さらに外側には二の堀が一部残存しており(視認出来ず)主郭部分は、本来二重の堀に囲まれていたようです.
 
城址南側にあるクランクしながら北側まで続く切り通し(かつての堀底道)が、3郭の塁線の可能性が高いとのこと.3郭は現在民家になっています.
 
佐倉市との境界に当たる部分にも土塁などが各所に見受けられ、 
特に満願寺跡と呼ばれる部分は、独立した半島状の台地であり城の西側を守る出城と推測されるようです.
 
資料によると、他にも近隣に砦が複数あるので 時間を掛け歩き回るのも面白そう.
 
そんな近隣には、先のクチコミ情報の方の記載以外にも 
堀の内・ミタチ(御舘)・シメ戸といった地名が残っており 
城域は広かった可能性があるようです.
※シメ戸とは処刑場のこと

やまと相模守様[2015年09月20日]
地図の位置は民家かつ一の郭ではない模様。
道が北向の舌状になっていて西側の民家と民家の間あたりに説明板がある。

その奥に続く道は、民家の入口ぽく見えるが、一の郭である天満宮にいける。天満宮の周りには、土塁や虎口がはっきり残っている。

近隣に、西御門・七曲・丸ノ内・宮内などの住所があり、城郭との関連を伺わせる。

西御門は、西御門砦跡であり、他に丸山砦・向山砦・岡田砦・用草城などに取り囲まれいる。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore