馬加城(まくわりじょう)

馬加城の基本情報

通称・別名

所在地

千葉県千葉市花見川区幕張町3

旧国名

下総国

分類・構造

連郭式平山城

天守構造

築城主

大須賀胤信

築城年

治承4年(1180)

主な改修者

主な城主

馬加康胤

廃城年

遺構

住居跡、土坑

指定文化財

再建造物

周辺の城

実籾城(千葉県習志野市)[1.4km]
鷺沼城(千葉県習志野市)[3.1km]
小中台城(千葉県千葉市)[4.0km]
米ケ崎城(千葉県船橋市)[6.9km]
船橋城(千葉県船橋市)[7.1km]

馬加城の解説文

馬加城(まくわりじょう)は日本の城。

概要
馬加城は花見川と浜田川とに挟まれた舌状台地上に位置する。開発により遺構は消滅したが、伝承等から城域が台地上に広く取られていたものと考えられている。

歴史・沿革
馬加城の築城は、大須賀庄本郷に所領を与えられた千葉常胤の四男大須賀胤信によって治承4年(1180年)に行われたとされる。
胤信は後に埴生郡に移された。

時代は下り、室町時代後期には千葉満胤の長庶子の馬加康胤が拠り、享徳の乱に乗じて原氏と組んで千葉胤直を滅ぼし、宗家の座を襲った。事態を知った将軍足利義政が介入したため、原氏、馬加氏の支配は長くは続かなかった。

馬加城の廃城時期は不明だが、千葉胤富が天文年間に在城したとの記録があり、戦国時代後期まで維持されたものと考えられている。

馬加城の口コミ情報

横田藤原朝臣右馬助氏胤様[2017年07月02日]
例のマンションから三代王神社、武石神社の方まで台地が続いている。
北側の武石ICの所で台地が狭くなっており、舌状と言うより楕円形の半独立の台地と言った所だろうか。
この台地全体を城としていたなら、攻め難い事この上ないだろう。
馬加城から南西に行くと、大須賀山があり、山頂の塚は馬加康胤の首塚と言われている。「首塚はこの先」という衝撃的な看板がある。この大須賀山は砦だったのでは無いかと考えられているらしく、本城を守る為に海や海岸沿いを見張っていたのだろうと偲ばれる。昔の海岸線に接しているためか、貝殻が見られる。

横田藤原朝臣右馬助氏胤様[2017年07月02日]
台地端の三代王神社、ボランティアのおばあさんが8年ほど一人で清掃されているそうで、とても綺麗です。時折、境内の奥まで車を入れる人がいるそうで、タイヤ痕で境内が荒れると困るとのこと、車でいらっしゃる方は御注意下さい。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore