鷺沼城(さぎぬまじょう)

鷺沼城の基本情報

通称・別名

鷺沼館

所在地

千葉県習志野市鷺沼1-9他

旧国名

下総国

分類・構造

連郭式平山城

天守構造

築城主

不明

築城年

平安時代後期?

主な改修者

主な城主

鷺沼光義

廃城年

遺構

曲輪、腰曲輪、土塁

指定文化財

再建造物

石碑(鷺沼源太満義諸武士之碑)

周辺の城

馬加城(千葉県千葉市)[3.1km]
実籾城(千葉県習志野市)[3.6km]
船橋城(千葉県船橋市)[4.1km]
米ケ崎城(千葉県船橋市)[4.4km]
夏見城(千葉県船橋市)[4.6km]

鷺沼城の解説文

鷺沼城(さぎぬまじょう)は現在の千葉県習志野市鷺沼付近にあった日本の城。

概要
鷺沼城は習志野市役所付近から300mほど南下した下総台地上の地点にある。これは西をかつての久々田村の、東をかつての鷺沼村の谷津田に挟まれて東京湾に向けて南西に向けて突出した舌状台地の先端部西より、すなわち久々田村の谷津田を南西に向けて流れる(現在は暗渠化)菊田川が台地の縁に迫る左岸の、関東ローム層の断崖上に位置する。築城時期は不明だが、吾妻鏡に見える、石橋山の戦い後に頼朝が兵を整えた鷺沼旅館をこの鷺沼城に比定する向きがあり、この説を容れれば築城時期は平安時代に遡る事になる。その後の鷺沼城に関しても詳細は明らかではないが、千葉郡誌に正応年間(1288年-1292年)に鷺沼太郎源太光義が拠りその墓が高台の南西部に築かれたとあり、本丸内の祠がその墓であると伝わる。

城跡に建つ昭和34年建立の石碑碑文によると、六百年前の正応年間に市川城主の里見氏と鷺沼源太満義ら下総の諸将が北条氏康と戦って敗れたとあり、第二次国府台合戦に鷺沼氏の末裔が加わった可能性が考えられるが、内容がひどく混乱しており、また、前述の鷺沼太郎源太光義と読みが同じであることから、光義の事績が誤って伝わったものとも考えられる。

鷺沼城址公園
鷺沼城のあったとされる場所は現在鷺沼城址公園として整備され、一般に開放されている。同公園の敷地には鷺沼古墳群のA号墳とB号墳の2基の前方後円墳も位置しており、これらの古墳の発掘により埴輪などが出土している。武人と馬の埴輪のレプリカが飾られている。ここから発掘された埴輪は下総型円筒埴輪のほかに人物埴輪と馬の埴輪の破片が出土しているが小さな断片のみであり、このレプリカの様式であるかは不明である。

参考文献
児玉、坪井 監修『日本城郭大系6 千葉・神奈川』新人物往来社、1980年。

鷺沼城の口コミ情報

佐野式部少輔藤原朝臣氏胤様[2018年07月27日]
悪禅師、阿野全成
治承4年(1180)10月1日、鷺沼旅館に滞在する頼朝のもとに一人の男が現れる。頼朝の異母弟、阿野全成である。生き残った範頼・全成・義円・義経の4人の兄弟の内、最初に頼朝に合流したと言われる(希義は呼応を感づかれ、土佐にて討死)。全成は平治の乱の後、京都醍醐寺で出家したが、悪禅師と呼ばれる程の荒くれ者であった。治承4年、以仁王の令旨が出されると寺を抜け出し、10月1日に頼朝と対面した。同じ父の血を継ぐ者と対面し、頼朝は泣いてその志に感じ入ったという。その後、相模国府に向かう途中、平泉より到着した全成の同母弟、義経と黄瀬川で合流、兄弟3人で涙ながらにそれまでの事を語らった。全成は北条政子の妹である阿波局と結婚し、武蔵国長尾寺を与えられた。
正治元年(1199)、頼朝が死去(落馬が原因とされる)。頼家が跡を継ぐが、北条氏をはじめとする御家人が反発し、弟の実朝を担ぐ。全成は北条と同調するが、建仁3年(1203) 6月23日に頼家配下によって誅殺される。兄弟の中で最後の死であった。頼朝の死が落馬によるものとすればだが、頼朝の兄弟は、一人として天寿を全うする事はなかった。

佐野式部少輔藤原朝臣氏胤様[2018年07月27日]
三山七年祭
下総地域を代表する寄合祭りとして、三山七年祭がある。三山の二宮神社を中心に7年目ごとの丑年と未年に行われる祭りで、周辺神社を家族と産婆、子守と見なして、神輿が練り歩く。祭りの由来には、藤原師経が流れ着き、先祖の藤原時平を祭ったことや、馬加康胤妻の安産祝いなどがあるが、中心の二宮神社周辺が菊田川の水源となる湧水地であることから、元々は周辺地域の豊作・豊漁祈願祭であったのだろう。康胤については、産婆役の三代王神社が康胤妻を安産に導いたと云われており、これを祝ったものが祭りに加えられたと考えられる。気になるのは藤原師経の方で、菊田神社伝承によれば、久々田浦(菊田神社の池周辺)に流れ着いた師経を鷺沼源太光則が迎え、師経らは久々田明神に先祖藤原時平を合祀して暮らし、後に三山に移住、子孫は二宮神社の神官になったというのである。師経は鹿ケ谷事件の咎で斬首されており、下総国に居るはずがない。しかし、三山七年祭に参加する9社の内、二宮神社・菊田神社・高津比咩神社・時平神社の4社が藤原時平に関係している。もしかしたら生き残った師経の郎党が流れ着いたのかも知れない。

佐野式部少輔藤原朝臣氏胤様[2018年07月27日]
鷺沼氏の足跡
鷺沼氏が千葉一族であるかは不明。根神社の神紋が九曜紋であることから、千葉一族である事も考えられるが、源太宮の古墳と、根神社の創建が承平年間(931~937)と千葉氏の支配が完全に確立する以前である事から、古墳時代以前にこの地に発生した豪族が千葉氏に臣従したものと見える。
鷺沼氏の大まかな足跡を推察する。千葉家臣鷺沼氏は源頼朝挙兵の折、その拠点を提供。その後も鎌倉、室町と鷺沼を領していた。享徳の乱の折、馬加康胤に臣従していた鷺沼氏は、千葉氏の内乱に馬加配下として参戦。康胤死後は原胤房配下に入ったものと思われる。しかし、永正14年(1517)に小弓公方足利義明によって生実城が落城すると、原氏は家臣高城氏の拠点小金に落ち延びる。公方勢と原勢は小金にて合戦に及んだ痕跡があり、義明は下総北西部まで圧力をかけていったものと考えられる。この圧力に鷺沼氏は屈し、寝返ったのだろう。小金での合戦後、小康状態が続き、鷺沼には木村十太夫が置かれた。鷺沼氏は父祖の地を離れ、義明配下となったと考えられる。第1次国府台合戦に敗れた後は、義明遺族とともに里見氏を頼ったか、滅亡したか。

佐野式部少輔藤原朝臣氏胤様[2018年07月27日]
鷺沼に関する記録
鷺沼城及び鷺沼氏に関する記録は少なく、そのどれもが確証のないものである。初めて「鷺沼」の名が歴史に登場するのは平安末期で、「吾妻鏡」にて治承4年(1180)10月、再起を図る源頼朝が「鷺沼御旅館」に滞在したと記されている。この「鷺沼」とは葛飾区新宿の事であるともされ、正確な場所はわからない。習志野の鷺沼を領していたのは千葉氏家臣の鷺沼氏とされ、鷺沼氏が次に登場するのは室町時代、享徳の乱である。寺崎城の合戦の伝承にて馬加康胤の家臣として鷺沼兵庫が見える。更に「房総里見軍記」「関八州古戦録」などに、鷺沼源吾・鷺沼源太・鷺沼七郎兵衛の名が見える。こうした軍記物語は後世書かれた物であるので、やはり真偽のほどは明らかでないが、これらによると、鷺沼氏は国府台合戦において里見氏に加わり、参戦したという。「常総軍記」では千葉勝胤家臣として「鷺沼に木村十太夫」が配置されていたと記されている。千葉介勝胤の五男胤祐が木村加賀守と称した事に始まる木村氏だろうか?胤祐は永正18年(1521)7月28日の里見氏との戦いで、先陣に立って活躍し感状を授けられたという。

佐野式部少輔藤原朝臣氏胤様[2018年07月27日]
鷺沼城はかつての海岸線沿い、海岸段丘上にあったとされている。すぐ傍に菊田遊歩道があり、ここに菊田川が流れていた(現在は暗渠化)。そのため、遊歩道側は10mを超える崖となっている。反対側には根神社や慈眼寺がある。鷺沼城と根神社は同じ台地上にあるが、両者の間には切通しが造られており、道路として利用されている。これに関して、遺構を利用したものであるという考えをいくつか見たが、後世の土地整備で造られたものである。海岸段丘の沿岸部で側を川が流れているという地形以外に城郭を思わせる遺構はない。鷺沼ガス供給所の建設時に整地されたのだろう。公園内には前方後円墳が二基あり、六世紀後半~六世紀末のものと見られている。古墳の石棺には南房総の石が使われており、古墳時代からこの地に豪族がいたこと、他地域と関わりがあったことが分かる。

ビバちゃん様[2012年03月07日]
城の面影はほとんどないですが公園内の古墳から発見された石棺が見る事が出来ます。春は桜が園内に植えてあるのでまったり花見出来て良いと思います (^-^)v

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore