大椎城(おおじいじょう)

大椎城の基本情報

通称・別名

所在地

千葉県千葉市緑区大椎町

旧国名

上総国

分類・構造

連郭式平山城

天守構造

築城主

平忠常

築城年

平安時代後期

主な改修者

主な城主

千葉氏、酒井氏

廃城年

天正18年(1590)?

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、帯曲輪

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

土気城(千葉県千葉市)[3.5km]
本納城(千葉県茂原市)[5.5km]
犬成城(千葉県市原市)[6.7km]
中野城(千葉県千葉市)[7.1km]
有吉城(千葉県千葉市)[9.0km]

大椎城の解説文

大椎城(おおじいじょう)は日本の城。

概要
大椎城は平安時代中期、平高望の曾孫にあたる平忠常により築かれ、その後長らく千葉氏を称した平忠常の後裔が拠った。

歴史・沿革
平安時代中期に平忠常によって築かた。
長元元年から長元4年にかけての平忠常の乱はこの大椎城を拠点として戦われた。平忠常の乱は長期間に渡ったが、源頼信が追捕師として下されると、忠常は出家し、子の常将・常近は甲斐国の源頼信の下に赴き降伏した。
平忠常の乱後、常将の後裔千葉氏は引き続き大椎城に拠り、源氏方として前九年の役等で活躍した。
大治元年、千葉常重が千葉城を築き、本拠を移したが、その後も千葉氏の一族が拠った。
15世紀中頃になると、酒井氏の勢力が伸張し、大椎城は同氏の拠る所となった。
天正18年、小田原の役により酒井氏が滅亡し廃城となったとされる。

構造
大椎城は村田川支流により刻まれた谷に挟まれた半島状台地の先端に占地し、湧水により尾根の繋がりも開析されている天然の要害となっている。城域は、この独立性の高い台地上全体に渡っている。

城域の内部は四つの郭が直線的に並ぶ構造となっており、それぞれの郭の間に空堀が掘られている。一の郭は内部が折れを伴う空堀で更に区画されており、戦国時代の特徴を示す。また、一の郭の西側斜面には複数の郭が存在し、一の郭直下の郭は両谷に向けた突出部を構成すると共に、南側に廻り帯郭を形成している。

城域の各郭は削平が甘く臨時性が強い。現在城域の南側に大椎集落が形成されているが、この南麓に居館が設けられてものと考えられている。

考古資料...

大椎城の口コミ情報

みぃ釆女佑様[2016年05月03日]
かなり近くまで行ったものの入り口がわからず断念しました(>_<)

藤井伊賀守様[2016年01月08日]
あすみが丘第八緑地が城跡になります。緑地の入り口から遊歩道がありますが、やや、ヤブ化しています。

登り切ると、横矢掛の堀切がみごと。二郭の高い土塁など見応え満点!

千葉市では、屈指の城跡です。

なお、現在は市有地のため、自由に見学できるようです。

奥州王毘沙門天山城守乱丸様[2012年01月18日]
民家の軒先を通って行った記憶があります

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore