松井田城(まついだじょう)

松井田城の基本情報

通称・別名

所在地

群馬県安中市松井田町新堀

旧国名

上野国

分類・構造

山城

天守構造

不明

築城主

安中忠政

築城年

永禄元年(1558)

主な改修者

主な城主

安中氏、大道寺氏

廃城年

不明

遺構

曲輪、土塁、堀切、虎口

指定文化財

市史跡(松井田城安中郭跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

坂本城(群馬県安中市)[8.2km]
安中城(群馬県安中市)[9.4km]
富岡城(群馬県富岡市)[11.5km]
里見城(群馬県高崎市)[11.7km]
小幡陣屋(群馬県甘楽郡)[15.1km]

松井田城の解説文

松井田城(まついだじょう)は、上野国碓氷郡(現・群馬県安中市松井田町高梨子)にあった戦国時代の山城である。諏訪城・小屋城・霞ヶ城・堅田城ともいわれる。

概要
松井田宿北方の尾根にある山城で、城の北側には碓氷道・東山道が通り、南側には中山道が通る交通の要衝に位置する。また碓氷峠に備える役割も担っていた。

南北1km・東西1.5kmに広がる城で、東西に伸びた比高130mの尾根を城郭化している。また、断崖の南側に対して北側はなだらかな枝尾根が尾根から手指のように伸びており、この枝尾根も城郭化されている。東端に浅間出丸、尾根東半分には安中郭、西半分には大道寺郭があり、「別城一郭」の複合城郭を成している。東の安中郭が安中氏時代のもので、大道寺郭は後北条氏時代に築城されたものである。

築城は永禄初年、1560年頃とみられているが、既にこの地には城が存在した。安中忠親の松井田西城と諏訪氏の諏訪城である。長享元年(1487年)に安中忠親が城主としてあり、その子・忠清が安中城を築城したが、その際に忠政は子・忠成を安中に置き、自身は松井田城を改修し居城としたという。安中氏の行動は武田信玄の西上州進出に対抗したものであり、この時本格的に整備されたと考えられる。
永禄7年(1564年)、松井田城は武田氏の攻勢で開城し、武田方のものとなった。城主安中忠政は自害したとも降伏したとも伝わる。

天正10年(1582年)、武田滅亡直後に後北条氏が松井田を占拠するが、すぐに織田信長方の滝川一益の軍に奪取された。しかし本能寺の変で信長が死去し、神流川の戦いで一益が後北条氏に破れ上州から撤兵すると、松井田城は後北条氏が再び占領し、城主には大道寺政繁が入った。後北条氏は天正壬午の乱において信州進出を果たせず、碓氷峠が後北条領国の境界になったため、政繁は松井田城を大改修している。現在残る遺構はこの改修後のものである。

天正17年(1589年)小田原の役が起こると、豊臣秀吉の命で前田利家、上杉景勝、真田昌幸らを中心とする北国勢が松井田城を攻撃した。しかし数千の兵が籠る松井田城は3月20日の総攻撃でも落城せず、持久戦が行われることになった。この結果、約1ヵ月後の4月22日に城代大道寺政繁は降伏し、松井田城は豊臣側に明け渡され、廃城となった。

現在、大道寺政繁の居館跡には、政繁の菩提寺たる補陀寺が存在する。

参考文献
平井聖〔ほか〕編集 『日本城郭大系』第4巻、新人物往来社、1979年
安中市市史刊行委員会編 『安中市史』第2巻(通史編)、安中市、2003年。

松井田城の口コミ情報

まー武蔵守様[2016年03月06日]
昨日久しぶりに訪れました。駐車場は横川方から国道18号で行くと左手に蕎麦屋がありそこの側道を下りて左折し道なりに行くと登城口に当たり更に左折し道なりに行きますが車一台分の幅で途中まで行かないとすれ違うことが出来ませんがこの時期はすれ違うことはありませんでした。駐車場からしばらく歩くと堀切があり大手門跡に出れます。更に進むと水の手と本丸跡の表示板に出れますが左手の水の手に行くといいです。その分岐点から約300mほど歩くとあります。更に進んでいくとそのうち上っていくと枡口や安中郭の二の丸、本丸に出れます。その後下ったり上ったりで二の丸、本丸跡に進めます。駐車場に戻る時は本丸と二の丸の堀切のところに下に降りる道があるので進んでいくと門跡があるのでそこを下っていくと先ほどの分岐点にぶつかります。この時期は杉花粉が服にまとわりつくので花粉症の人にはつらいかもしれません。

león飛騨守氏郷様[2015年11月07日]
信越線西松井田駅から10分程の補陀寺裏手から登城しました。
こちらからだと松井田城の目玉と言える、土塁と堀が幾重にも連なる連続空堀に近いです。
しかし先人の口コミにもあります駐車場がある東側入口よりかなり道が悪かったのでご注意を。
城跡は全体的に藪の侵食が進んでいるので軽装だと辛いかもしれません。
また二の丸から西側の連続空堀に下りるにはほぼ崖と言える急坂を下らなければいけないので、足元もトレッキングシューズ以上をお勧めします。
しかし遺構は上記の連続空堀の他にも、大手門跡から北に延びる郭群にある連続竪堀や、多くの郭間にはっきり残る堀切等、今まで登城した山城の中でもかなり素晴らしいものでした。
山城に慣れた方だと文句無しに楽しめると思います。

また安中郭には大道寺政繁居城記念碑が、麓の補陀寺には大道寺政繁の墓があります。

雪風上野介@第16駆逐隊様[2015年01月24日]
小さい案内板を曲がって細い山道を少し登ると登城口に着きます。
そこに車数台が停められるスペースがあります。
整備されてる城趾公園のつもりで登るとキツイです。
登城コースは、細い山道や滑りやすい苔むした道がありますので、登山靴等の装備をお勧めします。
また、本曲輪から二の曲輪、連続竪堀に向かう堀切で、かなり急な所があるので、気を付けて進んでください。
倒木や枯れ葉の堆積もあり、木の伐採や下草処理もあまり行われていないようで、道が悪いです。
私自身、ゆっくり回って軽く迷いながらおよそ2時間かかりました。

三日陸奥守落人様[2014年07月25日]
国道18号松井田バイパスから脇道に入ると「松井田城跡弓道場」があり、そこから更に進んだところに登城口を示す案内板があります。
ただ、案内板は木で隠れていて見過ごしやすかったので慎重に見つけて下さい。

城跡の近くに駐車スペースがあって車で登って行けますが、案内板から先の道はよくないのでこれまたご注意を。

城跡からの眺めはなかなか壮観。
中仙道と城下がはるか下に見え、妙義山の奇怪な山容が拝めます。

傾奇揚げ仙兵衛様[2012年04月24日]
花の慶次「焔」では何度も攻めた場所
大導寺政繁なかなか手強い

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore