小高城(おだかじょう)

小高城の基本情報

通称・別名

所在地

茨城県行方市小高御城

旧国名

常陸国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

小高為幹

築城年

建久3年(1192)

主な改修者

主な城主

小高氏、北義憲、大山義則

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

津賀城(茨城県鹿嶋市)[9.5km]
中居城(茨城県鉾田市)[9.7km]
島崎城(茨城県潮来市)[10.0km]
阿波崎城(茨城県稲敷市)[11.0km]
芹沢城(茨城県行方市)[12.3km]
神宮寺城(茨城県稲敷市)[13.2km]
鹿島城(茨城県鹿嶋市)[15.3km]
宍倉城(茨城県かすみがうら市)[15.7km]
木原城(茨城県稲敷郡)[16.7km]
江戸崎城(茨城県稲敷市)[16.8km]

小高城の口コミ情報

2019年06月23日 愛甲左京大夫【北天の彗星】
小高城



内御城の北西側には空堀を挟んで小さな帯曲輪らしきがあり、ここも堀切等で防御されています。浄光院のある方向からの攻撃に備えていたのでしょう。★道には虎口らしきがあリますが、しばらく下ってゆくと森の中に消えていて、今は浄光院方面からは登れないようです。

2019年06月11日 愛甲左京大夫【北天の彗星】
小高城



内御城の東側にも深い空堀が走っていて、その南端近くには横矢がかりらしい張り出しも出ていて、戦国時代らしい軍事要塞の顔を垣間見せています。★この空堀からは東隣の万台と呼ばれる郭に登る虎口があります。万台は完全な森で下草に埋め尽くされた強烈なヤブですが、周囲の土塁はガッチリ残っています。

2019年06月09日 愛甲左京大夫【北天の彗星】
小高城



めくるめく遺構の世界は内御城、万台という2つの郭とその周りですが、完全な森で、落ち葉が積もる上に草も深く、足場は悪いです。内御城を取り巻く空堀ははっきりした薬研堀で深さも幅もあり、忘れられた土木遺構の雰囲気たっぷりです。★内御城、万台といった郭の名前は現地には全く表示がありません。現在地の把握は怠りなく…

2019年06月09日 愛甲左京大夫【北天の彗星】
中城[小高城  遺構・復元物]



小高城に入るには、先人の情報どおり城址の説明板のところから畑の中の道を入っていきます。300mほどでこの中城と呼ばれる郭に着きますが、完全な畑です。手前には空堀が走っているようですが、酷いヤブで内部を覗うのは無理でしょう。★道はさらに東に伸びて森の中に入っていき、間もなく内御城の空堀に入ります。

2016年10月19日 まー刑部卿
小高城

県道50号沿いにある『かすみ薬局』向かい側の道に入ると小高城跡の案内板まで道なりに進むことができる。

2016年10月19日 まー刑部卿
小高城

地図に位置されてるとおりに行き舗装された道路をひたすら進むと案内板がある。(それを知らずに城跡の周りを一周し時間をロスしていた。)その前に一台分駐車出来る。そこから畑に行く道をひたすら進む。軽自動車なら行けるが農作業の方の車の邪魔にならないよう歩くのが良いです。畑の間を進むと空堀と上(二の郭)に行く分岐点がある。空堀を進むと本郭に着く。二の郭の周りに空堀が良好な状態で残っている。本郭は四方を土塁に囲まれているが本郭中心部は藪で覆われている。本郭の土塁を辿ってみたら倒木や蜘蛛の巣に憚れてはいたが何とか一周出来た。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore