神宮寺城(じんぐうじじょう)

神宮寺城の基本情報

通称・別名

所在地

茨城県稲敷市神宮寺830他

旧国名

常陸国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

東条氏

築城年

南北朝時代

主な改修者

主な城主

北畠氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

県史跡(神宮寺城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

阿波崎城(茨城県稲敷市)[4.3km]
江戸崎城(茨城県稲敷市)[4.5km]
木原城(茨城県稲敷郡)[10.2km]
塙城(茨城県稲敷郡)[11.3km]
小高城(茨城県行方市)[13.2km]
大崎城(千葉県香取市)[14.3km]
長沼城(千葉県成田市)[14.3km]
島崎城(茨城県潮来市)[15.0km]
小坂城(茨城県牛久市)[15.4km]
本矢作城(千葉県香取市)[15.9km]

神宮寺城の口コミ情報

2021年07月05日 国府相模守城介
高田神社[神宮寺城  寺社・史跡]



南北朝時代には南朝に属した東条庄第一の総鎮守

【歴史】
・承平年間(931~937)に、紀伊の熊野大社の分霊を勧請し、平将門の乱の平定を祈願するために創建。
・寛治年間(1087~1093)に勅願所となり、東条庄第一の総鎮守。
・文治年間(1185~1189)に、源頼朝が奥州平定を祈願し東条庄500町歩を寄進。
・延元3年(1338)、南朝方の北畠親房が神宮寺城に籠城した際に味方をするが、北朝方に神領を没収。
・慶長7年(1602)、徳川家康から社領として257石の御朱印地を寄進。
・明治4年(1871)に郷社となる。
(高田神社の説明版、稲敷市のHPより抜粋)

【遺構】
神宮寺城から西に2.1kmに位置し、比高20mほどの舌状台地にある神社です。
祭神は伊邪那岐命など八柱。

南北朝時代には北畠親房に加勢したこともあり、城郭としての遺構も残っている。周囲は天然の切岸となっている急峻な地形となっており、天然の要害となっている。また、駐車場がある所は一段窪んだ地形となっており、郭のように感じる。また、社殿の背後には高さ2m程の土塁があり、その先にも長形の土塁上の地形がある。

なお、この高田神社の東側に神主さんの家があり、そこには城の遺構が残っているという。(未確認)

【感想】
神宮寺城から江戸崎城に向かう途中で、立派な鳥居(冠木門?)があったので立ち寄ってみたら、まさか思わぬ出会いをしてしまったという感じです。南北朝時代、戦国時代といった戦乱を生き延びた神社だけあって、要害としての部分もしっかりと残っています。特に西側の切岸は高さもあり、緩やかに曲がりながら落ちていくので、攻撃側からすると攻めにくい地形となっています。
全く予定がなくリア攻めしたため、見落としている箇所はあるかもしれません。しかし、個人的には訪れて損はないかと思いますので、この方面にリア攻めするのであれば、是非訪れてみてください。

【アクセス】
神宮寺城から徒歩30分。江戸崎城から徒歩40分。
公共交通機関としては、バス(龍ヶ崎発・佐原発など)がありますが、どちらも本数が少ないので、稲敷市のHPで調べてください。

【写真】
1:高田神社の鳥居
2:社殿
3:社殿背後の土塁
4:社殿の北側にある土塁
5:東側の切岸
6:西側の虎口
7:西側の切岸

2021年06月20日 千葉相模守早雲
神宮寺城



県道107号沿いに表示板があり、数台止められる駐車スペースがあります。

城域に向かうと空堀と土塁がお出迎え。虎口から郭に入れます。
郭は土塁に囲まれていますが、奥にも虎口があり、土橋で奥の郭に続いています。こちらは竹藪でした。

2020年11月24日 伊勢常陸介新九郎宗瑞
神宮寺城



ナビで表示されたので行ってみました。入り口に看板がたってます。砂利駐車場で車2~3台停められます。石垣はないようですが堀や土塁が確認できます。

2020年09月21日 kazuyou大蔵大輔
神宮寺城



城跡入口に説明板と神宮寺城跡の看板が建っているので、すぐわかります。駐車スペースがあり車を停められます。ここから、土塁が見えるので分かりやすいです☝️トイレ🚻はありません。土塁の上に、北畠准后唱義の処と刻まれた碑が建っています。

2020年01月20日 独眼竜左近衛少将
神宮寺城



空堀と石碑、おそらく屋敷があったであろう敷地があるのみですね

2017年07月25日 立花飛騨守
神宮寺城

土塁と空堀が良く残っています。

2016年04月17日 平 大宰帥 泰次郎 將門
神宮寺城

国道125号より、神宮寺丁字路を県道107へ入り250m程の左側に看板と説明書あり。入口に車が2~3台の駐車スペースはありますがトイレはありません。
奥の林が城郭になります。近づくと見事な空堀と土塁がお出迎え
最初の郭は2m程の土塁に囲まれた林で、更に奥に土橋、その先にも郭があり広さもあるため主郭とおもわれますが、かなりの竹林です。竹に阻まれ写真では表現出来ないですが、見る価値のある土塁と空堀が存在します。

2015年09月19日 大宰大弐道灌?!
神宮寺城

正直あまり期待してなかったのですが、以外にも立派な土塁と空堀♪(^^)

もう少し良く見学したい所でしたが、日没間近で薄暗い為に断念!!(^^;

また後日に再リア攻めしたいなぁ~…と思える城跡でした♪(^^)

2013年05月19日 さがみ常陸介
神宮寺城

倒されていた石碑は直されていました。
空堀は割りと良く残ってます。

2012年01月05日 足軽越中守一歩
神宮寺城

2012/1/5
まだ、地震の影響で石碑が倒れたままでした。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore