徳宿城(とくしゅくじょう)

徳宿城の基本情報

通称・別名

龍替城

所在地

茨城県鉾田市徳宿本郷

旧国名

常陸国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

徳宿親幹

築城年

平安時代後期

主な改修者

主な城主

徳宿氏

廃城年

遺構

曲輪、腰曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(徳宿城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

芹沢城(茨城県行方市)[9.9km]
松川陣屋(茨城県東茨城郡)[10.9km]
中居城(茨城県鉾田市)[11.9km]
小幡城(茨城県東茨城郡)[13.7km]
小高城(茨城県行方市)[16.8km]

徳宿城の口コミ情報

田部朝臣土持安房守様[2018年01月06日]
車は路駐しか方法なし。現入口として切り開かれた説明の書かれた案内板より少々坂を下った所が、多少道が広いので、そこに置くのが良いと思う。
案内板の所からクランクで、本丸にのぼれる。本来は徳宿本郷側から入るのが正しいルートだろうが、車で行こうとすると、かなり狭く、行き違うのが無理な幅なので、残念ながらそうするしかないので。
本丸廓の半分は藪に覆われていて、元の形状は殆ど見通せない。
社殿の近辺は簡単に下の廓が見おろせる。逆を言うなら、土塁が殆ど削れて消えている。
ニの廓との間の堀切は良く残っていて、堀底が同時に本丸廓を囲む廓になっている構成が見れるが、やっぱり藪が凄く、ぐるっと廻るのはかなりの困難。
二の廓の北の堀切も良く残っている。

まー宮内卿様[2016年10月19日]
徳宿城石碑及び案内板を通り過ぎると少し道路が広くなるところがあったためそこに駐車。石碑のあるところまで戻る途中に空堀が見えた。石碑及び案内板から入り上って行くと神社がある。神社の脇に『徳宿氏事跡考碑』がある。ここが本郭だったが奥は藪で立ち入ることが出来ず先ほど見た空堀を観に行くと何故かメロンが大量に捨てられていた。鉾田市はメロンの産地。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。