徳宿城(とくしゅくじょう)

徳宿城の基本情報

通称・別名

龍替城

所在地

茨城県鉾田市徳宿本郷

旧国名

常陸国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

徳宿親幹

築城年

平安時代後期

主な改修者

主な城主

徳宿氏

廃城年

遺構

曲輪、腰曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(徳宿城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

芹沢城(茨城県行方市)[9.9km]
松川陣屋(茨城県東茨城郡)[11.0km]
中居城(茨城県鉾田市)[11.9km]
小幡城(茨城県東茨城郡)[13.7km]
小高城(茨城県行方市)[16.8km]
飯沼城(茨城県東茨城郡)[17.0km]
津賀城(茨城県鹿嶋市)[17.2km]
祝町向洲台場(茨城県東茨城郡)[17.8km]
宍倉城(茨城県かすみがうら市)[18.7km]
吉田城(茨城県水戸市)[19.5km]

徳宿城の口コミ情報

2021年05月13日 水天一碧
徳宿城



主郭周りを隅々まで歩いてみました。

①主郭の切岸と腰郭。
②主郭の切岸沿いに歩くと、虎口らしき切れ目がある。ここに来るまでヤブを乗り越えたり竹をバキバキにする羽目に。
③疑惑の虎口らしきものを振り返って見てみる。
④主郭はもちろんヤブ(神社の辺りは綺麗なんですがね…)。
⑤主郭の土塁。この土塁の残り具合が、自分が見てきたヤブだらけのお手入れがされていないお城としては良好で感動。主郭を綺麗に取り巻いている状態。この日はまだ土塁ウォークがしっかりできた。夏はこの位置に辿り着けないかも。
⑥腰郭に下りてみる。
⑦二郭の真ん中らへんと木橋で繋がっていた…かもしれない虎口。写真じゃ全くわからないが空堀挟んで二郭が見えた。
⑧駐車場がないです。自分は、城址案内板のある道とは、違う道にスペースを発見し駐車しました。カーブミラーのところの道を曲がると、そこから城址案内板のある道に出られます。

わざわざ主郭のヤブ方面に行かなくても、先人様たちのお写真のとおり、土橋で堀で土塁で充分すぎるぐらい楽しめます✨

鉾田市はいいお城が揃っています。
ほかのお城もぜひ訪ねてみてください。

オススメです。

2021年04月28日 水天一碧
三階城[徳宿城  周辺城郭]



三階城への行き方です。

ファーマーズマーケットなだろうの少し先、パチンコ店の手前の辺り、県道二号線にしっかりした看板が出ています。そこを曲がり農道を行くと、城址案内板と入口にたどり着きます。
駐車場はなく、農道に駐めるか、どこか場所を見つけて駐めてきて、ひたすら歩いてくるしかないです。
農道に駐める場合は、農家さんが仕事をする季節に道を塞がないように気をつけてください。
普通車で行けますが回すのはきついと思います。

城址は一層、二層、三層と輪郭の、名前のまんまの三階建てで、だいたい3周すればいいので、全て見て歩くのに時間はかからないです。
城址はまあまあ藪の箇所もあるんですが行けない藪ではないですし、ところどころ微妙に手入れもされているようでした。
写真で見るよりも現地は意外と良好です。

オススメです。

2020年10月18日 龍馬備中守【】
三階城[徳宿城  周辺城郭]



茨城県の鉾田市にある三階城♪

三階城は鉾田川東岸の北西に突き出した段丘端に築かれてます♪現在回りは田園風景ですが往時は低湿地帯になっていたと思われます☆

この城は安房氏によって築かれたと伝わります♪安房氏は徳宿城主の徳宿秀幹の嫡男である徳宿俊幹が安房に配されて名前を変えて安房氏の祖となります☆
安房氏は上杉禅秀の乱に参加して討死し滅亡してしまいました☆その後、三階城には鹿島氏の老臣・額賀大炊助が居城しました☆

城としては山頂の主郭を同心円状に取り巻く様に副郭、横堀、三郭と円を描く様に守りを固めます☆主郭、副郭の下にはそれぞれ横堀がグルリと回り主郭に対して高低差をつけます☆

2018年01月06日 田部朝臣土持安房守
徳宿城

車は路駐しか方法なし。現入口として切り開かれた説明の書かれた案内板より少々坂を下った所が、多少道が広いので、そこに置くのが良いと思う。
案内板の所からクランクで、本丸にのぼれる。本来は徳宿本郷側から入るのが正しいルートだろうが、車で行こうとすると、かなり狭く、行き違うのが無理な幅なので、残念ながらそうするしかないので。
本丸廓の半分は藪に覆われていて、元の形状は殆ど見通せない。
社殿の近辺は簡単に下の廓が見おろせる。逆を言うなら、土塁が殆ど削れて消えている。
ニの廓との間の堀切は良く残っていて、堀底が同時に本丸廓を囲む廓になっている構成が見れるが、やっぱり藪が凄く、ぐるっと廻るのはかなりの困難。
二の廓の北の堀切も良く残っている。

2016年10月19日 まー刑部卿
徳宿城

徳宿城石碑及び案内板を通り過ぎると少し道路が広くなるところがあったためそこに駐車。石碑のあるところまで戻る途中に空堀が見えた。石碑及び案内板から入り上って行くと神社がある。神社の脇に『徳宿氏事跡考碑』がある。ここが本郭だったが奥は藪で立ち入ることが出来ず先ほど見た空堀を観に行くと何故かメロンが大量に捨てられていた。鉾田市はメロンの産地。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore