須古城(すこじょう)

須古城の基本情報

通称・別名

高城、隆城

所在地

佐賀県杵島郡白石町大字堤字堤

旧国名

肥前国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

平井氏

築城年

天文年間(1532〜1555)

主な改修者

龍造寺隆信

主な城主

平井氏、龍造寺氏

廃城年

遺構

曲輪、石垣、横堀跡

指定文化財

再建造物

周辺の城

おつぼ山神籠石(佐賀県武雄市)[4.4km]
潮見城(佐賀県武雄市)[5.7km]
常広城(佐賀県鹿島市)[6.7km]
佐留志城(佐賀県杵島郡)[8.0km]
塚崎城(佐賀県武雄市)[8.2km]
梶峰城(佐賀県多久市)[8.2km]
鹿島城(佐賀県鹿島市)[8.6km]
蟻尾城(佐賀県鹿島市)[10.3km]
陣の森城(佐賀県小城市)[12.2km]
湯野田城(佐賀県嬉野市)[14.9km]

須古城の口コミ情報

2021年09月20日 織田上総介晃司
須古城

車は須古小学校となりの三近堂コミュニティセンターに停めることができます。パンフレットもありますのでゲットしましょう。

駐車場から登城口があります。
一見こぢんまりした山で順路もあり軽装で大丈夫…
と思えますが、石垣を見ようとすればデンジャーゾーンに踏み入るようになりますので、そこそこの装備が必要となります。

2021年05月16日 龍馬備中守【】
小島城[須古城  周辺城郭]



佐賀県の白石町にある男島城☆呼び方によっては小島城とも呼びます☆龍造寺隆信の4度の猛攻により落城した平井氏の居城・須古城の支城になります☆
須古城の周辺には幾つか支城群が在って東側にこの【男島城】西側に【杵島城】と佐賀平野の中に独立丘が2つ残ります☆
往時、杵島城のある須古城の西側は百町牟田という低湿地帯に兵の展開は容易ではなく敵の侵攻ルートとなっていた東側の男島城が須古城を守る重要な拠点になっていました♪

第4次須古攻めによって須古城は落城してしまいます☆守るは平井刑部☆
攻め手は龍造寺隆信の異母弟「龍造寺信周」が約2千の兵を率いて男島城を攻撃☆
龍造寺隆信の重臣である鍋島直茂は北側で須古城の正面から攻撃に参加しました☆

第4次に至るまで、攻められた須古城☆それに支城群☆長く続いたこの戦いは須古城、男島城、杵島城の3つの城郭は強く連携を図り攻め手目線からは立地がいかに厳しかったかを物語ってます☆

杵島城側は低湿地帯になっている以上は須古城とこの男島城の間に城下町、集落を形成して須古城周りを守っていたんでしょうね☆(現在もこちら側に集落があり)
男島城から須古城に向かう途中に乱れ橋という橋が残ります☆
ここで数多くの犠牲者が出た様でこの名前が付いたと伝わります☆
即ち、須古城は男島城がある東側から崩れていったという事なんでしょう☆
その後は須古城は龍造寺隆信の隠居城となっていきます☆

遺構は削平地のみです☆ただ、見張るだけ、ただ、戦うだけの高まりだったのかな〜??

Google先生よりw黒マルの囲いは【杵島城】中央に須古城で西に【男島城】矢印の所にあるのは龍造寺の陣城で鍋島直茂の侵攻ルートは北側からです☆

2021年05月16日 龍馬備中守【】
杵島城[須古城  周辺城郭]



佐賀県の白石町にある杵島城☆須古城の西側を守る支城は独立丘の上に存在しました♪現在は杵島神社が在って須古・鍋島家を祀っています☆
城主・平井氏の支城群は西側に立地していて往時、百町牟田という低湿地帯が広がっていました☆

この肥前・平井氏は中九州の大友氏、南九州の島津氏と並ぶ鎌倉時代以来の三守護家で北部九州の大部分に太宰府を統括した名族「少弐氏」の同族になります☆肥前・千葉城の千葉氏の家臣になって有馬氏に支え、この地へ配された事に始まります☆
戦国時代には須古周辺を支配していて1万余騎を従える地域の一大勢力を誇ったと伝わります☆

婚姻によって杵島の地にいた平井経則は有馬氏に寝返りました☆千葉氏や更には本家・少弐氏とも対立していく位に勢力を拡大しました♪北部九州の覇者となる龍造寺隆信から4度に渡る【須古城の戦い】の攻防を受けてしまい落城し滅亡しちゃいました☆

残された平井氏の遺児達はその後肥前国を治めていく鍋島直茂により鍋島家で召し抱えられました☆その末裔様は蓮池・鍋島藩に末長く仕えました☆

遺構は削平地のみ☆
独立丘の下は湿地帯の名残を残します☆
本城の須古城♪バッチリ見える場所です☆石垣、石積みは神社のものかな〜??

2021年01月03日 こにゃんこ武将
須古城

小学校裏の駐車場からリア攻め開始です。本丸までは10分かからずにつきますが途中振り返ると眺望の良さに行軍速度が落ちるので注意が必要です。本丸は広く、一時とはいえ龍造寺領国の中心地にふさわしいお城だなぁと感じました。本丸から佐賀平野を見渡せばこのお城を欲してやまなかった戦国大名龍造寺氏のお気持ちに近付けた気がしました。たぶん気のせいですね。

2020年12月07日 鬼羊大学助与六
須古城

以前訪れた時からさらに整備されており、まわりやすかった。石垣や石塁とかはなかなか見にくいです。矢穴が残る石や見どころは沢山あります。

2019年06月19日 虹雷 大宰大弐 サンダー
須古城



龍造寺隆信時代の石垣。曲輪B、かなり危険なゾーンです。ずいぶん手入れしてありますご、全体的に竹が凄いことになってます。底の薄い靴は危険です。登山用のシューズで!

2011年11月12日 鷹征夷大将軍鍛治
須古城

須古高城(別名、隆城)は有馬家家臣平井氏の居城です
須古小学校に隣接する須古三近堂コミュニティセンター裏の駐車場から登城出来ます

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore