鹿島城(かしまじょう)

鹿島城の基本情報

通称・別名

鹿島新城、鹿島館、鹿島陣屋、高津原屋敷、高津原館

所在地

佐賀県鹿島市高津原字城内(鹿島高校)

旧国名

肥前国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

鍋島直彜

築城年

文化4年(1807)

主な改修者

主な城主

鍋島氏

廃城年

明治7年(1874)

遺構

門、櫓、石垣、横堀(水堀)

指定文化財

県指定(赤門、大手門)

再建造物

説明板

周辺の城

常広城(佐賀県鹿島市)[2.1km]
蟻尾城(佐賀県鹿島市)[2.1km]
須古城(佐賀県杵島郡)[8.6km]
おつぼ山神籠石(佐賀県武雄市)[8.9km]
潮見城(佐賀県武雄市)[8.9km]

鹿島城の解説文

鹿島城(かしまじょう)は佐賀県に存在した平城。

立地・構造
佐賀県鹿島市の多良岳の北東にある山地東端の、鹿島川に面する丘陵上に位置した。外郭は南北650m・東西370mで、本丸は南側の高所にあり高津原屋敷や鹿島館と呼ばれた。現存する大手門と赤門は佐賀県重要文化財に指定されており、本丸南には武家屋敷も残っている。

歴史
佐賀藩の支藩である鹿島藩は初代・鍋島忠茂から9代・直彝まで常広城にいたが、鹿島川と塩田川の間の沖積地のため水害を受けることが多かった。このため直彜は文化元年(1804年)に幕府と本藩に移転を願い出て、翌文化2年(1805年)5月に許可を得た。常広城の居館を移転し、文化4年(1807年)に鹿島城は完成している。

その後1874年(明治7年)の佐賀の乱の際に鹿島城は焼失した。現在、跡地は佐賀県立鹿島高校や旭ヶ岡公園になっている。

参考文献
角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典(41.佐賀県)』、角川書店、1982年

鹿島城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore