梶峰城(かじみねじょう)

梶峰城の基本情報

通称・別名

多久城

所在地

佐賀県多久市多久町2001

旧国名

肥前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

多久宗直

築城年

建久4年(1193)頃

主な改修者

主な城主

多久氏、龍造寺氏

廃城年

慶長5年(1600)

遺構

曲輪、土塁

指定文化財

再建造物

周辺の城

獅子ヶ城(佐賀県唐津市)[8.0km]
須古城(佐賀県杵島郡)[8.2km]
おつぼ山神籠石(佐賀県武雄市)[9.0km]
佐留志城(佐賀県杵島郡)[9.0km]
塚崎城(佐賀県武雄市)[10.0km]

梶峰城の解説文

梶峰城(かじみねじょう)は佐賀県に存在した山城。

概要
多久市にある標高201mの梶峰山の頂に位置する。津久井氏を祖とする多久氏は、当初南多久の館に拠ったが、建久4年(1193年)頃に多久宗直が当城と砦、居館を築いた。

以降は350年以上にわたり多久氏が居城としたが、天文13年(1544年)に龍造寺周家に攻められると当主・多久宗時は逃亡して周家が城主となった。翌14年(1545年)に有馬氏の支援を受けて多久氏が当城に復帰したが、永禄5年(1562年)に龍造寺隆信・長信に再び攻められて須古に移った。以後は長信が城主となり、天正15年(1587年)に豊臣秀吉より多久藩主に任ぜられている。やがて慶長5年(1600年)に廃され、多久藩は鍋島藩内の多久邑となった。

参考文献
角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典(43.熊本県)』、角川書店、1987年

梶峰城の口コミ情報

カーネル様[2016年10月31日]
北麓の多久八幡宮から南に伸びる作業用林道を進みます
すぐに白い欄干の橋があるので渡り、そのまま直進です。真っ直ぐに道があるとは思えないくらい藪です
私は白い柵に沿って左折して歩いてしまい、藪に閉ざされ、正規ルートに戻るのに四苦八苦しました
とはいえ、正規ルートも藪に覆われて全然進めません。ただ足元が平なのと、どちらに進めばいいかの判断にはなります

林道が終点になったら目の前の尾根に取りつきます。道はあるようでないです。尾根筋に着くと平らになり、道があります

尾根から最後の登りに取り付くとこで、また道がありません。少し登ってから左(東)へ50mくらい獣道を辿ってトラバースすると、堀が2つありここから直登すると主郭で(登りきったとこにリボンがあるから正規ルートかと)
主郭は南北に長く、浅い土塁と大きな穴がありました

神社から往復1時間半で、服に着いた種取りに30分かかりました

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore