獅子ヶ城(ししがじょう)

獅子ヶ城の基本情報

通称・別名

獅子ケ城、獅子城

所在地

佐賀県唐津市厳木町岩屋字犬の谷他

旧国名

肥前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

源披

築城年

治承年間(1177〜1181)

主な改修者

主な城主

源氏、鶴田氏

廃城年

文禄2年(1593)

遺構

曲輪、石垣、竪堀、堀切

指定文化財

県史跡(獅子城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

日在城(佐賀県伊万里市)[7.3km]
岸岳城(佐賀県唐津市)[7.9km]
梶峰城(佐賀県多久市)[8.0km]
青山城(佐賀県唐津市)[10.4km]
塚崎城(佐賀県武雄市)[13.9km]

獅子ヶ城の解説文

獅子ケ城(ししがじょう)は佐賀県に存在した山城。

概要
松浦党の源披が治承年間に築城した。唐津市にある白山の山頂、標高196mに位置し、城の周囲は急な崖となっている。有明海と玄界灘の分水界に近く防衛の拠点となったが、息子の源持が平戸に移ったため廃された。

その後、天文年間頃に松浦党の鶴田前が城主となり復興している。大友氏や龍造寺氏、後藤氏などの勢力の境界に位置し、天文13年(1544年)には龍造寺氏は攻撃したが失敗し、翌14年(1545年)には5日間占領したものの奪回されている。

永禄年間には波多氏が数回にわたって来攻したが、撃退している。天正5年(1577年)に波多親が上松浦松浦党の首領となると、城主の鶴田賢はこれに服属した。やがて波多氏が追放されると文禄2年(1593年)に後藤氏の家臣となり、城は廃された。

参考文献
角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典(41.佐賀県)』、角川書店、1982年

獅子ヶ城の口コミ情報

カーネル様[2017年10月31日]
唐津線厳木駅から

駅前通りを西に向かい、県道32号で左折して南へ

県道は緩やかだけどずっと登りですが、穏やかな道です。鶴田神社の先、駅をでて30分のあたりで、県道32号の北側に獅子ヶ城の石碑が建っているので右折して北上します

さらに10分登ると駐車場。右に5分進むと出丸

戻って反対側に進むと、三の丸、二ノ丸、堀切、三の曲輪、二の曲輪、櫓跡、戻って一の曲輪、井戸曲輪、本丸、全域にわたって石垣とどこも見どころ満載です。案内も丁寧で、わかりやすいです
大満足で駅に戻りました

駅から往復して2時間半でした

縫殿允北御前様[2016年12月31日]
厳木多久道路の浪瀬インターから車で10分ほど。
車同士が行き違うのに苦労しそうなグネグネ道を登ると突き当たりに駐車できる原っぱがあります。
トイレはありません。

唐獅子牡丹様[2013年07月03日]
岩山の山頂部に累々と築かれた石垣作りの城だ。獅子ヶ城は岩屋と浪瀬にまたがる独立た岩壁で、足がすくむくらいの絶壁です。敵が容易に攻め落とすことができない山城とは、このような城だと思いました。
ここで足を滑らしたり、転倒したら、確実に死ぬだろうなと思いました。
この城は何度か廃城になった後、初代唐津藩主寺沢氏の時、現在見られる石垣作りの城に改造し、瓦葺きの建物、櫓、門などを建てた。
一国一城令で、全国の城が、破却されだす頃、この城も破却され廃城となった。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore