常広城(つねひろじょう)

常広城の基本情報

通称・別名

恒広城、常弘城、鹿島古城

所在地

佐賀県鹿島市大字常広字古城(北鹿島小学校)

旧国名

肥前国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

不明

築城年

中世

主な改修者

鍋島信房

主な城主

有馬氏、鍋島氏

廃城年

文政4年(1821)

遺構

横堀跡

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

鹿島城(佐賀県鹿島市)[2.1km]
蟻尾城(佐賀県鹿島市)[4.1km]
須古城(佐賀県杵島郡)[6.7km]
おつぼ山神籠石(佐賀県武雄市)[7.8km]
潮見城(佐賀県武雄市)[8.0km]

常広城の解説文

常広城(つねひろじょう)は佐賀県に存在した平城。

概要
肥前の戦国大名龍造寺隆信は、天正4年(1576)の藤津攻略の後、家臣の鍋島信房(鍋島直茂の兄)に鹿島地方を治めさせた。信房は、現在の北鹿島の田代に城を築き、塩田常在寺や北鹿島森の五宮に別邸を設けた。

その後、信房は神代(長崎県南高郡国見町)に移るが、慶長14年(1609)、初代佐賀藩主鍋島勝茂は、弟の忠茂に鹿島2万石を分封し、ここに鹿島藩が成立。鹿島初代藩主忠茂が入った城も田代の城で、この城は2代藩主正茂の代まで続いたとされている。

歴史
常広城の創立についての詳細な経緯は良く分かっていないが、信房が築き、忠茂・正茂と続いた田代の城を、3代藩主直朝が修築整備し、承応元年(1652)に鹿島藩の居城として完成したものと考えられる。

4代藩主直條(なおえだ)が著した『鹿島志』には「本丸は松杉の中に在り、古よりこれを園と称し楽思(らくし)と名づく。池あり、林あり、園あり、圃あり、北隅を松丸という。西方の田畔はこれを乙丸と称す。四面食録の家連立す。南西には市陌(しはく)あり、漁村あり、軒を並べて字を連ね、江に傍って橋を架す、さきのいわゆる横蔵の古戦場なり。」と記している。

立地・構造
現在の北鹿島小学校がかつての本丸部分で、城は方形の本丸を中心に土手と堀で囲まれていた。周囲には家臣の屋敷もあり、南西方角の本町一帯がかつての城下として発展した。また、川にはさまれた低平地の平城であったため、塩田川から鹿島川まで南北に長大な土手を築き水害に備えていた。

この常広城は、文化4年(1807)に高津原に新しく城が築かれるまで鹿島藩主の館であり、新城ができた後には、この地は古城と呼ばれるようになった。

情報提供:佐賀県鹿島市

常広城の口コミ情報

楠ノ木茂門さん[2012年10月04日]
常広城 立ち寄った殿方 熊野川城代家老 楠木茂門 伝言 お送り下され

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore

第5回 ジャパン・ツーリズム・アワード