勝尾城筑紫氏城館(かつのおじょうちくししじょうかん)

勝尾城筑紫氏城館の基本情報

通称・別名

勝尾城筑紫氏城館[勝尾城・筑紫氏館・葛籠城・高取城・鬼ヶ城・鏡城・若山砦]

所在地

佐賀県鳥栖市牛原町他(地図は勝尾城を示す)

旧国名

肥前国

分類・構造

城館遺跡群

天守構造

築城主

渋川義俊[勝尾城]、不明[筑紫氏館・葛籠城・高取城・鬼ヶ城・鏡城・若山砦]

築城年

応永30年(1423)[勝尾城]、不明[筑紫氏館・葛籠城・高取城・鬼ヶ城・鏡城・若山砦]

主な改修者

主な城主

渋川氏[勝尾城]、筑紫氏[勝尾城・筑紫氏館・葛籠城・高取城・鬼ヶ城]、草野真清[鏡城]、金屋左衛門[若山砦]

廃城年

天正15年(1587)[勝尾城]

遺構

曲輪[すべて]、土塁[勝尾城・葛籠城・高取城・鬼ヶ城・鏡城]、石垣[勝尾城・筑紫氏館・葛籠城・鬼ヶ城・若山砦]、横堀(空堀)[勝尾城・葛籠城]、堀切[高取城・鬼ヶ城・鏡城・若山砦]、竪堀[鬼ヶ城・鏡城]

指定文化財

国史跡(勝尾城筑紫氏遺跡)

再建造物

説明板[すべて]

周辺の城

朝日山城(佐賀県鳥栖市)[4.6km]
鎮西山城(佐賀県三養基郡)[6.2km]
基肄城(佐賀県三養基郡)[6.4km]
一ノ岳城(福岡県筑紫郡)[6.5km]
堤土塁(佐賀県三養基郡)[7.2km]

勝尾城筑紫氏城館の解説文

勝尾城(かつのおじょう)は佐賀県に存在した山城。

概要
鳥栖市の標高501.3mの城山山頂に位置する。安良川とその支流の四阿屋川の谷に挟まれた要害だった。支城に鏡城、葛籠城、鷹取城がある。

応永30年(1423年)に渋川義俊が勝尾城を築いたと『肥前国史』にあるが、『歴代鎮西要略』では延徳3年(1491年)に渋川義基が築いたとされる。当城は九州の南北・東西の交通の十字路にあたるため、長く渋川氏と少弐氏との争いの舞台となった。やがて少弐氏は大内氏の傘下に入って助力を得て、永正18年(1521年)には少弐氏一族の筑紫満門が当城の城主となっている。天正14年(1586年)には筑紫広門が島津家久の攻撃を受けて当城は落城し、以後は廃された。

城跡には石垣、土塁等の遺構があり、良好に保存されている城下町遺跡とともに「勝尾城筑紫氏遺跡」として2006年に国の史跡に指定されている。

参考文献
角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典(43.熊本県)』、角川書店、1987年

勝尾城筑紫氏城館の口コミ情報

尾張守だもんで様[2016年03月30日]
勝尾城群として複数の城が登録されています。一日で全てまわるのは難しいみたいですが、頑張って四時間で以下の城をまわりました。

筑紫氏館。広い駐車場があり、案内図の脇には城群のパンフが入った箱があります。虎口や土塁が残っています。

勝尾城。館裏のルートから峻険な道を20分ほど登ると分かれ道に着きます。まっすぐ10分ほど進むと石垣が残る大手郭に着きます。そこから主郭までは10分ほど。巨石がゴロゴロしています。主郭から先は案内が不親切になります。鉄塔ナンバーの案内板は無視してください。想像を働かせば大堀切やハイライトの二段積昇石垣を見て、そこから谷沿いに5分ほどで伝二ノ丸へ行けます。さらに10分ほど下ると林道に出ます。林道を右に10分ほど進むとトンネルが見え、その入口左脇の小道を進むと分かれ道に戻れます。

葛籠城。館から離れているので車で向かうといいでしょう。そこにも広い駐車場と同じパンフがあります。比高はほとんどありませんが、ここもスゴい城です。勝尾城が石なら葛籠城は土の城です。ハイライトは東西に横断して城を二分する二重堀です。これほどの堀はなかなかお目にかかれません。

水瀬筑後守名雪様[2015年06月28日]
【駐車場】
有。葛籠城、筑紫氏館跡にある。県道から葛籠城まではさほどではないが、そこから筑紫氏館跡までは車一台がやっと。また、九千部山への登山客も多いのではないかと思われる。駐車場にはそれなりに車が停まっていた。車で筑紫氏館跡まで行く場合は特に注意が必要。

【勝尾城への道のり】
葛籠城→筑紫氏館跡:車約5分(徒歩約30分)、筑紫氏館跡→勝尾城:徒歩約50分。駐車場側から登るのではなく、筑紫氏館跡の脇から登るのが良いと思われる。(私は足に自信ないので登っていない)

【他の見所】
ここは本城である勝尾城以外に複数の支城を持つので、全部見ようとすると結構大変。あらかじめ行きたい場所を調べてから行く事をお勧めする。

三日陸奥守落人様[2014年01月04日]
勝尾城を主城として葛籠城・鏡城・若山砦などを含むエリア一帯が「筑紫氏遺跡」として指定されています。
勝尾城を目指すなら多少の登りがありますが、大きな見所は城内エリアと外界を遮断した葛籠城の長大な堀切&土塁です。
駐車場もそこから近い場所に用意されていますので、ぜひお見逃しなく。

ねここしゃん様[2013年11月09日]
2013/11/24(日)、勝尾城・遺跡見学会があります。

勝尾城筑紫氏城館の周辺観光情報

九州自然歩道と九千部山

佐賀と福岡の県境にまたがる九州自然歩道。九千部山の山頂には展望台があり、晴れた日には有明海や博多湾までが一望できます。

詳細はこちら

御手洗の滝

修験者がこの滝に立ち寄り手を洗って身を清めたことから名付けられた御手洗(おちょうず)の滝。

詳細はこちら

情報提供:鳥栖市商工振興課
「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore