西鯵坂城(にしあじさかじょう)

西鯵坂城の基本情報

通称・別名

所在地

福岡県小郡市下西鯵坂

旧国名

筑後国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

佐々木高綱?

築城年

不明

主な改修者

主な城主

宗氏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑、説明板(※城公民館前)

周辺の城

赤司城(福岡県久留米市)[4.6km]
久留米城(福岡県久留米市)[6.2km]
朝日山城(佐賀県鳥栖市)[6.6km]
高良山神籠石(福岡県久留米市)[7.1km]
乙隈城(福岡県小郡市)[7.8km]
勝尾城筑紫氏城館(佐賀県鳥栖市)[9.6km]
基肄城(佐賀県三養基郡)[9.9km]
発心城(福岡県八女市)[11.2km]
海津城(福岡県久留米市)[11.8km]
堤土塁(佐賀県三養基郡)[12.7km]

西鯵坂城の口コミ情報

2021年07月07日 龍馬備中守【】
西鯵坂城



福岡県の小郡市にある【西鯵坂城】☆歴史詳細が載って無いので口コミに入れておきます☆

古くは『鯵坂庄』の時代から名前が見えます☆それは鎌倉時代の古文書に登場する荘園の名前です☆荘園とは古代から中世の土地所有の形態で、開墾や寄進などなどによって中央権力者や後に大名や、その家臣などが所有していた土地の事を言います☆

伝わる歴史としては『筑後誌』に「筑紫上野介家宗が拠りし所なり、縦六十間、横二十間の平城なり」と残っていて宗氏代々の居城となります☆島津氏の北上戦で城主の宗統家が立て籠もり戦いましたが全滅しちゃいました☆この後、島津軍は更に北上していき、太宰府に迫ります☆守る岩屋城の高橋紹運は玉砕☆が!豊臣秀吉の援軍により島津軍は撤退して降伏しました☆

西には宝満川が走り東には筑前街道が南北に伸びて交通の要衝地になります☆今は住宅地の中に溶けている為、遺構は明瞭ではありませんが堀の名残、土塁と思われる名残は今も残っています☆

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore