発心城(ほっしんじょう)

発心城の基本情報

通称・別名

発心岳城

所在地

福岡県八女市上陽/久留米市/うきは市

旧国名

筑後国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

草野鎮永

築城年

天正5年(1577)

主な改修者

主な城主

草野氏

廃城年

天正15年(1587)

遺構

曲輪、土塁、堀切

指定文化財

県史跡(発心城跡)

再建造物

説明板

周辺の城

鷹取城(福岡県八女市)[6.9km]
赤司城(福岡県久留米市)[7.6km]
高良山神籠石(福岡県久留米市)[8.3km]
神代館(福岡県久留米市)[8.6km]
猫尾城(福岡県八女市)[9.6km]

発心城の解説文

発心城(ほっしんじょう)は福岡県の久留米市から八女市、うきは市にまたがり存在した山城。

概要
耳納山地の標高697.5mの発心山の山頂を中心とし、総規模は東西・南北それぞれおよそ380m、200mにおよんだ。山頂の本丸は東西・南北にそれぞれおよそ20m、50mの規模で、北側に堀切を隔てて二の丸があった。本丸の西側には130m×20mの曲輪が、本丸から東の尾根上には出丸が配置されており、出丸の北には土塁と堀切が設けられた。北麓には大手道があり、虎口が形成されていたという。

天正6年(1578年)に大友氏が耳川の戦いで敗れたのを契機に、草野鎮永は大友氏の傘下から離れて龍造寺氏の下に入った。これに伴い。それまでの拠点だった竹井城に代えて当城を築いている。天正13年(1585年)には大友氏側の高良山衆徒らに攻撃され、また秋月氏にも攻められたがいずれも撃退している。その後、天正15年(1587年)の九州の役の際に豊臣秀吉に鎮永は誘殺され、当城は廃城となった。

参考文献
角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典(40.福岡県)』、角川書店、1988年
日本歴史地名大系 (オンライン版)

発心城の口コミ情報

慶次朗東市佑一寿様[2017年06月12日]
地元では小学生が遠足で近所のテレビ塔まで行っていたので(歩いて)畑でも無い限りもう登らないと思う。
車は発心公園からも行けるが地元の人間出ないと面倒な悪路か、まあ地元の人間でも悪路か。
下記に書いて頂いた耳納スカイラインは久留米陸上部自衛隊が昭和の終わり辺りに開通させました。これは高良山からも行けますのでおすすめです。高良山の城が取れます近所です。
因みに八女って書いてありますが地域としては久留米市草野町がメインですし御井郡(久留米市に入る前)と言われたことはあっても八女はないですね。
八女はこのゲームにないですが、山越えた星野氏の館跡ではないでしょうか。
草野町には発心城の前に竹井城てのがあるのですが…赤司や神代の館があるならば竹井城や星野氏の館とあってもよさそうですが無いのですよね。
星野は最近有名な場所なので1つ位入れてあげても良いような気がします。
草野は県道沿いに資料館がありますので是非。

じょーうん豊前守9/9九州様[2017年03月21日]
発心城までは車で行くことができます。
但し、県道70号線の田主丸からかんかけ峠の道は県内屈指の悪路なので、耳納スカイラインから向かうルートをおすすめします。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore