天神山城(てんじんやまじょう)

天神山城の基本情報

通称・別名

(太鼓丸城)

所在地

岡山県和気郡和気町田土

旧国名

備前国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

建造されず

築城主

浦上宗景

築城年

天文23年(1554)

主な改修者

主な城主

浦上氏

廃城年

天正5年(1577)

遺構

曲輪、土塁、石垣、横堀(空堀)、侍屋敷跡、井戸

指定文化財

県史跡(天神山城跡附根小屋跡、岡本屋敷及び木戸館、伝浦上与次郎墓)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

周匝茶臼山城(岡山県赤磐市)[8.9km]
保木城(岡山県岡山市)[9.0km]
井の内城(岡山県美作市)[12.3km]
富田茶臼山城(岡山県備前市)[13.0km]
富田松山城(岡山県備前市)[13.6km]

天神山城の解説文

天神山城(てんじんやまじょう)は、岡山県和気郡和気町田土にある城跡、備前国和気郡にあった城郭である。岡山県指定史跡。

概要
戦国時代の大名・浦上宗景が築いた連郭式の山城である。和気町の市街地から国道374号を北上した国道沿いの天神山西峰(390m)の山上に位置する。城山は峻険で西側に吉井川が流れており天然の堀をなしていたものと思われる。

標高390mの西峰の山頂に本の丸が配され、北西に向かって山上伝いに二の丸、三の丸が配されていた。また、本の丸の南東側に向かって馬屋の段、南の段等の曲輪、深くV字型に切れ込んだ堀切が確認出来る。さらに堀切を南東に進むと天神山東峰(409m)に入り2つの石門を経てその山頂には周囲を見晴らせる太鼓の丸、太鼓の丸への侵入経路として北東方面から伸びる虎口があり、より南東にも雑な作りではあるが堀切や土塁線の遺構が残る。天神山城北西の「下の段」の遺構から太鼓丸南東の土塁線の遺構まで実に1km超に及ぶ大規模な城郭である。

現在は曲輪、土塁、石垣、空堀、侍屋敷跡などの遺構が見られる。

沿革
浦上氏は室町時代、播磨・備前・美作を治めた守護大名赤松氏の守護代であった。
天神山城を築いた浦上宗景の父・村宗は主君である赤松義村を凌駕し、守護代から一躍戦国大名となった。

天文20年(1551年)、村宗の嫡男浦上政宗とその弟の浦上宗景は備前に侵攻してきた尼子晴久の対応について恭順の意を示そうとする政宗方と撃退するべしという意見の宗景は激しく対立。政宗は尼子と同盟を結び、それに対抗すべく宗景は安芸の毛利元就と同盟し周辺国衆にも政宗方に属する者、宗景方に属する者がそれぞれ現れ備前の覇権を賭けて争う事になる。その際に宗景は自らの新たな拠点として天神山に城を築く。(普請に取りかかったのは天文23年(1554年)正月前後)これが長らく宗景が居城とする天神山城である。

ここを拠点とした宗景は毛利の助力を得て各地で勝利を収め政宗の勢力を駆逐し備前の支配権を握る。また、宗景はかつて浦上被官であった宇喜多能家の孫で放浪の身であった直家を召し抱えた。有能な直家は頭角を現し宗景の片腕となって活躍し、その助力もあり宗景の備前・美作地域の支配は次第に強固なものになっていった。

永禄7年(1564年)兄の政宗は室津城において、二男・清宗の婚礼の当日、赤松政秀の攻撃に遭い父子ともに戦死。跡は政宗の三男の浦上誠宗が継いだが、3年後の永禄10年(1567年)に宗景の手の者によって暗殺され室津の浦上惣領家は滅び、その領地を接収してさらに勢力を強めた。

天正元年(1573年)宗景は西国に勢力を伸長してきた織田信長と結び、備前・播磨・美作の支配権を認められた。しかし、次第に家中での勢力を拡大していた宇喜多直家は、これに反対し安芸の毛利氏と結んだ。
...

天神山城の口コミ情報

尾張守だもんで様[2017年01月28日]
侍屋敷群の脇道から登り、メインの河本ルートで下山しました。

登り道は短い九折れがひたすら続く細い道です。こっちの方が楽なはずです。下りの河本ルートはかなりヘビーでした。金華山の馬の背ルートを細くしてロープをたような登山道です。

先の方が書かれているようにキャンプ場経由で登城すべきでしょう。しかし石積が見事に残る侍屋敷群は必見ですので、登城前後に別途行くことをおすすめします。

石工【関ヶ原鑑賞】様[2017年01月02日]
天神山城は吉井川に面した標高409.2mの天神山から西へ派生した標高337m付近に築かれ東西500m程の城域を持つ連郭式の山城で天神山城は西の尾根から下の段・西櫓台・三ノ丸・桜馬場・長屋の段・二ノ丸・本丸・飛騨の丸・馬屋の段・南櫓台・南の段と曲輪が繋がって整備された山にそれぞれ案内板が設置され非常にわかりやすい石垣は三ノ丸の下ノ段から飛騨の丸に至るまで随所に残骸が残されてます天神山山頂へ向かうと太鼓丸城があり本丸から南へ降りた所には天瀬侍屋敷が残り是非訪れて欲しい登山道は複数あり西尾根の天石門別神社の所に登山道入口があり近くの河本コミュニティセンターに駐車でき下山時に天瀬侍屋敷ルートを取ることができるので便利又は田土側からの登山道でこちらは天神山城と太鼓丸城の間に通じる。西尾根の河本ルートよりは楽今回利用したのが天神山山頂の東尾根続きに和気美しい森のキャンプ場があり車で天神山近くまで行くことができここから太鼓丸城はすぐで、そこから山道を下って天神山城にアクセス出来ますおそらくこの道が一番楽に天神山城にアクセスできる。

カーネル様[2016年02月27日]
山陽線和気駅から、備前バスの片鉄沿線路線を利用

土日は本数が少ないので平日に行きました。バスはアナウンスなし料金表なしで、バスに乗り込んだら、どこまで行くの?って聞かれた

河本バス停で下車し、道を挟んだ神社の脇にある登山口から登る。傾斜がきつく軽い岩場もあるけど、途中の[見晴らし所]と[天神地蔵]からの眺めが最高です
30分ほどで下の段に到着し、ここから細長~い城域を歩く。数々の曲輪や堀を越えて進むと本丸

バスは4時間半後まで来ないので、更に奥へ。石門や堀など、イベントがあり楽しく歩けます
太鼓丸を超え、旧本丸を目指すがそれらしきところはなく、本格的な下り坂に入ったので引き返し、堀切と石門の間の少し平なところを旧本丸と自分認定し、バス停に戻る

本丸で30分くらい昼寝したけど、下山後にさらに30分バスを待った
ゆっくり歩き3時間半+ぼーっとしたの1時間でした

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore