坂本城(さかもとじょう)

坂本城の基本情報

通称・別名

所在地

滋賀県大津市下阪本3

旧国名

近江国

分類・構造

平城、水城

天守構造

連結式[階層不明/1572年築/焼失(落城)]

築城主

明智光秀

築城年

元亀2年(1571)

主な改修者

丹羽長秀、浅野長政

主な城主

明智氏、丹羽氏、杉原氏、浅野氏

廃城年

天正14年(1586)

遺構

(発掘調査:石垣、井戸、暗渠、建物礎石)

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

壺笠山城(滋賀県大津市)[2.6km]
延暦寺(滋賀県大津市)[3.7km]
宇佐山城(滋賀県大津市)[4.2km]
大津城(滋賀県大津市)[5.5km]
山田城(滋賀県草津市)[6.2km]

坂本城の解説文

坂本城(さかもとじょう)は、近江国滋賀郡坂本(滋賀県大津市下阪本3丁目の坂本城址公園内)にあった日本の城である。明智光秀によって築かれ、琵琶湖に面する平城。

概要
坂本城は琵琶湖の南湖西側にあり、大津市の北郊に位置する。西側には比叡山の山脈があり、東側は琵琶湖に面していることから天然の要害を具えた地であった。比叡山は近江国と山城国にまたがっており、白鳥道と山中道の2つの道は両国を結ぶ道路が通じており、中世、近世において頻繁に利用され、比叡山の物資輸送のために港町として、坂本は交通の要所として繁栄していた。

現在城郭の大半は宅地化され、推定地の中央には国道161号が貫通している。

1571年(元亀2年)、比叡山焼き討ちの後、光秀に近江国滋賀郡が与えられ、織田信長の命によって京と比叡山の抑えとして築城した。宣教師ルイス・フロイスの著書『日本史』では、安土城につぐ天下第二の城と評されるほどのものであった。

沿革
元亀2年(1571年)9月比叡山焼き討ちの後、宇佐山城の城主であった光秀に対して信長は滋賀郡の支配を命じ坂本城を築城させた。比叡山延暦寺の監視と琵琶湖の制海権の獲得が目的であったと思われている。「明智坂本に城をかまへ、山領を知行す、山上の木にまできり取」(『永禄以来年代記』)とある。山領というのは延暦寺のことで、比叡山焼き討ち後、1571年(元亀2年)中に築城が開始されたと思われている。また元亀3年(1572年)12月22日の吉田兼見の記述によると、「明智見廻の為、坂本に下向、杉原十帖、包丁刀一、持参了、城中天守作事以下悉く披見也、驚目了」(『兼見卿記』)とされていることから坂本城には天守があり、作事が行われ翌12月頃には天守がかなり進捗していたと思われている。短文ながら天守の壮大さに驚いている様子が伺い知れる。また坂本城はイエズス会宣教師のルイス・フロイスの『日本史』にも、

「明智は、都から4レーグァほど離れ、比叡山に近く、近江国の25レーグァもあるかの大湖のほとりにある坂本と呼ばれる地に、邸宅と城砦を築いたが、それは日本人にとって豪壮華麗にもので、信長が安土山に建てたものにつぎ、この明智の城ほど有名なものは天下にないほどであった。」と記されている。この記述はルイス・フロイスの感想ではあるが、名城安土城と並び称される建物として意識されていた。

その後、光秀は坂本城を拠点に近江国の平定を目指した。1572年(元亀3年)-1573年(天正元年)にかけて木戸城、田中城を落城させ、また湖面より囲船にて湖北の浅井勢に襲撃し打撃を与えた。その後、石山城、今堅田城も攻城し湖南はほぼ手中に収めた。その後坂本城は近江国における反信長に対する重要な軍事施設として使用された。黒井城の戦いでほぼ丹波国を手中に収めると、1580年(天正8年)亀山城の城主となったが、坂本城もそのまま城主となっていたようである。

天正10年(1582年)6月2日、光秀は中国攻めには向かわず本能寺の信長軍を急襲し信長を自害させ、次いで二条城を攻城し信長の嫡男・信忠を自害させた(本能寺の変)。だが、同年6月13日山崎の戦いで敗れた光秀は一旦勝竜寺城に退き、その後坂本城を目指している途中、山城国の小栗栖周辺で百姓らに襲われ死去したと言われている。一方、安土城の城主となっていた明智秀満は山崎の戦いでの敗戦を13日の夜に知り、14日未明、安土城から坂本城に移ってきたが、羽柴秀吉方の堀秀政が城を囲む中、6月14日の夜、秀満は光秀の妻子を刺し殺し、自分の妻も刺殺し、自分は腹を切り、煙硝に火を放って自害したとされる(『川角太閤記』)。

その後、秀吉が丹羽長秀に再建を命じ城主となった。その後賤ヶ岳の戦いの軍事上の基地として使用され、後に杉原家次、そして浅野長政が城主となった。この時に城下町が形成されたと思われている。

1586年(天正14年)、秀吉の命を受けた長政が大津城を築城して居城を移したことにより廃城になり、資材は大津城築城に使用された。...

坂本城の口コミ情報

五瓜ニ唐花紋左大臣や~きみさん[2017年05月08日]
駐車場あり。
ここは釣りスポットになっていて、城の観光客はあまりいないですね。
駐車場も釣り客にほぼ占領されています。

シバヤン丹波守雲外蒼天さん[2016年01月16日]
JR比叡山坂本駅から南へR161へつきあたり三叉路を右へここまで歩いて10分くらい、
曲がってから国道沿いに歩いて15分位で藤ノ木川をわたりマクドナルドをこえてエネオスのスタンドから暫くいたら坂本城跡に到着。駐車場あります、20台程度。ベンチと明智光秀像、記念碑ぐらいしかありません、物足りなくなって川沿いの国道の反対側へ入って行くと坂本城跡碑ありました。しかし石垣が見たい私は、さっきのマクドナルドのドライブスルーの一番奥に行き湖岸へそしたら僅かながら湖岸沿いに当時の
おもかげのある石垣の跡を見つけました。
また戻って藤ノ木川沿いに湖岸へ続く道を進んだらまた河口に石垣と思われる跡を発見。明智光秀と言えば有名ですが、ルイスさんも素晴らしいと謂われた城がここまで跡形が残っていないのは大変寂しいと感じました、本当に(T^T)。地元の方、実力者他の明智光秀さんをお慕いする方々もう少し遺構を復元、再現、保存を切にお願い致します。琵琶湖から湖風、湖面の水鳥が唯一の慰めでした。

ぽえぞお弾正少弼黄金旅程さん[2013年03月10日]
大津市内から湖岸沿いの国道161号線を北上したらあります。
城址公園は約10台程度駐車可能(無料)
道路の反対のクロネコ○マトさんの脇を通る水路沿いの道を進んで行くと城址碑があります。
説明板によると実際の本丸は公園より更に北側で、公園のある地域は城外(当時は湖!?)だった模様です。

古楽侍従広家さん[2010年09月13日]
渇水の時のみ現れる遺構があり、水城のロマンを掻き立てます。

徳川内大臣源朝臣康武さん[2010年07月21日]
[武将像]明智光秀像
琵琶湖岸の城跡に鎮座。

坂本城の周辺観光情報

西教寺

聖徳太子により創建された寺院。比叡山焼き討ち後明智光秀が復興したことから、明智一族の墓が残っています。

浮御堂(満月寺)

平安時代に恵心僧都源信が琵琶湖の湖上安全と衆生済度のため、湖中に仏閣を建立したとされています。

坂本のまちなみ

穴太衆積みと呼ばれる美しい積み方をした石垣が多く見られ、一帯は重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

おごと温泉

比叡山の御膝元、近江富士や三上山を望む湖畔の景勝地であり、また京都に一番近い温泉地として親しまれてきました。

情報提供:大津市役所 産業観光部 観光振興課
「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore

第5回 ジャパン・ツーリズム・アワード