静原城(しずはらじょう)

静原城の基本情報

通称・別名

城谷山

所在地

京都府京都市左京区静市静原町

旧国名

山城国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

三好長慶

築城年

弘治3年(1557)

主な改修者

明智光秀?

主な城主

三好氏、山本氏、明智氏

廃城年

遺構

曲輪、石垣、土塁、堀切

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

延暦寺(滋賀県大津市)[6.9km]
堂ノ庭城(京都府京都市)[7.8km]
将軍山城(京都府京都市)[8.6km]
壺笠山城(滋賀県大津市)[8.7km]
御土居(京都府京都市)[9.3km]

静原城の口コミ情報

ソバッソ85,8kgさん[2018年12月03日]
静原神社脇から登城
主郭に概念図載った看板あり
ネットに出ていましたので、事前に調べてから登って下さい

ハイキングコースが整備されている側は、多分南東側の二ノ丸(と看板には表記されているが、主郭部とは30分程の距離なので、出城的な役割だと思う)に接続する道だと思います
静原神社からの方は、なかなか荒れた痩せ尾根を直登する形になります
40分くらい登り続け、石組遺構やら切岸が出てきて、ようやく明確な郭群に出会います


見所は二ノ丸(出城?)の大堀切と大土塁、竪堀
主郭部から30分程、ひたすら倒木だらけの荒れた斜面を下る
スゴイですむちゃくちゃスゴイ

帰路が分かりにくく、二ノ丸(出城?)の途中からハイキングコースが整備されているようで、静原小学校付近に下山できるみたい。看板にルート書いてあるので、確実にチェックしておいて下さい

僕は間違えてロストし竪堀を下山、道がなくなり谷筋をズタボロになりながら、麓の民家の裏庭に出てしまいました
民家の方とお話すると、よく間違える人がいるとの事
キッチリと事前情報を抑えてから登って下さい‥僕が言うのもアレですが‥

課長大和守type-Bさん[2016年05月06日]
以前は登城ルートが未整備で直登する他無かったようですが地元の方や小学生によりハイキング道が整備されています。
城跡までは麓から片道40分程度ですがくまなく遺構を見て行くなら2時間以上は必要でしょう。
駐車は静原神社前に若干のスペースがあり、登城ルートも神社脇に案内があります。
城谷山山頂に主郭、尾根伝いに南に下った城山と呼ばれる先端部に伝二ノ丸がありますが、距離的に離れている点と城の構成の差異(城谷山は土、城山は石主体)から前者が三好氏の城、後者が明智氏の城と見なす説もあるようです。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。