船岡山城(ふなおかやまじょう)

船岡山城の基本情報

通称・別名

船崗山城、山名城

所在地

京都府京都市北区紫野北舟岡町

旧国名

山城国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

大内政弘

築城年

応仁元年(1467)

主な改修者

主な城主

大内氏、山名氏、細川氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

国史跡(船岡山)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

御土居(京都府京都市)[0.9km]
聚楽第(京都府京都市)[1.7km]
二条古城(京都府京都市)[2.6km]
二条城(京都府京都市)[2.9km]
本能寺(京都府京都市)[3.8km]

船岡山城の解説文

船岡山城(ふなおかやまじょう)は京都市北区にある中世の日本の城(山城)跡。別名、船崗山城、山名城とも呼ばれている。

概要
船岡山城は、応仁元年(1467年)に始まる応仁の乱の西軍の城として船岡山に築造された。翌年、東軍によって落城し、その後は東西両軍とも利用しなかったため、廃城となった。臨戦用の陣城と推定されており、恒久的な城郭施設の存在は不明である。遺構としては山腹に横堀が掘られており、堀の外側土塁が積みあがっている。また山頂部にはかなり広い削平面が確認でき、典型的な中世の山城であった。

沿革
応仁の乱で、備前国守護の山名教之や丹後国守護の一色義直らが船岡山城で立てこもった。この時に、西軍は船岡山一帯を陣地としたため、その後「西陣」の名で呼ばれるようになる。

次は、永正8年(1511年)に細川政賢と大内義興の間で繰り広げられた有名な船岡山合戦が行われた。

アクセス
京都市営地下鉄烏丸線北大路駅より京都市営バス乗車、船岡山バス停または建勲神社前バス停下車

参考文献
『日本城郭大系(第11巻、京都・滋賀・福井)』(1980、新人物往来社)

船岡山城の口コミ情報

㉤ℵ対馬守hayakaze様[2017年05月12日]
公園として整備され、小さいグラウンドや昔のラジオ塔、野外音楽堂みたいなのが有ります。
山というより岡かな。

織田信長公を祀った建勲神社は5月はツツジがきれいです。
周りに大きな建物が建ったせいで、昔ほど眺めは良くはないですが、京都市内ではかなり眺めが良い所だと思います。
左大文字や舟形はすぐ近くにあり、五山の送り火の時はよく見えることでしょう!

ソバッソ店長様[2015年08月01日]
学生時代は五山の送り火が全部見えるくらい眺望が良かったので、夜景を見に行った想い出があります。
そん時は城跡だなんて知らなかった(そもそも城に興味無かった)ので、今回が遺構探しは初めてです。

すこし傾斜のある平山城で、地面はしっかり舗装されており、近所の老夫婦が微笑ましく散歩されてました。
ちょっと登ると憩いの場みたいな小屋があり、そこに近隣住民さんが憩ってます。その辺りから五山の送り火が見られます。

さらに奥に進むと、あ、これは遺構だなって感じの土塁と横堀が出てきました。橋が架かってるので、門跡みたいなんないかなーと探したけど、僕では見つけられずです。

建勲神社境内の看板があり、そのまま階段を登ると三角点が出てきます。
京都タワーまでバッチリ見える眺望の良さ、夜に来るのもまた一興ですが、取り憑かれやすい方は要注意でお願いしますね。

帰り道に土塁と切岸見つけましたが、暑かったので既にへばっており、テキトーに撮影しちゃいました。
また涼しくなったら行きます。

尾張守だもんで様[2015年04月14日]
頂上まで散歩感覚で簡単に登れる小山です。登山道は複数あり、周辺住民の憩いの場所となっています。気軽に夜景を楽しめるスポットとしても有名ですが、歴史背景や紫野という地名の由来を知っている方は夜間近づかない方がよいかと。10年ほど前に夜間散歩を試しましたが途中で薄気味悪くなって引き返してしまいました。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore