霊山城(りょうぜんじょう)

霊山城の基本情報

通称・別名

東山霊山城、東山御城

所在地

京都府京都市東山区清閑寺霊山町

旧国名

山城国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

足利義輝

築城年

天文21年(1552)

主な改修者

不明

主な城主

足利氏

廃城年

天文22年(1553)

遺構

曲輪、堀切

指定文化財

再建造物

周辺の城

本能寺(京都府京都市)[3.0km]
山科本願寺(京都府京都市)[3.0km]
二条古城(京都府京都市)[3.4km]
中尾城(京都府京都市)[3.7km]
二条城(京都府京都市)[3.8km]

霊山城の解説文

東山霊山城(ひがしやまりょうぜんじょう)あるいは霊山城(りょうぜんじょう)とは、現在の京都市東山区清閑寺霊山町(当時は山城国愛宕郡)にある霊山(標高176m)に築かれた戦国時代の日本の城(山城)跡である。

室町幕府13代将軍足利義輝によって天文21年(1552年)に築城が開始され、翌22年(1553年)には陥落し、廃城となったと考えられる。16世紀には東山に将軍などの公権力が中尾城将軍山城のように山城を築くことが多くなり、霊山城もその系譜に属している。霊山城の縄張図は「洛中洛外の城館と集落―城郭研究と首都論―」に掲載されている。

霊山
東山霊山城の存在する霊山は、東山三十六峰の一つであり、周辺には京都霊山護国神社や高台寺、清水寺等が位置している。霊山の中腹には正法寺が存在している。

背景
天文17年(1548年)に細川晴元に叛いた三好長慶は、翌天文18年(1549年)に江口の戦いの勝利によって入京を果たし、晴元、将軍義輝とその父で大御所足利義晴らは近江坂本へ退却した。そこで、義晴・義輝父子は京都奪回を期し、天文19年(1550年)に中尾城将軍山城を築城・増築した(義晴は5月に死去)。しかし同年11月、京都に入った三好長慶以下4万の軍勢を前に、義輝方は一戦も交えずに坂本へ撤退し、これらの城は自焼没落あるいは三好方の城割りによって破却された。その後義輝方と三好氏の争いが続いたが、天文21年1月に義輝と長慶の間で和睦が成立、10月27日に霊山城の築城が開始されることとなる。これは、義輝と長慶は手を結んでいたものの、京都奪還を狙う細川晴元らの脅威が存在していたためである。

清水坂の戦い
まさに築城開始から1ヶ月後の11月27日に晴元が西岡に現れ周辺を放火し、嵯峨に着陣した。その際に、三好方の小泉秀清及び中路修理らは不安を感じたのか西院城を自焼して霊山城に合流した。翌28日に霊山城に向けて晴元は進撃した。『言継卿記』天文二十一年十一月廿八日条に

牢人衆西邉方々放火、辰刻計靈山へ取懸、五篠坂悉放火、建仁寺之大龍十如二塔頭悉炎上了、乗拂無之、清水之坂にて軍有之、但討死無之、手負左右方六七人宛有之、云々、午時引之

とあるように、晴元は五条坂を焼き払い、建仁寺も炎上したが、清水坂における合戦に勝利できず、晴元方は東山霊山城を攻撃することは出来ずに撤退した。

東山霊山城の戦い
その後も築城は継続されたが、天文22年(1553年)3月8日、義輝と長慶は再び敵対することとなり、義輝は霊山城に入った。前年の12月の段階で既に一部の幕臣が晴元に内通して長慶を排除しようと画策していたが、2月になると彼らの手引きで晴元が京都西北に出没、長慶は問題解決のため義輝に内通者の奉公衆から人質を要求したことが義輝の怒りに触れたのである。

7月、長慶に対して叛いた芥川孫十郎の籠る摂津芥川山城を長慶が攻めていた際、28日に晴元が丹波から軍勢を率いて侵入して三好方の小泉秀清が守る西院城周辺に放火した。29日にも西院付近で小規模な戦闘が行われ、義輝も晴元方と手を組んだ。30日に義輝が北野の右近馬場に布陣し、内藤彦七以下の3000-4000人の軍勢が西院城を包囲したが、軍勢の損耗を恐れて攻撃を行わなかった。西院城は陥落せず、8月1日に東山霊山城は攻撃された。...

霊山城の口コミ情報

若狭守次郎吉様[2017年05月12日]
霊山の頂上(主郭)を中心に西、東、南に曲輪が広がっています。主郭西側の曲輪には「伊藤博文詩碑」があります。西法寺墓地側より登ってきた場合には、この碑の所から城域です。

主郭東側には2条の堀切と土橋状の道(一騎駆けか?)があります。この堀切が東山霊山城跡で一番の見どころです。そのまま東へ進めば京都トレイル道に出れます。トレイル道には円山公園や将軍塚、清水寺口…から入ることができます。

主郭南側には斜面を曲輪が連なっていて段曲輪になってます。段曲輪の切岸は一部、崩れかけのもありますが、保存状態抜群のもあります。他にも竪堀があるようです。

邦順大和守大八郎宗久様[2014年11月05日]
10月下旬、登頂。

霊山護国神社の墓地からはフェンスや有刺鉄線に阻まれるので、同じく城の西側にある正法寺の墓地より進入、フェンス沿いに斜面をつたい、測量用?の道より登頂した。

山頂には主郭、その東西に郭があり、東側には堀切2ヶ所、最東の堀切には土橋を持つ(元々在ったのか、近年に造成されたのかは不明)。土橋の先は草が繁るが道が続く。

主郭南の緩やかな斜面には郭の様な平地・小傾斜が群を成す。土塁は特に見当たらず、防備は傾斜頼みの古い山城なのだろう。往時は柵や板塀が在ったのかも知れない。

最南端に広めの郭があるそうだが、到達寸前にスズメバチに遭遇、身の安全を考え、遭遇した南の堀切らしき場所より惜しみつつ退避した。

…が、進入した正法寺より出ようとした所、なんと門に閂が掛けられていた(午後4時過ぎ)為、フェンスに巻き付く有刺鉄線が甘い箇所を乗り越え、神社の墓地より脱出、神社で入場料代わりの賽銭と謝罪の祈りを捧げて帰路についた。

神社の墓地には人が来るので、進入及び脱出時に見つかって怪しまれないか不安を覚えた探訪だった。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore