与板城(よいたじょう)

与板城の基本情報

通称・別名

直江山城、直江城

所在地

新潟県長岡市与板町与板

旧国名

越後国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

直江景綱

築城年

天正年間(1573〜1592)

主な改修者

主な城主

直江氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、堀切、井戸跡

指定文化財

県史跡(与板城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

本与板城(新潟県長岡市)[1.9km]
島崎城(新潟県長岡市)[7.0km]
小木ノ城(新潟県三島郡)[7.1km]
蔵王堂城(新潟県長岡市)[8.6km]
長岡城(新潟県長岡市)[10.7km]

与板城の解説文

与板城(よいたじょう)は、新潟県長岡市与板町与板(旧与板町)にあった城。

歴史
中世
長尾家家臣である直江家の居城で、元は2kmほど離れた本与板城(新潟県長岡市与板町本与板)を居城としていたが、天正年間(年数は不明)の直江景綱の時代に築城、移転した。なお、この時に本与板城が廃城になったのか、以降も暫く使用していたのかは不明。

景綱の養嗣子、信綱の代に勃発した御館の乱に於いて直江家は景勝派に属し、同じく景勝派であった黒滝城の山岸光祐や赤田城の斎藤朝信等と共に景虎派の本庄秀綱の栃尾城に対しての備えや攻撃を行っている。

また、この乱の後に城主信綱は恩賞に不満を持った毛利秀広によって春日山城にて殺害。直江家には嫡子がいなかった為に断絶となるところ、景勝が名門直江家の断絶を惜しみ、樋口兼続を未亡人のお船の方と結婚させる事で家名が残る事となり、引き続き直江家の居城として使用された。

慶長3年(1598年)に上杉家が会津に転封となった為、与板城は廃城となった。

遺構は、曲輪跡、堀切・土塁・井戸跡、お船の方が用いた清水(おせん清水)などが残る。

与板城の口コミ情報

カーネル様[2016年12月06日]
上越線 長岡駅から越後交通で上与板バス停で下車

千体橋交差点から東へ歩くと「←城山」の小さい青看板がありますが、直進して正面の山の右からから登ります
城の東側に登り口の看板があり山へ
山と言っても傾斜は緩やかで、雪もありましたが、キレイに整備されているので歩きやすいです

道中は案内が多数あり楽しいです。本丸からさらに西の三の郭方面に行くと、掘がキレイに残っていて(整備されて?)テンションあがりました

1時間ちょいでバス停に戻りましたが広く見どころ多数なので、時間に余裕があるといいと思います

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

まー蔵人頭様[2015年05月05日]
駐車場は専用のがありますが登城口より150mはあるだろうか。登城口の隣にお寺がありその前にも停められます。登城口は看板が出てますしパンフレットもあります。上ってるとまず本郭、ニノ郭、三ノ郭と続きます。狼煙台跡は結構離れていますが特に何がってこともないので見なくてもいいかも。大堀切もこれが?って思います。

傾奇揚げ仙兵衛様[2011年05月25日]
兼続お船ミュージアムに何故かチュートリアルのサイン色紙が飾られています。加藤清四郎くんの隣に!

越後守サンまる(^o^)v様[2011年04月30日]
中之島インターから与板に向かうとお城の標識出てて、それに従って向かうとゲットできます
なお与板城近くの商店街に大判焼きのお店あり、オススメです(夏期は休業)

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年07月21日]
[武将像]直江兼続像
与板歴史民俗資料館前に鎮座。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore