栖吉城(すよしじょう)

栖吉城の基本情報

通称・別名

鎧山

所在地

新潟県長岡市栖吉町

旧国名

越後国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

長尾孝景

築城年

15世紀末〜16世紀前期

主な改修者

主な城主

長尾氏、河田氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、堀切、横堀(空堀)

指定文化財

県史跡(栖吉城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

乙吉城(新潟県長岡市)[2.9km]
村松城(新潟県長岡市)[5.5km]
長岡城(新潟県長岡市)[5.6km]
蔵王堂城(新潟県長岡市)[7.1km]
栃尾城(新潟県長岡市)[8.8km]

栖吉城の解説文

栖吉城(すよしじょう)は、新潟県長岡市栖吉町にあった日本の城。

築城年ははっきりしないが、永正年間(1504年 - 1521年)に古志長尾家の長尾孝景が築城し、蔵王堂城から古志長尾家の本拠を移したとされる。

御館の乱では景勝の中心的な上田長尾家(通称、上田衆)との対抗上上杉景虎に与したが、居多浜の合戦に於いて城主上杉景信(通称、古志十郎)が討死。城も落城して古志長尾家の本流は滅亡した。

乱後は上杉謙信在命中に古志長尾家を継承(長尾姓の名乗りは辞退)していた河田長親が古志長尾家の遺臣たちを栖吉衆として再編。その長親が越中松倉城で急死すると最前線は無理との判断で嫡男の岩鶴丸が栖吉城に戻される形で城主となるが早世。親戚筋の河田親詮が河田家を継ぐも軍役を縮小されて栖吉衆の一武将に格下げとなった為に名実共に古志長尾家は滅亡となった。

上杉家の会津転封により廃城となったが、河田家の没落以後は景勝直参となった栖吉衆が番将として治めた。

また、上杉謙信の母である虎御前(青岩院)はこの城の城主であった長尾房景(長尾顕吉との説も有り)の娘である。このため謙信はこの城で誕生したと伝説されている。

栖吉城の口コミ情報

安田大宰少弐秀俊様[2017年08月13日]
・墓所情報・
①城跡内 山腹に栃尾城主 本庄秀綱(本庄清七郎)の墓あり。
②山麓 普済寺には長岡藩主 牧野忠成の墓所あり。
どちらも栖吉城と直接関わり無い武将ですが城跡と併せて

たびまろ様[2015年11月08日]
付近で目撃情報...熊出没注意!

傾奇揚げ仙兵衛様[2012年06月04日]
城山入口までのアクセスがよくない。看板や標識がなく本丸跡に登る道は普済寺からの一本だけ
地図上では栖吉神社の上に位置するが道はない。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore