国府台城(こうのだいじょう)

国府台城の基本情報

通称・別名

市川城、市河城、鴻之台城

所在地

千葉県市川市国府台3-3-1他

旧国名

下総国

分類・構造

連郭式平山城

天守構造

築城主

太田資忠

築城年

文明11年(1479)

主な改修者

主な城主

太田氏、千葉氏、里見氏、北条氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

堀、土塁、井戸

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

松戸城(千葉県松戸市)[3.3km]
相模台城(千葉県松戸市)[3.8km]
葛西城(東京都葛飾区)[3.9km]
大野城(千葉県市川市)[5.3km]
城ノ台城(千葉県船橋市)[6.0km]

国府台城の解説文

国府台城(こうのだいじょう)は現在の千葉県市川市国府台付近にあった城である。城名は「市河城」「鴻之台城」とも。ただし市河城(市川城)に関しては、国府台城東側の真間山(現在の市川市真間)上の弘法寺付近にあったともされ、別の城、あるいは存在時期に鑑みて、元となった城とみる説もある。

太日川(現在の江戸川)と坂川の合流地点に隣接する標高20m〜30mほどの河岸段丘上端にあり、南北650mほど東西150mほどの細長い城域で、連郭式の平山城を構えるには適した場所であるといえる。水運にて栄えた市河津を背後に持つ、軍事的・経済的な要所であった。

城の歴史
扇谷上杉家の家臣であった太田道灌が1478年(文明10年)12月の千葉氏内紛の際に千葉自胤を援けて下総国境根原(現在の千葉県柏市酒井根付近)での合戦を前に、国府台の地に仮陣を築いたことに始まる。この際に城地として相応しいと見立て、翌年に臼井城の千葉孝胤を攻めた際、道灌の弟太田資忠らが、この地に城を築いたと記録に残る。

国府台城は要所であるが故に後北条氏、千葉氏と里見氏、太田氏、上杉氏らの度重なる勢力争いの舞台となっており、争奪戦が繰り返され城もまた堅固な城郭として整備された。しかし、豊臣秀吉による小田原征伐後、後北条氏に代わって江戸に入府した徳川家康によって廃城にされた。江戸を見下ろす場所にあったからとも言われている。

現在の城
1727年(享保12年)に徳川吉宗によって、関宿からこの地に曹洞宗安国山總寧寺が移され、明治18年には陸軍教導団病院(後の陸軍衛戍〈えいじゅ〉病院)が設置された。また太平洋戦争時に總寧寺と江戸川に挟まれた樹林には、陸軍の手で多くの防空壕が作られた。その後、昭和33年9月にこの付近は「里見公園」として整備され、桜の名所となった。そのため、特に病院の跡だった城の南半分は原型を留めていない。残りも多くは住宅街となっているが、堀切や空堀、土塁跡はよく残っており、櫓台の跡も確認できる。

明戸古墳
国府台城周辺には古代から集落があり、古墳も非常に多くあった。現在の里見公園内にも前方後円墳の跡があり明戸古墳と呼称される。城内の土塁を作る際に、この古墳跡を盛り土代わりに利用している様子が見受けられ、そのために二基の緑泥片岩の箱型石棺が出土したままになっており、現在も野ざらしながら保存されている。

国府台城の口コミ情報

マッキー釆女佑ペン@自転車様[2017年07月30日]
市川橋を過ぎて江戸川サイクリングロードからすぐ。サイクリングロードのから公道に入るとき、きつめの坂があるので自転車の人は要注意。

ピカドラ様[2013年04月11日]
金曜日に花見がてら京成国府台駅から江戸川堤防路を辿る。河岸段丘上に連郭を構築する縄張りを窺う。石組の泉水階段を登り薔薇園を通り明戸古墳に合掌。この高台辺りが本曲輪と比定し戦国時代の香を賞味。坂を下り河畔に咲く梨華を愛でながら矢切の渡しに到る。200円の舟旅を楽しみ柴又帝釈天を参詣して解散

ビバちゃん様[2012年01月22日]
良く整備された公園で城跡の他に古墳もあり、近くに矢切の渡しもあります。また梅園もあってこれからの季節、散歩にはもってこいです!

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore