一之江名主屋敷(いちのえなぬしやしき)

一之江名主屋敷の基本情報

通称・別名

田島家屋敷

所在地

東京都江戸川区春江町2121-6他

旧国名

武蔵国

分類・構造

屋敷

天守構造

なし

築城主

田島(堀田)英丈

築城年

江戸時代前期

主な改修者

主な城主

田島氏

廃城年

遺構

主屋、長屋門、横堀(空堀)

指定文化財

都史跡(一之江名主屋敷)、区登録史跡(一之江名主屋敷)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

長島高城(東京都江戸川区)[3.4km]
国府台城(千葉県市川市)[5.6km]
城ノ台城(千葉県船橋市)[5.7km]
葛西清重館(東京都葛飾区)[6.4km]
葛西城(東京都葛飾区)[7.1km]

一之江名主屋敷の解説文

※この城郭は2019年4月6日に名称と位置が変更となりました。

一之江名主屋敷(いちのえなぬしやしき)は、東京都江戸川区春江町にある歴史的建造物。東京都指定史跡。江戸川区登録史跡。

概要
当住宅は、江戸時代に当地に移り住み、一之江新田と呼ばれていた当地の開拓の主導的役割を果たした田島図書(ずしょ)英丈を祖とする田島家の旧居である。敷地面積は約2000坪。

田島図書はもともとは堀田姓を名乗っていた武士出身の家系で、関ヶ原の戦いに参戦後関東地方へ入り、田島姓に改姓して当地の開拓に携わったと言われている。

その後、江戸時代は田島家が代々当地の名主を務めていた。

現存する主屋は安永年間(1770年代)頃の建立とされ、当時の造りが良好に保存されている。主屋は寄棟造、茅葺、平屋建で、歴史的に見ても東京23区内でも貴重な建造物となっている。

また屋敷地には屋敷林や庭園などが備わったかつての農家の屋敷構えを良好に残している。1999年の整備の際に、かつての屋敷の姿により近いものにして、江戸時代の農家の屋敷の雰囲気を感じるものになった。

また当屋敷は1954年11月に東京都指定史跡に、1981年1月に江戸川区登録史跡になった。

その後、建物の老朽化が激しくなってきたので、1989年~1993年にかけて建物の復元修理を行い、一般公開も始めた。

さらに1999年には、庭園や屋敷林の整備、2006年には屋根の茅葺の葺き替えを行った。
...

一之江名主屋敷の口コミ情報

真田木工頭 幸村さん[2019年04月07日]
駐車場については ちょっと行った先にあります
いなげやを過ぎてドラッグストア過ぎたあたりに 利用者用の駐車場ありますが…

TMReds 宮内卿さん[2019年04月06日]
地図でもわかりやすい広い敷地です。
庭の整備も行き渡り、とても綺麗な屋敷という雰囲気です。
高速のすぐ近くではありますがうるさいことはなく、スーパーやコンビニも近くにあるので、散策に適していると感じます。
門より先は撮影が憚られた(禁止だったかは覚えていません)ので投稿なしです。

【肉】征夷大将軍やなんちゅさん[2019年04月06日]
3/27に見学に行きました。入館料は100円。駐車場や駐輪場は無かったです。自転車くらいなら敷地内に停められそうでしたが…?
京成バス停「名主屋敷」から徒歩1分程度。スーパーいなげやの裏手にあります。隣接してる数件の家の名札が田島さんなのでご子孫の方なのかもしれません。古民家や空堀の跡なども残ってるのでお近くの方は是非ご覧になって見てください。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。