相模台城(さがみだいじょう)

相模台城の基本情報

通称・別名

岩瀬城

所在地

千葉県松戸市岩瀬字相模台、向山、塚田、離山、殿

旧国名

下総国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

北条長時

築城年

建長元年(1249)

主な改修者

主な城主

北条氏、芳賀氏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

周辺の城

松戸城(千葉県松戸市)[0.7km]
金ヶ作陣屋(千葉県松戸市)[3.5km]
国府台城(千葉県市川市)[3.9km]
葛西城(東京都葛飾区)[5.3km]
小金城(千葉県松戸市)[5.7km]

相模台城の口コミ情報

伏龍鳳雛SAS様[2015年06月27日]
松戸駅近くに相模台公園があり、こちらは遺構らしき跡あります。公園周りの通りが掘りにも見えない事もないです。 こちらが城跡なのでは…

野舘宮内少輔サラマンダー様[2013年11月19日]
2013年11月19日14時55分(20分)

近くに駐車場がありませんので御注意ください
場所が聖徳大学内部なので、正門の警備員の方に遺構を見たいのですが、と聞いた所、「けいせいづか」と答えが返って来ました
取り敢えず見てみないと分からないので、入らせて頂きました
入って直ぐ左にそれはあり、慰霊碑でした
説明文がありましたので、掲載致します



経世塚(けいせいづか)
天文七年(一五三八)十月七日、この相模台上において千葉生実の小弓公方足利義明と小田原の北条氏綱との合戦があった。
結局戦は氏綱の勝利となり、公方義明(古河公方晴氏の叔父)と御曹司義純らはこの地に憤死する。
小金本土寺過去帳によると「千余人戦死」とある。経世塚はこれらの戦死者を葬った跡と伝えられている。
なおこの塚は事情があって昭和五十四年に現在地に移動したものである。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore