前ケ崎城(まえがさきじょう)

前ケ崎城の基本情報

通称・別名

前ヶ崎城

所在地

千葉県流山市前ヶ崎字奥の台409(前ヶ崎城址公園)

旧国名

下総国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

高城氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、虎口、犬走り

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

根木内城(千葉県松戸市)[2.0km]
小金城(千葉県松戸市)[2.3km]
花輪城(千葉県流山市)[3.3km]
増尾城(千葉県柏市)[4.8km]
松ヶ崎城(千葉県柏市)[5.5km]

前ケ崎城の口コミ情報

式部卿泰次郎 將門様[2016年07月03日]
駐車場、トイレ共にありません
150m程北東にセブンイ○ブンあります

お買い物して少し拝借m(__)m

野舘宮内少輔サラマンダー様[2014年01月14日]
2014年1月14日15時10分(30分)

流山運転免許センターの帰りに寄りました

説明文を記載致します


 前ヶ崎城は16世紀中葉から1590(天正18)年頃まで、松戸市小金城を本拠とする高城氏の支城として機能したと考えられます。
 西・北・東側の三方を坂川とその支谷に囲まれた、標高16mの細長い台地上に立地し、水田面とは11mの比高があります。現在地から南160mと350mの二箇所に、かつて堀切りが存在したといわれており、このことから3つの郭を直線状に配置した城と想定されます。付近には刑部郭・追手橋・馬場といった地名も伝承されていますが、城の施設と直接関連するかは不明です。
 公園として整備した範囲は城の中心となる主郭の部分で、西側は過去の道路建設によって失われていますが、東・南側には高さ3m〜4mの土塁が、東側の一部と南側には深さ約3mの空堀が見られます。また、南サブエントランスは以前から土塁が途切れており、この部分を郭の出入口である虎口に、その西側の最も高い土塁を櫓跡とする考えもありますが、郭の構造や建物配置は明らかになっていません。

織田シュガー信長様[2012年03月29日]
3/26から一週間程種揉みの為中には入れないみたいです

野舘宮内少輔サラマンダー様[2011年12月25日]
2011年12月24日13時20分頃(30分)
城跡とラーメン屋さんの間の細い道を少し進んだ空き地に駐車しました
北側の入口には案内板が
整備された階段を登ると広い主郭部とそれを取り囲む土塁があります
その南側の階段を下ると急な斜面が二段になっており、全高低差は10m以上
その中段は1m位の幅で南側から東側へ続いています(北側迄は歩けませんでした…)
主郭南西が一段高くなっており、古いお墓(?)がありました
遺溝が良く残る小さいながらもとても満足出来る城跡です

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore