根木内城(ねぎうちじょう)

根木内城の基本情報

通称・別名

所在地

千葉県松戸市根木内字城ノ内

旧国名

下総国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

高城胤忠

築城年

寛正3年(1462)

主な改修者

主な城主

高城氏、原氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

小金城(千葉県松戸市)[1.8km]
前ケ崎城(千葉県流山市)[2.0km]
増尾城(千葉県柏市)[4.1km]
金ヶ作陣屋(千葉県松戸市)[4.2km]
花輪城(千葉県流山市)[5.2km]
戸張城(千葉県柏市)[5.4km]
相模台城(千葉県松戸市)[6.4km]
松ヶ崎城(千葉県柏市)[6.4km]
佐津間城(千葉県鎌ケ谷市)[6.9km]
松戸城(千葉県松戸市)[7.1km]

根木内城の解説文



根木内城(ねぎうちじょう)は、現在の千葉県松戸市根木内字城ノ内にあった日本の城。

概要 

寛正3年(1462年)高城胤忠の築城とされるが(『高城家文書』『日本城郭大系』)、永正5年(1508年)高城胤吉の築城とする伝承もある(『小金城高城家之由来』、ただし、同書の記述の前後関係から大永5年(1525年)の誤記とする説もある)。栗ケ沢城に代わる高城氏の拠点として機能し、天文6年(1537年)小金城を築いて移るまで、同氏の本拠であった[1]

構造 

富士川の支流により開析された谷に東西を挟まれた半島状台地先端に占地し、南端の台地繋がりを空堀で遮断し、その内部を城の内付近の郭を中心に大きく六つに区分する構造となっていた。また、大手から300m程南東に空堀及び土塁痕が近年まで残っていたと伝わり、城域は更に南に拡がっており、南北600mの規模を有したものと考えられている。

大手付近の郭と主郭の間には小郭が設けられており、更にその小郭と主郭の間に馬出し郭が設けられていた。また、大手、小郭虎口、馬出し郭それぞれを守る、空堀へ突出した櫓台が設けられ、台地繋がりの南方に向けて厳重な構えとなっていた。

考古資料 

遺構

比較的規模の大きな城であったが、現在は国道6号に分断され、国道北西側の遺構は目先の開発を優先した宅地化で完全に失われている。一方の国道南東側は、整備され、2006年4月22日に根木内歴史公園として開園した。空堀、土塁、郭等が良く残っている。

参考文献 

  • 千野原靖方 『東葛の中世城郭』 崙書房、2004年、ISBN 4-8455-1101-0、119-122頁。

根木内城の口コミ情報

2024年06月02日 あんどー監物
根木内城



大きな公園で、わんこの散歩やザリガニ釣り?など多くの方で賑わってる場所です。でも、園内の資料をみる限りでは城郭の主郭部分は道路で寸断され、半分の遺構しか残ってないようです。空堀が道として整備されてたり、とても快適にまわれました。

2024年06月02日 あんどー監物
酒井根合戦場[根木内城  寺社・史跡]



説明板が立ってなければ見逃すところです。首塚、胴塚と聞くと少しゾクッとしますが、今も眠ってるのでしょうか

2024年06月02日 あんどー監物
行人台城[根木内城  周辺城郭]



今は小金公園となっている一角に遺跡の標識はあります。古墳時代の土器など遺物が発掘されたようですが、城については記載ありません。

2024年01月27日 千葉相模守早雲
根木内城



原氏、または原氏の流れを汲む高城氏の城。
小金城が築城されるまで、高城氏の本拠地だったようです。
残念ながら市街地化によって大半の遺構が消滅していますが、土塁や横堀が残っていて、城郭の雰囲気を留めています。

1.切岸。なかなか壮観。
2.土橋と虎口。
3.虎口。
4.空堀。

2024年01月06日 伊東外記胤康
根木内城



現在は根木内歴史公園という公園になっていて、 空堀や土橋がとてもきれいでした。

2023年12月17日 マグロ常陸介祐平
栗ケ沢城[根木内城  周辺城郭]



根木内城の1km程南に位置する、高城氏がこの地域に最初に根をおろしたお城です。

Googleマップの位置登録はユーカリ交通公園(写真2枚目)のやや北側となっていますが、地形的には台地の下なので、実際は東側の岡の上だったのではないかと思われます。

中学校前の道を登った右側に見えるお宅の縁に土塁状の土盛りが見えてしまうのは(写真1枚目根拠なし)、幻かもしれません。

2023年12月17日 マグロ常陸介祐平
根木内城



根木内歴史公園として整備されていて、遺構の説明板も充実しています。
土塁も高く、空堀は発掘調査により薬研堀で落差が4,2mあったことが確認されています。

国道建設や宅地化により、残っている範囲は城域の一部ですが、見応えありだと思います。

2023年09月26日 RED副将軍
根木内城



有力在地土豪である高城氏の居城🏯
水戸街道を押さえる要衝

オススメ度 ★★★⭐︎⭐︎

1462年に高城胤忠により築かれたとも、1508年に高城胤吉により築かれたとも伝わり定かではありません。
高城氏は、千葉氏の庶流とも云われる在地土豪であり、千葉氏の家老である原氏の重臣とされます。
元々は栗ヶ沢城を本拠地にしていましたが、それに代わる拠点として根木内城を築いたとされます。また、以前から居館があったとの説もあり判然とはしません。
1537年に小金城を新たに築くと居城を移し、根木内城には重臣の田島時定が城代として入城し支城として機能しました。
その後の根木内城の動向は定かではありませんが、勢力を拡大した北条氏に属した高城氏は1590年の小田原征伐において北条氏の敗北が濃厚となると豊臣秀吉家臣の浅野長政に小金城を開城します。高城氏は没落し、小金城も1593年に廃城。根木内城も同様に廃城になったと思われます。

見所
富士川の支流に挟まれた舌状台地先端に築かれていましたが、現在は国道6号に分断され国道の北側は宅地化により消失。南側は根木内歴史公園として整備され、大手口の空堀、土橋、土塁が残存しています。
首都圏としてはよく残ったと思います。

2023年01月23日 ビン太
根木内城



国道6号線沿いにあり敷地も公園になっているのでリア攻めの際には道に迷うことはないと思いますが駐車場がないので車で来るには難ありかな?南北2ヶ所に出入口(自分は写真の南側から)あり急坂の細道を上がれば園内に駐輪場があります。トイレ、自販機等は見当たらなかったので注意。現地は小山になっておりその頂上に地の利を活かした堀跡などが見られます。

2022年09月21日 ドラねこ志摩守少納言
根木内城

池や川、小山もあり、散歩にもちょうどよい城跡公園でした。

2021年09月26日 片鎌主計頭虎之助
根木内城



歴史公園として整備され、駐車場もあるので、アクセスしやすい。本城の小金城同様に、急激な宅地開発により多くの遺構が失われ、残されているのはほんの一部分の空堀や土塁のみ。隣接する湿地でザリガニ釣りをする親子連れで賑わう。

2021年05月30日 無限織部正武威鉄駆
根木内城

開発により遺構は一部しか残っていませんが高低差や本城である小金城との位置関係、湿地を利用した巧妙な縄張りなど想像を膨らませて散策するには楽しいと思います。

2021年03月09日 ゆ陸前守
根木内城

公園になってました。湿地でザリガニ釣りができるようです。

2019年04月27日 椿下総守昌家
トイレ[根木内城  トイレ]



車椅子対応トイレ(左)と簡易トイレ(右)があります。

2019年04月27日 椿下総守昌家
駐車場[根木内城  駐車場]



普通乗用車7台分と、身体障がい者優先駐車スペースが1台分あります。

2016年08月14日 雑賀
根木内城

国道6号により大規模だった城跡は分断され西半分は宅地化により消滅.東半分が歴史公園として残っております.
 
土橋、土塁、空堀、虎口など遺構は良い状態で保存されとても見応えがあります. 整備され広場になっている曲輪の周囲には、高く長い土塁、取り巻く空堀は深く大きく.
城内から見ると想像以上に周囲は絶壁で、往時は堅固な城であったことが伺いしれます.
 
城下にある攻め難さの一役を担ったであろう湿地帯では、子どもたちが糸を垂らしていました. 歓声に振り向くとザリガニが!
…思わず戦国ではなく、昭和にタイムスリップしてしまいました.

2014年05月06日 土塁ルイ
根木内城

きれいな駐車場が整備されていますが早朝でチェーン閉鎖されて入れませんでした。

2013年11月19日 野舘宮内少輔サラマンダー
根木内城

2013年11月19日13時25分(45分)

国道6号を、東京からだと「根木内」を右折、直ぐにある信号を直線に走り、下った橋のある手前左が入口兼駐車場です
トイレもあります
公園として整備されているので綺麗です
遺構も土塁、土橋、堀と綺麗に残り、解説板もありますが、規模は思ったより小さい感じがします
ただ、湿地帯を含めると広いので、散歩には適していると思います

2010年06月10日 徳川内大臣源朝臣康武
根木内城

公園整備されたのは、城のごく一部で、現存部分のみ。しかし、その限りある範囲の中で、遺構も見やすく、を表示板や説明板もわかりやすく整備している。
駐車場も完備しているが、国道沿いなどに看板がないので、進入はわかりずらいかも。

根木内城の周辺スポット情報

 空堀(遺構・復元物)

 空堀(遺構・復元物)

 土橋(遺構・復元物)

 根木内城説明板(碑・説明板)

 行人台城(周辺城郭)

 栗ケ沢城(周辺城郭)

 酒井根合戦場(寺社・史跡)

 松戸観光案内所(御城印)

 流山鉄道 小金城趾駅(御城印)

 トイレ(トイレ)

 駐車場(駐車場)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore