石見銀山城館(いわみぎんざんじょうかん)

石見銀山城館の基本情報

通称・別名

石見銀山城館[山吹城・石見城・矢滝城・矢筈城(高山城)]

所在地

島根県大田市大森町銀山他(地図は山吹城を示す)

旧国名

石見国

分類・構造

城館遺跡群

天守構造

築城主

大内弘幸[山吹城]、不明[石見城]、大内義興[矢滝城]、不明[矢筈城]

築城年

延慶2年(1309)[山吹城]、不明[石見城]、享録元年(1528)[矢滝城]、不明[矢筈城]

主な改修者

主な城主

大内氏、尼子氏、毛利氏、大久保氏(徳川氏家臣)[山吹城]、温泉氏[石見城]、大内氏、小笠原氏[矢滝城]、尼子方、毛利氏[矢筈城]

廃城年

遺構

曲輪[すべて]、土塁[山吹城・石見城・矢筈城]、堀切[石見城・矢滝城・矢筈城]、石垣[山吹城]、竪堀[石見城・矢滝城・矢筈城]、虎口[矢滝城]

指定文化財

国史跡(石見銀山遺跡)、世界遺産(石見銀山遺跡とその文化的景観)

再建造物

碑[すべて]、説明板[すべて]

周辺の城

福光城(島根県大田市)[8.7km]
地頭所城(島根県邑智郡)[10.6km]
温湯城(島根県邑智郡)[15.3km]
市山城(島根県江津市)[20.5km]
鶴ヶ城(島根県出雲市)[22.4km]

石見銀山城館の解説文

石見銀山城館は、石見銀山周辺に築かれた城館群で、山吹城・石見城・矢滝城・矢筈城が含まれる。これらを含め、石見銀山遺跡として国指定史跡となっている。

また、石見銀山遺跡と輸送路である街道、銀の積み出しに利用された港湾なども含め「石見銀山遺跡とその文化的景観」として世界遺産(文化遺産)にも登録されている。

山吹城
石見銀山を防衛するために築かれた城郭。大内弘幸によって築城されたと伝わる。関ヶ原の戦い後、大久保長安が入ったが後に拠点が移され、廃城となった。

石見城
石見銀山を防御するための山城遺構の一つで、仁摩(にま)方面に出る街道沿いを守備する。中世山城の立地・形態をよく留める。

矢滝城
石見銀山を防御するための山城遺構の一つで、温泉津沖泊道が近くを通る。中世山城の立地・形態をよく留める。

矢筈城
石見銀山を防御するための山城遺構の一つで、温泉津沖泊道を挟んで矢滝城と対峙する。中世山城の立地・形態をよく留める。

石見銀山城館の口コミ情報

織田修理大夫晃司0923可児様[2017年06月25日]
石見銀山エリアとしての口コミ

五百羅漢
採掘中に亡くなられたかたを供養するため羅漢像が彫られ、ここに来れば亡くなった身内に会うことができるといわれる。

龍源寺間歩
銀の採掘場のひとつ。採掘の歴史を見ることが出来ます。

琴ヶ浜
「鳴砂」の浜で歩くと音がします。

温泉津温泉
リア攻めの後は褐色の源泉に入り疲れをとるのもいいでしょう。
野生の猿に遭遇するかもしれません。ご注意を…

西園寺左近衛少将オチョ様[2012年12月23日]
山吹城は現在龍源寺間歩側の登山道は工事中で通れなくなっています。
休役所側からの登山道は登れますが、700段程の急勾配の階段が続き、手すりも腐食で使用禁止になっているのでなかなかキツイですw
山上は冬でも背の高い雑草が生い茂り遺構の確認が難しくなっている所が多々あったのが残念でした。

はせちゃん弾正忠様[2012年08月30日]
9/1 11:00〜「山吹城跡」において、発掘調査現地説明会が実施されますよ

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore