二ツ山城(ふたつやまじょう)

二ツ山城の基本情報

通称・別名

出羽城

所在地

島根県邑智郡邑南町鱒渕字永明寺

旧国名

石見国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

出羽(富永)朝祐

築城年

貞応2年(1223)

主な改修者

主な城主

出羽氏、高橋氏、出羽氏

廃城年

天正19年(1591)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、竪堀、堀切、石垣

指定文化財

町史跡(二ツ山城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

枝ノ城(広島県山県郡)[11.7km]
温湯城(島根県邑智郡)[12.8km]
吉川氏城館(広島県山県郡)[17.4km]
地頭所城(島根県邑智郡)[18.4km]
松尾城(広島県安芸高田市)[19.0km]

二ツ山城の解説文

二ツ山城(ふたつやまじょう)は、現在の島根県邑智郡邑南町鱒淵にあった城。石見国の中では益田市の七尾城に次いで古い山城である。

貞応2年(1223年)、富永朝祐によって築城。富永氏はやがて出羽姓を名乗り一大勢力を持ったが、正平16年(1357年)に高橋貞光による攻撃で城主出羽実祐は討死し落城した。高橋氏は二ツ山城向かいの山に本城を築き、そこを拠点としたので、二ツ山城は高橋支配時代には使われなかったと思われる。

1530年、高橋氏が毛利元就によって亡ぼされると、二ツ山城は毛利氏の石見進出の拠点となったが、1591年に出羽元実が出雲に移封となり廃城になった。

「二ツ山」の名前の通り、城跡は本丸と西の丸の二つの高い郭を中心とした縄張りとなっている。

現在
山頂付近まで乗用車が通じる登山道があり、城跡は整備されている。

二ツ山城の口コミ情報

周防守薮漕攻城探検隊 様[2015年09月19日]
国道261号線にカンバンがあり、入口は分かりやすい。西の丸直下まで車で進入可能(落葉、落石、倒木あり、注意)
案内板もあるが薄れて読み辛い。かなり以前に公園として整備をしたようなので、遊歩道がある。草刈りも時々されているようである。階段が設けられているが、所々壊れているので、足元注意!
トイレは無いので、草むらで開放感を味わいながら、自己責任で!
中途半端な公園化のため、遺構は分かり辛い。昔、ここに山城があったんだね…、程度に訪れる事を推奨。
山城を公園として開発し、観光客を呼ぼうとして、失敗した典型的な事例のひとつである。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore