仁後城(にごじょう)

仁後城の基本情報

通称・別名

尼子城

所在地

広島県安芸高田市高宮町船木田屋郷地区

旧国名

安芸国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

尼子氏?、和智誠春?

廃城年

遺構

曲輪、堀切、竪堀、土塁、井戸、土橋

指定文化財

市史跡(仁後城跡)

再建造物

説明板

周辺の城

五龍城(広島県安芸高田市)[10.0km]
松尾城(広島県安芸高田市)[10.3km]
福原城(広島県三次市)[11.1km]
吉田郡山城(広島県安芸高田市)[12.6km]
猿掛城(広島県安芸高田市)[13.4km]
高杉城(広島県三次市)[14.7km]
鈴尾城(広島県安芸高田市)[18.0km]
日下津城(広島県安芸高田市)[20.1km]
甲山城(広島県庄原市)[21.3km]
二ツ山城(島根県邑智郡)[21.9km]

仁後城の解説文

仁後城は、一説に尼子氏の城と言われるほか、和智氏の居館とも伝わる。

城跡は丘陵の重畳を主郭とし、北西に伸びる尾根筋、南東に伸びる丘陵上に郭群が設けられている。

現在でも竪堀、土塁などの遺構を確認する事が出来る。

仁後城の口コミ情報

2021年02月23日 
仁後城

 先人様が記されているとおり、城郭の周りはぐるりと獣柵が囲ってます。おまけに、何方かのブログにありました北側の柵からのアプローチは、獣柵の上部に有刺鉄線が追加されており乗り越え不可能。また北側斜面に残る鉄梯子からのアプローチも、梯子自体が経年劣化で崩れかけており使用不能の状態でした。獣柵は柵同士を頑丈に針金で繋いでありますので、人力で針金を外して…などとできるものではありません。唯一、船木天満宮に針金を外せる所がありましたので、そちらからの登城を紹介したいと思います。

 江の川に注ぐ生田川を遡上し、西蓮坊(さいれんぼう)というお寺を目指します。そのお寺さんの東側の県道沿い、川と反対側の路肩に広いスペースがありますのでそこに停めさせてもらいました。船木天満宮の近くにも未舗装の駐車スペースはありますが、お社専用のスペースなのか私有地なのか確認できなかったので、今回は道路脇で。車を下りて東に向かうとすぐに「用地←」の道しるべ立つ脇道が左にありますので、それに従います。100mも歩けばリア攻めマップで示された説明板が左手に立っていますので、その手前の登り道に入り、船木天満宮に向けて左上方向へ歩を進めます。やがて舗装道から未舗装へと変わり、広い空き地を抜けて更に50m過ぎると、右手に小さな神楽殿を伴った古いお社が見えます。お社入口にも獣柵が通せんぼしてますが、指で捻じれば簡単に針金が外せます。この先、獣柵と対峙することなく城域に入れますが、縄張りの北西の堀切までは谷を越える20分程度の山歩きとなります。山歩きと言っても高低差はほぼなあため、急がば回れの心意気で臨んでください。

 さて、お社の境内に入りますと、社殿右奥の斜面を直登します。道はなく少し斜度もありますが、登る距離は10m程度。滑り落ちないよう注意しながら斜め右方向に登っていきますと、緩い山道に出会います。あとはその山道に沿って進むだけ。右に左にくねりながらほぼ平坦な道を進むと、やがて山道は堀底状に変わり小さな尾根に出ます。そこからは道はなくなりますので右側、地図では南東に向けて尾根を進みます。すると知らずに城内に入り込み、縄張り図北西部の連続堀切に出迎えられます。

 獣柵でヒトが入らない分、藪で見にくくなってる箇所もあります。それを差し引いても楽しみが尽きない、大したお城でした。

2020年12月07日 ジャスティ安芸守素盞嗚命
仁後城

先駆者の方がお書きですが、柵に阻まれ入れません。
城郭東側あたりからのアクセスと地元の人にお聞きして歩いてみましたが、獣避けの柵だけで門は無く、やはり柵を外してもらわないと入れないと思われます。
地元の方にお聞きしても、なんの手入れもしてないとのことですので、本格装備で藪と戦う決意が必要かと思います。


2014年10月26日 小鉄馬単騎周防守黒煤蕪
仁後城

地元の方にお願いして、獣避けの柵の中に入れてもらいました。堀切、堅堀、切岸…。山城の教科書、見本市…、いや、山城の総合商社やぁ~!!
誰かのホームページに書いてありましたが、仁後城を見ずに安芸国の山城を語るなかれ…。確かに、実感させて頂きました。
一度、城に足をお運び下さいませ!!

2014年04月06日 小鉄馬単騎周防守黒煤蕪
仁後城

鹿避けの柵と蛇に阻まれ、現地には入れておりませんので、道路脇にあった説明板より 『別名尼子城ともいい城主は不明。一説には尼子一族の城といわれ、毛利方の牛首城(佐々部氏)との間にたびたび戦いが行われたという伝説をもつ。血刀を洗ったため、小川が桜色に染まったので、桜小川の名がついたのもその一つである。また別に吉舎南天山城主和智誠春の居城ともいわれている。毛利隆元は、永禄六年、出雲遠征の途中、式敷 蓮華寺で没したが、その前夜誠春の供応を受ける。その場所は定かでないが、地理的条件や言い伝えなどからここに誠春の館があったとする説は、うなずけるところである。城跡は、標高280mの丘陵頂部の主郭を中心に北西に伸びる尾根筋、南東に伸びる丘陵上に七つの郭と小規模郭群が設けられており、それらの周辺に配した堅堀、土塁などの遺構が確認されている』

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore