日下津城(ひげつじょう)

日下津城の基本情報

通称・別名

坂城

所在地

広島県安芸高田市向原町坂

旧国名

安芸国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

築城主

毛利親衡

築城年

正平5年〔南朝〕/観応元年〔北朝〕(1350)

主な改修者

主な城主

坂氏(毛利氏)

廃城年

遺構

曲輪、土塁、堀切、井戸

指定文化財

市史跡(日下津城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

鈴尾城(広島県安芸高田市)[6.7km]
吉田郡山城(広島県安芸高田市)[7.9km]
猿掛城(広島県安芸高田市)[10.1km]
五龍城(広島県安芸高田市)[10.4km]
阿賀城(広島県安芸高田市)[11.9km]

日下津城の解説文

日下津城は、毛利氏によって築かれた城郭で、毛利親衡・匡時の父子がここを居城として坂氏を名乗った。

南北朝の合戦では北朝方の大軍を迎えて半年間も籠城、遂には勝利を掴んだ。

大永2年(1522)に当時の城主・坂広時が親大内派であったため、毛利元就に攻撃され、落城した。

日下津城の口コミ情報

周防守薮漕攻城探検隊 様[2014年11月03日]
主郭の奥側に土橋があったので、尾根伝いに後方標高400mまで登って見ました。山頂部分に郭状の地形があり、人工的に並べた様な石積みもありました。ここからならかなりの広範囲が見渡せるので遠見番所があったとしても良いのでは!?(素人の勝手な判断です。)

周防守薮漕攻城探検隊 様[2014年11月03日]
看板の所から狭い舗装路があります。軽自動車程度なら入れます。その奥の墓地の手前に駐車可能です。
そこからは、地元の方が立てた案内板に従って、沢筋の踏み跡を辿れば到着です。
途中に獣避けの柵を開けて入りますが、開けたら必ず閉めて下さい。
遺構も良く残っており、楽しめます。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore