猿掛城(さるかけじょう)

猿掛城の基本情報

通称・別名

多治比猿掛城、多治比城

所在地

広島県安芸高田市吉田町多治比

旧国名

安芸国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

毛利弘元

築城年

明応年間(1492〜1501)

主な改修者

主な城主

毛利氏

廃城年

慶長年間(1596〜1615)?

遺構

曲輪、土塁、竪堀、井戸

指定文化財

国史跡(毛利氏城跡)

再建造物

説明板

周辺の城

吉田郡山城(広島県安芸高田市)[3.9km]
鈴尾城(広島県安芸高田市)[5.0km]
松尾城(広島県安芸高田市)[6.0km]
五龍城(広島県安芸高田市)[7.9km]
日下津城(広島県安芸高田市)[10.1km]

猿掛城の解説文

多治比猿掛城(たじひさるがけじょう)は、安芸国(現在の広島県安芸高田市)にあった城。

概要
築城年は不明。吉田郡山城の支城として造られた山城。1500年(明応9年)に家督を毛利興元に譲った毛利弘元が隠居するために築城したという説も有力。国の史跡。

歴史・沿革
1500年に毛利氏の当主毛利弘元は、家督を嫡男の毛利興元に譲り、次男の松寿丸(後の毛利元就)らを連れてこの多治比猿掛城に入城する。1506年(永正3年)に弘元が没すると、幼少の松寿丸が城主となる。松寿丸はこの城で成長し、元服後毛利元就と名乗り、分家の多治比毛利氏として活動する(この時期元就は「多治比殿」と呼ばれている)。

この城で毛利隆元や五龍局が生まれている。

1523年(大永3年)に元就が宗家を継ぎ、多治比猿掛城は城主不在となる。その後についての詳細は不明だが、その重要性は変わらず、戦国末期まで維持されたと思われる。実際、1563年(永禄6年)に毛利隆元が元就が遠征している出雲へ向かう途中で、多治比猿掛城に1泊。その際に息子の毛利輝元が来城し、面会している(その後、隆元は佐々部で急死)。廃城年は不明。

構造
城跡は多くの郭が残り、比高120メートルの山頂の物見丸、丘陵先端の中心部郭群、斜面中腹の寺屋敷郭群、平野部の出丸に分けられる。

近隣には杉大方の墓、毛利夫妻の墓がある。

猿掛城の口コミ情報

とめ様[2015年03月18日]
吉田郡山城から徒歩で向かいました。距離にすると3キロ超、周辺の神社を回るには徒歩も良いですが、かなり時間がかかるので車がおすすめです。
歴史民俗博物館のあたりから国道6号を真っ直ぐとおり、丹比郵便局の交差点を左に曲がり、真っ直ぐ行くと左側に案内板が見えてきます。
そのまままっすぐ、目の前の山が猿掛城。きつい坂道がありますが、車で上まで登ることができます。登ると弘元様と福原様のお墓前に第二駐車場、さらに登って第三駐車場ちかくの登山口から本丸に登ることができます…が、落ち葉も多く、斜面のため運動靴でも滑ることがあります。階段になっているところもありますがとにかく落ち葉落ち葉、帰り道で来た道が一瞬分からなくなりましたのでお気をつけてください。
ただし、
上からの景色、木々に囲まれた本丸跡、削られた地面を見下ろしたときの清々しさは素晴らしいものがあります。

常陸入道ねんさい和泉守様[2013年08月17日]
城の登山口まで車で行ける。駐車場もある。本丸から物見丸に行けるかと思ったが本丸からの道がなくてよく分からなかった。
物見丸にいくには入り口が違うみたいである。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore