南朝方毛利氏城館(なんちょうがたもうりしじょうかん)

南朝方毛利氏城館の基本情報

通称・別名

南朝方毛利氏城館[寺原城・与谷城・猿喰城]

所在地

広島県山県郡北広島町寺原他(地図は寺原城を示す)

旧国名

安芸国

分類・構造

城館遺跡群

天守構造

築城主

寺原氏[寺原城]、不明[与谷城]、山県氏?[猿喰城]

築城年

南北朝時代[寺原城]、不明[与谷城]、鎌倉時代?[猿喰城]

主な改修者

主な城主

毛利氏、寺原氏[寺原城・与谷城]、小林氏[寺原城]、吉川氏、粟屋氏[与谷城]、山県為継・壬生道忠[猿喰城]

廃城年

遺構

曲輪、横堀(空堀)[寺原城]、曲輪[与谷城]、消滅[猿喰城]

指定文化財

県史跡(寺原・与谷・猿喰城跡)

再建造物

説明板[寺原城・与谷城]

周辺の城

今田氏城館(広島県山県郡)[2.5km]
吉川氏城館(広島県山県郡)[4.3km]
枝ノ城(広島県山県郡)[10.8km]
阿賀城(広島県安芸高田市)[13.7km]
松尾城(広島県安芸高田市)[14.4km]

南朝方毛利氏城館の解説文

南朝方毛利氏城館は、南北朝時代に南朝方についた毛利貞親・親衡父子に関する、寺原城・与谷城猿喰城の総称。「寺原・与谷・猿喰城跡」として、一括して広島県の史跡に指定されている。

原城
原城は、興国2年(1341)及び正平22年(1367)に親衡が拠った所で、大朝庄の地頭吉川実経(きっかわさねつね)らに攻略された。

谷城
谷城は、同じく親衡が拠った城郭で、吉川実経に攻略された。

猿喰城
猿喰城は、観応元年(1350)親衡に呼応した山県為継・壬生道忠の本拠で、安芸国の守護・武田氏信によって攻略された。

南朝方毛利氏城館の口コミ情報

周防守薮漕攻城探検隊 様[2013年05月03日]
登山口は、お寺の横にあります。南北に瓢箪形の山になっていて、南側が主郭と思われます。切岸が急斜面なので、滑り落ちないように注意して攻めて下さい。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore