猿喰城(さるはみじょう)

猿喰城の基本情報

通称・別名

所在地

福岡県北九州市門司区猿喰

旧国名

豊前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

門司親房

築城年

文治2年(1186)

主な改修者

主な城主

門司氏

廃城年

遺構

曲輪、堀切

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

門司城(福岡県北九州市)[6.8km]
小倉城(福岡県北九州市)[8.3km]
下関前田台場(山口県下関市)[8.6km]
豊前松山城(福岡県京都郡)[10.4km]
引地山城(福岡県北九州市)[10.6km]

猿喰城の口コミ情報

カーネル様[2017年09月03日]
鹿児島本線 門司駅南口から
直線で2.8km

駅を背に東に商店街を抜けて、県道71号線を目指します

県道72号は歩道が完備され、傾斜もゆるやかです

城山霊園の信号を過ぎます。ここまで、西鉄バスも走ってます。次の東部斎場入り口で左折します
4-5分でT字になるので右折すると、右手に窪地があり、城の案内板(ボロボロ)と奥に階段があります。ここまで45分

階段はうっそうとしていますが、山道は整備されて歩きやすく、木漏れ日がさす爽やかな道でした

頂上には、松ヶ江テレビの中継局があり、奥に進むと井戸らしき石組と、城の石碑があります

帰りは大里インター近くの戸上神社に、おまいりしてから駅に戻りました。全部で2時間ちょいでした

柴崎安房守幸助様[2016年03月09日]
道らしき道をひたすら登ります。ところどころ急になっています。本丸跡は直径60mほどの楕円形です。
猿喰城は、南北朝期に門司若狭守親頼によって築かれました。親頼は、菊池氏と協力して北豊唯一の南朝勢力として大内氏などと激闘を続けましたが、最後は一門の裏切りによって討ち死にし、猿喰城も落城しました。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore