小倉城(こくらじょう)

小倉城の基本情報

通称・別名

勝山城、指月城、勝野城、湧金城、鯉ノ城

所在地

福岡県北九州市小倉北区城内2-1

旧国名

豊前国

分類・構造

輪郭式平城

天守構造

連結式層塔型[4重5階/1609年築/焼失(火災)]、連結式望楼型[4重5階/1959年再/RC造外観復元]

築城主

細川忠興

築城年

慶長7年(1602)

主な改修者

小笠原氏

主な城主

細川氏、小笠原氏

廃城年

慶応2年(1866)

遺構

曲輪、石垣、横堀(水堀)

指定文化財

再建造物

復興天守、模擬櫓、庭園、石碑、説明板

周辺の城

引地山城(福岡県北九州市)[2.3km]
若松城(福岡県北九州市)[5.7km]
猿喰城(福岡県北九州市)[8.3km]
大三ヶ岳城(福岡県北九州市)[8.9km]
長野城(福岡県北九州市)[9.0km]

小倉城の解説文

小倉城(こくらじょう)は、現在の福岡県北九州市小倉北区に築かれた鎌倉時代または戦国時代から江戸時代の日本の城である。勝山城、勝野城、指月城、湧金城、鯉ノ城などの別名がある。

概要
小倉城は13世紀中ごろ、紫川河口西岸にあった丘に築かれたといわれ、近世の江戸時代前後に毛利勝信が現在見られるような縄張で総石垣造の城郭を築き、細川忠興が南蛮造の天守などを建てた。現在、一部の石垣・堀が残り、天守・櫓・庭園と大名屋敷が再建されている。ちなみに従来の構造は北九州市立いのちのたび博物館にある全体模型でうかがい知ることができる。

歴史
最初の築城年代は明らかではないが文永年間(1264年 - 1274年)に緒方大膳亮惟重が居城した、というのが初見とされる。
1330年(元徳2年)には黒崎土佐守景経が居城、のち大内氏の持城となる。
1442年(嘉吉2年)に太宰少弐頼冬が攻略し、文明年間(1469年 - 1486年)には菊池氏が居城とした。
1569年(永禄12年)、毛利氏らと結んで大友氏に対し反乱を起こしていた宝満・岩屋城督高橋鑑種が降伏した結果、小倉城に領地替えとなる。
1587年(天正15年)、高橋鑑種の養嗣子・高橋元種は豊臣軍の侵攻に小倉城を開城。豊臣秀吉の家臣であった森勝信が豊前国企救郡、田川郡の6万石(一説に10万石)を与えられ、小倉城に入城する。この当時の城の様子については、記録がなく詳しく分かっていない。なお、子の勝永にも豊前国に1万石(4万石とも)を与えられ、この際に秀吉の計らいによって、元の姓である森に変えて中国地方の太守・毛利氏の姓を名乗らせている。毛利勝信・勝永父子は関ヶ原の戦いで西軍に付き改易となる。
1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いの論功行賞で丹後国宮津18万石の領主であった細川忠興が豊前国1国と、豊後国速見郡、国東郡合せて39万9千石で入封。初め黒田氏の居城であった豊前国の中津城に入城するが、1602年から7年かけて毛利氏の居城であった小倉城を改築し居城した。なおこの時城下町も整備され紫川で東西に二分し、西は主として侍町、東は町人や下級武士達の町とした。
1632年(寛永9年)、細川家が54万石で肥後国に移封後、播磨国明石から譜代大名の小笠原忠真が豊前国企救郡、田川郡、京都郡、中津郡、築城郡、上毛郡、計6郡15万石で入封。小倉城を居城とする。以後、幕末の慶応年間まで小笠原氏の居城となる。
1837年(天保8年)、本丸御殿、天守を焼失し、それ以後天守は再建されず。
1863年(文久3年)4月、海防強化のため、城の外郭で海からの入口に当たる紫川河口両岸に砲台(東浜台場・西浜台場)を建設。
1866年(慶応2年)、第二次長州征討で小倉藩と長州藩の戦闘の際、小倉藩は長州藩の攻勢の前に小倉城撤退を決める。同年8月1日、小倉藩の付火により小倉城を焼却し、幼少の藩主は熊本藩に退避。家老以下の藩首脳は香春で指揮を執った。 1867年(慶応3年)、長州藩と小倉藩で和平が成立。しかし、小倉城を含む企救郡は長州藩の預りとされ、引き続き占領されたままとなったため、以後も藩庁は香春に置かれ、お茶屋(藩主巡察時の滞在施設)を中心に付近一帯の町人宅も多数借り上げて設置された(その後、1870年(明治2年)に京都郡豊津(現在のみやこ町)に藩庁を新設し移転)。
1875年(明治8年)、陸軍の歩兵第14連隊と歩兵第14連隊を管轄する歩兵第12旅団本部が松の丸跡に置かれる。
1898年(明治31年)、陸軍第12師団司令部庁舎が本丸跡に建てられる(1925年(大正14年)久留米に移転)。
1934年(昭和9年)、八坂神社が鋳物師町より城内に遷座された。
1959年(昭和34年)、鉄筋コンクリート構造で天守が外観復興された。内部は郷土資料館として利用された。
1990年(平成2年)、内部全面リニューアル、ジオラマ・からくりシアター等を導入し、体験型施設に変更された。...

小倉城の口コミ情報

織部正Otti様[2017年05月13日]
利休七哲の一人、細川三斎のつくったお城で、戦の再建天守ですが、野面積みの石垣が素敵です。最上階から外を見ると紫川が見え、川を天然の濠として使っていることがわかり、面白いです。

場内と小倉城庭園にトイレがあり、お城の中には車椅子用の昇降機がついています。
駐車場はお城の近くに2つあります。

お城周辺には映画「無法松の一生」で有名になった八坂神社、松本清張記念館などがあります。
歴史好きな方でしたら、小倉から少し足を伸ばし、巌流島や壇之浦を観光するのもよいかもしれません。

お土産は、お城の形をした「小倉城最中」が城内の売店で買えますよ!

織田左兵衛督晃司様[2017年05月08日]
小倉城北側にあるリバーウォーク北九州の駐車場(1時間150円)に停めて小倉城へ。

天守は水堀越しに撮影するのが私はお勧めです。

本来、小倉城天守は破風のない層塔型で最上階のみ南蛮造り、黒壁の白漆喰で、津山城天守(岡山県)築城の際、モデルにされた独特の特徴を持つ。

天守の再建にあたり、地元市民の要望により入母屋破風・千鳥破風・唐破風を付けた。

福山城復興天守(広島県)といい、史実を無視し、見栄え重視の復興は城好きにとっては実に残念です。

越前守るーみん様[2014年09月17日]
今年の12月13日まで耐震補強のため休館してるそうです。

棚原宮内卿護佐丸様[2013年06月08日]
小倉城ライトアップは日没30分前〜午後8時が目安のようです。
以前は午後10時までだったようですが、東日本大震災以降中止していたそうです。今年(2013年)が市制50周年の節目に辺り、再開したとの事。

奥州王毘沙門天山城守乱丸様[2012年12月27日]
小倉駅からアラフォーの足で徒歩15分弱で城内へ、敷地の開門時間は朝6時から夕方6時半までの間
夜9時すぎにはライトアップされておらず小倉城も薄暗く撮影には不向き(^^;)

tomm加賀守様[2010年07月12日]
体験型にリニューアルされている天守内の展示施設は、個人的には名古屋城や大阪城よりも面白い感じがしました。

子供にも楽しいと思うので家族連れなんかにもっとアピールしたら良いかと!

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore