黒崎城(くろさきじょう)

黒崎城の基本情報

通称・別名

所在地

福岡県北九州市八幡西区屋敷1

旧国名

筑前国

分類・構造

丘城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

黒田長政

主な城主

井上氏(黒田氏家臣)

廃城年

元和元年(1615)

遺構

曲輪、石垣

指定文化財

県史跡(黒崎城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

花尾城(福岡県北九州市)[2.5km]
花房山城(福岡県北九州市)[3.5km]
若松城(福岡県北九州市)[5.4km]
大三ヶ岳城(福岡県北九州市)[6.6km]
引地山城(福岡県北九州市)[7.1km]
畑城(福岡県北九州市)[7.7km]
小倉城(福岡県北九州市)[9.4km]
猫城(福岡県中間市)[10.0km]
山鹿城(福岡県遠賀郡)[10.0km]
長野城(福岡県北九州市)[14.4km]

黒崎城の解説文

黒崎城(くろさきじょう)は、福岡県北九州市八幡西区屋敷にある平山城

遺構
標高約62mの道伯山山頂に築かれ、現在は城山緑地公園として整備されている。

後世に改変され現況から城の構造を知ることは難しいが、『遠賀郡黒崎古城之図』(国立公文書館蔵)を見ると、山頂に置かれた主郭は帯曲輪で囲まれ、枡形虎口が設けられていた。また、北側にのびる尾根に沿って2段の曲輪が置かれていた。城の北側と西側は海に面し、舟入もあったようだ。

元禄年間および元文年間の洞海湾の開削により石材の多くが転用され、現在はわずかに石垣が残る程度だ。しかし発掘調査によって石垣の基底部が確認され、城の規模や構造が明らかになっている。廃城時に石垣はことごとく壊されたようで、隅角部が激しく破壊されていたという。

石材には矢穴が見られ、そのひとつを公園内トイレ前の遊歩道で見ることができる。

歴史
築城者、築城年代は不明。天慶2年(939)に藤原純友が築城した伝承もあるが、定かではない。

慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いの後、黒田長政が筑前に入国。家臣の井上之房が1万7000石で城主となり、「黒田六端城」のひとつとして機能した。

発掘調査から、中世の街道筋が引き込まれた町場が確認され、黒崎城とともに城下町が形成されていたことが明らかになっている。

元和元年(1615)の一国一城令によって廃城。黒崎城下町は長崎街道の宿場町として生まれ変わり、海陸交通の要所として繁栄した。

交通
JR鹿児島本線黒崎駅から徒歩約20分

参考文献
『埋蔵文化財通信』公益財団法人北九州市芸術文化振興財団埋蔵文化財調査室、2017年
北九州市役所ホームページ、2020年
『アクロス福岡文化誌7 福岡県の名城』海鳥社、2013年

文:萩原さちこ

黒崎城の口コミ情報

2020年04月14日 みそしる豊前守道雪
黒崎城



本丸跡から北に洞海湾や花房山城、南に皿倉山や花尾城が望めます。少し遅かったですが桜の時期はとても綺麗です。ウグイスの鳴き声が春の優しい日差しと共に和ませてくれます。駐車場も10台ぐらい無料で停めれますしトイレもありますので気軽に立ち寄れる城跡ですね。

2017年05月20日 新鮮グミ@世界の尾張守
黒崎城

駅から散歩感覚で徒歩で20分あれば坂をのぼって行けます。当時は5月で草も生い茂ってましたが、西側の街並みがよく見える展望台があります。それ以外の方向は草木であまり眺められません。城跡だけに石垣らしきものもあったような。

2017年03月03日 黒崎城
黒崎城

新聞によると県指定有形記念物に決まったそうです

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore