門司城(もじじょう)

門司城の基本情報

通称・別名

門司関山城、亀城

所在地

福岡県北九州市門司区門司字古城山

旧国名

豊前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

紀井通資

築城年

元暦2年(1185)

主な改修者

主な城主

紀井通資、門司(藤原)氏、大内氏、大友氏、毛利氏、細川氏

廃城年

元和3年(1617)

遺構

曲輪、石垣

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

下関前田台場(山口県下関市)[1.8km]
櫛崎城(山口県下関市)[4.2km]
猿喰城(福岡県北九州市)[6.8km]
勝山城(山口県下関市)[8.2km]
小倉城(福岡県北九州市)[12.0km]

門司城の解説文

門司城(もじじょう)は、豊前国企救郡門司(現福岡県北九州市門司区字古城山)に存在した山城。城跡は和布刈公園として整備されている。

概要
関門海峡を望む、標高175メートルの古城山の山頂に築かれた。本丸跡には砲台の土台が残っている。

沿革
『豊前志』などの記述によれば、元暦2年(1185年)に平知盛が家臣の紀井通資に命じて築いたという。

建長7年(1255年)に藤原親房が豊前代官職として入城し、門司氏を名乗るようになった。南北朝時代には当城の門司親尚らが北朝、猿喰城の門司親頼が南朝に付いて門司氏は分裂している。

戦国時代には当城をめぐる攻防が続き、永享2年(1430年)に秋月春種と原田信朝が大内氏を攻めて当城を落とした。その後、大内氏の城として存続するも、天文19年(1551年)の大寧寺の変の後、厳島の戦い、防長経略を経て、毛利氏と大友氏の不可侵条約の条件として豊前国は大友領となり、門司城は大友氏の城となった。しかし、毛利氏は天文23年(1554年)に小早川隆景を大将として門司城を攻撃。城を奪取し、仁保隆慰を城代とした。

永禄4年(1561年)には戸次鑑連、田原親堅、臼杵鑑速ら大友義鎮の軍勢・数万人が門司城を攻めた(門司城の戦い)が、毛利氏はこれを撃退している。やがて大友氏との戦いが激化して毛利氏は九州から撤退したが、門司城は引き続き勢力下に置いた。

慶長5年(1600年)に細川忠興が豊前国に入ると、城を修築して長岡勘解由を城代におき、元和3年(1617年)に廃城となった。明治25年(1892年)に大日本帝国海軍の下関要塞が築かれたため遺構はほぼ壊滅したが、往事の石垣が一部残っている。

参考文献
角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典(40.福岡県)』、角川書店、1988年

門司城の口コミ情報

カーネル様[2016年10月12日]
鹿児島本線の門司港駅より

県道261を北上します
門司城まで道なりに歩くと遠回りなので、真光寺の前を通り山へ向かう道を進むと、急な階段になります
これを登りなぞの施設(たぶん関門トンネルの排気塔)の脇を歩くと、林道を経てお城の東の車道に出れます

車道にでたら反時計回りに進むと近いですが、時計回りに進むと、関門海峡を見下ろせる展望台からの景色がキレイなのでお薦めです
さらに時計回りに、グルグル回りながら登り続けると、山頂の本丸です

ここには立派な石碑が立ってます。帰りもショートカットできる急階段から県道261に向かい、門司港駅に戻りました。早歩きで往復1時間半でした

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

太閤あぶり@24日横浜様[2012年06月04日]
門司港レトロ展望台の北側にレンタサイクルターミナルあり。電動付自転車を借りれば城跡まで楽に登れるかな。レンタル料金は1日500円。関門人道トンネルを抜ければ檀ノ浦古戦場跡からもまた違った眺めも楽しめます。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore